ドコモ光

ドコモ光タイプCのメリットとデメリットを知りたい!!

更新日:

ドコモ光 タイプC

ドコモ光では、契約するプロバイダ毎にタイプA、B、Cの3種類に料金がわけられているが特徴。

その中でもドコモ光のタイプCとは、現在提携しているケーブルテレビの設備を利用しながら、ドコモ光回線を利用したい方向けの料金プランのことです。

 

既に地元のケーブルテレビと契約しているけど、ドコモ光の評判を聞いて乗り換えてみたいという方におすすめ。

dポイントプレゼントキャンペーンやドコモスマホのセット割などを実施しているため、乗り換えることでお得なことも多々ありますからね。

 

でも、いざ乗り換えようと思っても、本当にドコモ光に乗り換えてもいいのか、また、タイプCはどこまでお得なのかなど、様々な疑問が出てくる事でしょう。

なので今回は、ドコモ光の料金タイプであるタイプCに焦点を当てて、徹底的に調べていきます。この記事を読めば、タイプCについてほとんどの事が分かるでしょう。

 

ドコモ光タイプCとは?

 

ドコモ光のタイプCとは、現在契約しているケーブルテレビの設備をプロバイダとして利用して、ドコモ光のサービスを利用できるプランとなります。

ドコモ光と提携しているケーブルテレビは全19社と限られているので、全国対応ではないことは注意しましょう。

 

また、ケーブルテレビの回線は光ファイバーや同軸回線といった、光回線以外の回線を利用しているため、通常の光回線よりも通信速度が遅いというデメリットも存在します。

なので、タイプCは現在ケーブルテレビを契約しており、尚且つ今後もそれらを利用し続けたいという方におすすめ。

 

ちなみに、タイプCがおすすめなのは以下のような方です。

  1. ケーブルテレビを継続して利用したい
  2. 通信速度にこだわりがない
  3. ドコモスマホのセット割を利用したい

このような想いがあれば、タイプCを利用しましょう。逆に、通信速度にこだわりがあるのであれば、ドコモのプロバイダであるGMOとくとくBBがおすすめ。

最大20,000円のキャッシュバックに加え、無料で最新型のWi-Fiルーターを利用でき、さらにセキュリティソフトが12か月間無料というお得なキャンペーンを実施中。

 

ドコモ光の料金タイプの基本

 

そもそも、ドコモ光の料金タイプには、A、B、C、単独の4つのパターンがあります。

タイプAとBはドコモ光が提携しているプロバイダを契約することで選ぶことができます。そして、タイプCは特定のケーブルテレビをプロバイダとして選ぶことで契約することができるタイプとなります。

 

ちなみに、単独タイプとは、ドコモ光と提携していないプロバイダを選んだ際に適用されますが、余程のことが無い限り選ぶことはないでしょう。

 

料金① 基本料金

 

月額料金は2年定期契約の場合と定期契約なしの場合の2パターンありますので、それぞれ確認しておきましょう。ただ、2年定期契約の方が基本料金は安いため、短期間で解約する予定の無い方であれば2年定期契約を選ぶことをおすすめします。

 

タイプ戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
タイプC5,200円4,000円
単独タイプ5,000円3,800円

 

この表からみると、タイプCはタイプAの料金と同じことが分かりますね。

単独タイプ以外はプロバイダの料金も含まれているので、表の金額だけが毎月請求されることになります。単独タイプはこの料金に加えてプロバイダの月額料金も発生するのでおすすめしません。

 

では、次に初期費用についても見ていきましょう。

 

料金② 初期費用

 

どの光回線も同様ですが、光回線を契約するともろもろの初期費用がかかります。

必ずかかる費用は事務手数料の3,000円のみとなります。

 

もともとケーブルテレビを契約しているのであれば、すでに回線が通っているので工事費用はかかりません。このように、同一回線を再利用することを「転用」といいます。

 

事務契約手数料3,000円

料金③ 解約金

 

解約金とは、2年定期契約を交わした場合に、契約期間内の解約を行ったときに発生する料金のことです。

ただ、契約期間満了の翌月または翌々月での解約には、解約金が発生しません。なので、時期を見計らって解約することをおすすめします。

 

戸建てマンション
解約金13,000円8,000円

 

ドコモ光タイプCの提携先一覧

 

では、先ほどからお話ししているタイプCの提携先ケーブルテレビについてまとめてみましょう。

各都道府県ごとに割り振りましたので、あなたの契約しているケーブルテレビが対象となっているのか調べておくといいでしょう。もしも対象外であった場合は、ドコモ光の提携先プロバイダにて契約を進めましょう。

 

ここでは、提供エリアとともに、通信速度も掲載しておきましたので、タイプCだけど通信速度も気になっているという方もご覧ください。

ケーブルテレビ提供エリア最大通信速度
株式会社シー・ティー・ワイ三重県四日市市、いなべ市、桑名市、(長島町のみ)、菰野町、木曽岬町1Gbps
株式会社ケーブルネット鈴鹿三重県鈴鹿市1Gbps
近鉄ケーブルネットワーク奈良県奈良市(旧月ヶ瀬村、旧都祁村は除く)、生駒市、天理市、生駒郡、香芝市、大和郡山市、大和高田市、葛城市、桜井市、
北葛城郡、橿原市、磯城郡、高市郡、御所市、五條市(旧西吉野村、旧大塔村は除く)、大阪府四条畷市(一部のみ)
1Gbps
株式会社エヌ・シー・ティ新潟県長岡市、三条市、見附市、小千谷市、燕市の一部(旧燕市)1Gbps
株式会社ニューメディア北海道函館市、七飯町、北斗市、山形県米沢市、南陽市、高畠町、川西町、福島県福島市、新潟県新潟市1Gbps
株式会社テレビ小松石川県小松市、能美市1Gbps
多摩ケーブルネットワーク株式会社東京都青梅市、羽村市、福生市、西多摩郡瑞穂村の一部下り2.5Gbps 上り1.25Gbps
香川テレビ放送網株式会社香川県坂出市、綾歌郡宇多津村1Gbps
株式会社秋田ケーブルテレビ秋田県秋田市、潟上市天王の一部1Gbps
伊賀上野ケーブルテレビ株式会社三重県伊賀市(旧・名賀郡青山町を覗く)1Gbps
上越ケーブルビジョン株式会社新潟県上越市、妙高市1Gbps
射水ケーブルネットワーク株式会社富山県射水市、高岡市の一部(牧野区)1Gbps
株式会社アドバンスコープ三重県名張市、伊賀市の一部(旧・名賀郡青山町)1Gbps
株式会社テレビ岸和田大阪府岸和田市、和泉北郡中岡市1Gbps
株式会社ケーブルテレビ富山富山県富山市(旧・婦負郡婦中町、山田村を除く、中新川群舟橋村)1Gbps
株式会社ケーブルメディアワイワイ宮崎県延岡市、日向市、門川町1Gbps
株式会社ベイ・コミュニケーション大阪府大阪市福島区、西淀川区、港区、大正区、此花区、西区、住之江区、北区・中央区の一部、兵庫県尼崎市、西宮市、伊丹市1Gbps
株式会社キャッチネットワーク愛知県刈谷市、安城市、高浜市、知立市、碧南市、西尾市1Gbps
株式会社TOKAIケーブルネットワーク静岡県富士市、富士宮市、沼津市、静岡市(旧蒲原町・由比町)、三島市、裾野市、御殿場市、清水町、長泉町、伊豆の国市、函南町、焼津市、藤枝市、伊豆市一部、小山町一部、島田市1Gbps
株式会社KCN京都京都府相楽郡精華町、木津川市(山城町除く)、京田辺市、城陽市、宇治市、久世郡久御山町の一部1Gbps

 

これらがドコモ光が提携しているケーブルテレビ一覧となります。対象地域にお住まいであり、ケーブルテレビを契約しているのであれば、ドコモ光への転用が可能です。

もしも提供エリア外であれば、ドコモ光の提携プロバイダと契約しましょう。今なら工事費用無料キャンペーンを実施しているため、初期費用もかなり抑えることができます。

 

ドコモ光タイプCのメリット

 

ドコモ光のタイプCが利用できるか確かめることができたでしょうか。あなたがケーブルテレビを絶対に解約したくないのであればこのまま契約を進めていきましょう。

しかし今一度、タイプCが本当にお得なのかどうかについて確認してからでも遅くはありません。

 

まずはタイプCにするメリットを解説していきましょう。

 

メリット① 最大速度が速い場合もある

 

ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用してるため、最大通信速度は1Gbpsとなっています。これは、タイプCとなってもほとんど変わりはないのですが、1社だけその速度を上回るプロバイダが存在します。

それが、多摩ケーブルネットワークです。ここだけ、通常のドコモ光以上の通信速度が期待でき、インターネット環境も申し分ないでしょう。

 

下り 最大2.5Gbps /上り 最大1.25Gbps

該当エリアはかなり限定的ではありますが、もしも現在多摩ケーブルネットワークの提供エリアにお住まいであれば、タイプCにて契約してもいいでしょう。

ただし、該当エリアに属していても、地域によっては対応していない場合があるので、契約前にドコモ光に問い合わせてみましょう。

メリット② ドコモ光のセット割に対応

 

タイプCに契約しても、ドコモ光のセット割を受けることができます。

セット割とは、ドコモのスマホが1台、家族回線であれば最大20回線までが最大1,000円引きとなる割引プランのこと。

 

ちなみに、対応プランは新プランと旧プランの両方なのですが、2019年9月以降に契約するのであれば以下の新プランが適用されます。

 

プラン割引料金
ギガホ-1,000円
ギガライト(~7GB)-1,000円
ギガライト(~5GB)-1,000円
ギガライト(~3GB)-500円
ギガライト(~1GB)-

メリット③ 転用なので工事費用が無料

 

ドコモ光に限らず、光回線を新規契約すると、工事だけでもかなりの時間がかかってしまいます。しかし、ケーブルテレビを契約しているのであれば、現在使用している設備をそのまま利用できるので、工事がほとんどかかりません。

なので、通常であれば1か月程度かかってしまう工事も、かなり短期間で終わらせることができるのです。しかも、工事費用は転用であれば無料。

 

ドコモ光タイプCのデメリット

 

実際に使用してみると分かりますが、タイプCにすると意外とデメリットが存在しています。契約してから気が付くのではどうしようもないので、ここで押さえておきましょう。

デメリット① インターネットから申し込めない

 

現代において、インターネットから申し込めないというのはデメリットでしょう。

基本的にドコモ光タイプCを申し込むためには、窓口か電話での申込となっていまいます。もちろん、時間帯によっては混雑する場合があるので、余裕を持って契約するようにしましょう。

 

これに比べ、タイプAやタイプBの場合はインターネット窓口から申し込めるだけでなく、独自のキャンペーンも行っているので、お得に契約することができます。

 

デメリット② プロバイダの選択肢が少ない

 

これはデメリットと感じない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、1つのプロバイダに限定してしまうと、ネット環境に合っていなかった場合の保険が無くなることになります。

というのも、お住まいの地域によってインターネット環境は変わってくるので、同じプロバイダでも通信が安定する場合とそうでない場合があるのです。

 

なので、少しでも安定したネット環境を考えたいというのであれば、タイプAやタイプBのプロバイダを選ぶことをお勧めします。

 

デメリット③ ドコモ光電話・テレビサービスの契約ができない

 

ドコモ光の提供している電話サービスやテレビサービスは、光回線を利用したものとなるため、光回線が通っていないタイプCの場合は利用することはできません。

もしもあなたがいずれかのサービスを利用したいと考えているのであれば、タイプAやタイプBに申し込むことをおすすめします。

 

ただ、ケーブルテレビでも視聴できるチャンネル数が多い場合があり、また電話サービスも利用できる場合もあるので、利用したいという方は契約先のケーブルテレビに確認しましょう。

 

ドコモ光タイプCの申込方法

 

では、どのような手順を踏むことでドコモ光のタイプCに契約することができるのかについてお伝えしていきましょう。

申込手順は以下の3ステップ

  1. 提供エリアの確認
  2. 電話もしくは窓口で申込
  3. 申し込み手続き
  4. 開通工事
  5. 完了

このようなステップを踏むことにより、ドコモ光タイプCを契約することができます。

具体的な方法について説明していきましょう。電話で申し込む場合は以下の番号から申込しましょう。

 

ドコモの電話からの場合151
ドコモの以外の場合0120-800-000
営業時間9:00~20:00(年中無休)

ステップ① 提供エリアの確認

 

提供エリアは上記に記載した表で確認しましょう。

または、直接ドコモ光に問い合わせるなどして、契約できるかどうかの最終確認をするのもいいでしょう。

 

ステップ② 申込手続き

 

申込の際には、以下のものが必要となります。

  1. 契約中のドコモの携帯電話番号、ネットワーク暗証番号
  2. 事務手数料3,000円
  3. 受付確認書(CATV受付番号)

受付確認書は契約中のケーブルテレビに申し出ることで貰うことができます。

これを提出しなければドコモ光タイプCへの転用はできませんので注意しましょう。

 

ステップ③ 工事

 

契約してから概ね2週間後程度に工事に取り掛かります。

工事日程は担当者との打ち合わせの上で決定します。

 

以上で全工程が完了しました。

あとはインターネットの接続設定をして、ネット環境を整えてください。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光のタイプCについて紹介してきました。

ドコモ光のタイプAと同じ料金で光回線が利用できたり、転用時には工事費用が掛からなかったりと、メリットが多い印象がありました。

 

また、ドコモのスマホ割も利用できるため、単にケーブルテレビを利用しているだけよりもお得となる方も多そうですね。

このように、タイプCにすることでメリットとなる方もいらっしゃいますが、地域が限定されている分、他のプロバイダを活用する必要のある方もいらっしゃることでしょう。

 

その場合は、タイプAのプロバイダに契約することで、キャッシュバックや無料Wi-Fiルーターなどがもらえるキャンペーンを受け取ることができるので、そちらもおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.