ドコモ光

ドコモ光の複数割で2回線以上がお得に!?

ドコモ光 複数割 2回線

「ドコモ光で2回線以上契約すると割引されるって聞いたけど本当!?」

「大学進学した子供のために、新たにドコモ光を契約したいけど、お得な割引って無いの?」

 

そういう思いでこのページをめくったあなたのために、とっておきのキャンペーンを紹介します。

その名も「光★複数割」。家族でドコモ光を2回線以上契約しているのであれば、月々の利用料金を300円割引することができます。

 

今回はこの「光★複数割」について、申込方法から注意点まで幅広くまとめてみました。少しでもお得にドコモ光を利用したいとお考えであれば、是非最後までご覧ください。

 

ドコモ光の「光★複数割」とは?

 

ドコモ光の「光★複数割」とは、同一シェアグループ内で2回線以上契約することにより、主契約から1回線ごとに300円/月割引されるサービスのことです。

子供が県外の大学に進学して一人暮らしを始めた場合や、離れて暮らす両親の家に光回線を通したい場合などに利用するとお得になるサービスと言えますね。

 

しかも、このサービスのすごいところは、何も申し込みをしなくとも「光★複数割」の条件に当てはまれば、自動的にサービスが開始される点にあります。

なので、気が付かないうちに、あなたの回線も複数割対象となっているかもしれませんね。

 

ちなみに、どういった割引がされるのかが分かりにくいという方のために、具体例をいくつか挙げておきます。

 

代表回線 子回線 割引料金
父母 長男夫婦と次男夫婦 父母が600円割引
長男夫婦 父母、次男夫婦、祖父母 長男夫婦が900円割引

 

このように、同一シェア回線が多くなれば多くなるほど、代表回線の月額料金が安くなってきます。月々に換算すると、たったの数百円、多くても千何円という小さい数ですが、年間換算すれば何千円、何万円にもなりますね。

メリットに感じないという方もいらっしゃるかもしれませんが、この割引を自動で行ってくれるのは、ドコモ光ユーザーにとってはありがたいことと言えるでしょう。

 

シェアパックって何?

 

今回は「シェアパック」という言葉を頻繁に利用するので、その言葉の説明をしておきます。ただ、そこまで難しくはないので、構えずに読んでください。

一先ず、「シェアパック」とは、家族みんなで利用する通信量を契約する料金体系のことです。どうしてこのようなことをするのかについて軽く説明しておきますね。

 

まず、家族4人でそれぞれがスマホの通信量の契約をしていると仮定します。すると、以下の表のような月額料金が発生します。

 

長男 長女
利用するパケット量 3GB 3GB 5GB 5GB
対応するパック ベーシック~3GB ベーシック~3GB ベーシック~5GB ベーシック~5GB
月額料金 4,000円 4,000円 5,000円 5,000円

 

となり、合計で18,000円の月額料金を支払う必要があることになります。これだと年間で216,000円もの出費を生むことになり、家計を圧迫してしまいますね。

ところが、シェアパックにすることにより、このような改善を打つことができるのです。

 

父・母・長男・長女がパケット量をシェア
使用パケット量 16GB
対応する料金パック ベーシックシェアパック
月額金額 15,000円

 

家族4人でパケット量をシェアすることにより、月額金額が15,000円となり、同じパケット量を使用しているにもかかわらず、月額が3,000円もお得になるのです。なので、年間にして36,000円もの割引になります。

なので、家族4人がバラバラに通信量を指定するのではなく、家族で仲良くシェアすることが大切となります。

 

念の為、まとめた表はこちらになります。

 

家族4人がバラバラに契約 家族4人がシェアパックで契約 差額
利用パケット量 16GB 16GB -
契約プラン
  • ベーシック~3GB×2
  • ベーシック~5GB×2
ベーシックシェア ~20GB -
合計金額 18,000円 15,000円 ▲3,000円

 

このように、家族4人で通信量をシェアすることにより、通常よりもお得にスマホを利用することができるのです。

そして今回お伝えしているのが「光★複数割」という、同一シェアパックにて2回線以上契約している方限定の割引プラン。通常契約でもお得なプランを、さらにお得に利用できるので、人気のある特典となっています。

 

最も、「光★複数割」となるためには、いくつかの条件をクリアする必要がありますので、その全容を見ていきましょう。

 

ドコモ光「光★複数割」適用条件

 

ドコモ光の「光★複数割」は、自動的にサービスが適用されるので、面倒な手続きが無く利用しやすいのですが、適用条件を間違えると発生しないサービスでもあります。

なので、うっかり適用条件外で契約してしまうと、せっかくもらえたはずの特典を受けることができなくなってしまいます。

 

しっかりと確認した上で、回線の契約をするようにしましょう。なお、適用条件は以下の通りになります。

  1. 同一シェアパックに加入している3親等以内の家族であること
  2. 同一シェアパックに2回線以上加入していること

ここで重要となってくるのは、同一シェアパックに契約していること。いくら家族で契約したとしても、個別に契約していたり、シェアパック契約していても、別々のパックであれば適用されません。

 

あくまでも、3親等内の家族が全員同一のシェアパックにて、通信料金を支払わなければなりません。ということは、あまり範囲を広げすぎると、割引額は大きくなる分、利用できるパケット数は少なくなるということですね。

なので、あまり欲を出しすぎないようにすべきだとも言えます。

 

では、実際に2つの条件に付いてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

条件① 3親等内の家族

 

ドコモ光で定義されている3親等というのは、民法上で規定されている3親等とは若干ことなります。どちらかと言えば、ドコモ光の方が範囲が広めに設定されています。

これはなぜかというと答えは分かりませんが、推測するとすれば、範囲を広げることにより、多くの方に利用してもらえるからではないでしょうか。やはり、同じ光回線でも、どうせ使うのであればより金額の安い方を選びたいですからね。

 

ちなみに、ドコモ光の要求している3親等内とは以下の図の範囲となるようです。

 

家系

これを見ると、本来であれば3親等ではないひ孫の代まで適用され、さらには姪や甥家族についても範囲が拡大されています。よほど親戚付き合いがいいのであれば、親戚一同を巻き込んでもいかもしれませんね。

 

条件② 同一シェアパックに2回線以上

 

2つめの条件は、同一シェアパックに2回線以上の契約をしていることとなります。これについては、そこまで説明する必要もないでしょう。

離れている家族であっても、同一シェアパックにさえ加入していれば、1回線につき300円/月が割引されていきます。

 

なので、主契約者と別居する場合は、なるべくデータ通信量をシェアしてもらいましょう。

 

ドコモ光「光★複数割」の注意点

 

ここまで、ドコモ光の「光★複数割」についてお伝えしてきましたが、実はここにも注意しなければならない点がいくつか存在しています。

なので、契約してから後悔する前に、ここでサッと注意点を確認しておきましょう。

 

注意点① 割引対象は代表回線のみ

 

これは意外と忘れがちなのですが、「光★複数割」が適用されるのは、あくまでも代表回線のみとなります。なので、家族4人がバラバラに回線を利用していたとしても、父が代表回線であった場合は、父のスマホ代のみが月900円割引となります。

もしも、子供のスマホ料金を安くしたいということであれば、代表回線を子供名義にするしかありません。

 

ただ、そこまでして割引適用をしなくとも、ドコモ光にはよりお得な特典があるので、そちらの方面で特をさせましょう。

 

注意点② 「ドコモ光ミニ」や「2台目プラス」には適用されない

 

「光★複数割」は、あくまでもドコモ光契約者のためのサービスなので、光回線をあまり利用しない方向けのサービスである「ドコモ光ミニ」や「2台目プラス」契約者には適用されません。

ご自身の契約内容を確認してから、2回線以上の契約を結ぶようにしましょう。

 

注意点③ 複数割は携帯1台につき1契約

 

最近は、1人で複数の携帯を契約する方も増えてきました。しかし、「光★複数割」は携帯1台につき1契約しか結ぶことができません。

やはり、1人で複数台契約して周りの人と差が生まれるのを防ぐ為でしょう。それか、複数台契約されると、その分割引の金額が大きくなるからかもしれません。

 

注意点④ 使用頻度の違いでデータ制限がかかることもある

 

シェアパックと言うことは、家族全員で○GBまで使用するという契約をしていることになります。この最大容量については、ドコモが個別に管理することはなく、すべては自己責任で通信量の管理をしなければなりません。

なので、特定の月において、YouTubeなどといった動画配信サービスを見過ぎたことにより、早々とパケット通信料が制限を超えてしまうこともあるでしょう。

 

その場合は、パケット量を使い過ぎた方はもちろん、家族全員の通信速度が月末まで制限されてしまいます。なので、家族で1人何GBまでなら許容できるかについて、予め決めておきましょう。

 

注意点⑤ 同居家族でも適用されないことも

 

こちらは、シェアパックを契約する際に気を付けてほしいのですが、家族とは違うパックを契約すると、複数割の適用がされないこともあります。

なので、本当に家族と同一パックを選んで契約しているかどうかについては、契約時にしっかりと確かめながら契約するようにしましょう。

 

契約してから違っていたことに気が付いても変更すればいいのですが、大抵の場合は気が付かずに流されてしまうので、特に注意してください。

 

ドコモ光「光★複数割」は法人でも適用される

 

最後にお得な情報として、法人の場合であっても、グループ間にて同一シェアパックに加入することにより、複数割を受けることができます。

ただし、法人の場合は月額300円などという安い値段ではなく、より高額な割引が用意されているようです。なので、法人の方で複数割を受けたいというのであれば、ドコモ光に問い合わせてみると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光の「光★複数割」についてまとめてみました。

たかだか300円の割引だと思って甘く見てはいけません。年月を重ねるごとに、徐々にその差は大きくなっていくからです。

 

もしも家族で離れたところへお住まいの方がいらっしゃったり、子供が進学や就職等で1人暮らしを始めると言った際には、シェアパックでまとめてしまいましょう。

そうすることで、代表回線であるあなたのスマホ代金もしくは子供名義であれば子供のスマホ代金を割り引くことができます。注意すべき点はいくつかありますが、基本的には条件にさえ合えば、あとは自動で割引が始まります。

 

なので、今回紹介した条件を試してみて、早速今日からお得にドコモのスマホを利用しましょう。

ドコモ光を比較するなら、ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較をチェックしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,156円
12か月合計 35,620円
キャンペーン 3,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計 42,647円
キャンペーン 初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計 44,223円
キャンペーン 1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.