ドコモ光

ドコモ光電話って何?料金から口コミまで徹底調査

ドコモ光 光電話

家の固定電話費用を少しでも安く抑えたい。

そのような考えをお持ちのあなたに、ドコモ光電話はまさにうってつけのサービスと言えるでしょう。

 

ドコモ光電話は、お使いのドコモ光の月額料金に、月々500円をプラスした金額で利用することができます。

また、ドコモ光電話に加入することで、お得にdポイントを貯めることもできるので、一石二鳥のメリットが受けられます。

 

今回は、今さら聞けないドコモ光電話について徹底的に解説していきます。少しでも疑問に思っていることがあれば、是非ご覧になってください。

 

ドコモ光電話とは?

 

ドコモ光電話とは、ドコモ光回線を利用した固定電話サービスのこと。

従来の固定電話では、電話線を利用していたのに対し、光電話では光ファイバーを利用しています。利用方法は変わりませんが、基本料金や通話料金が格安となることから、利用者数が年々増加しています。

 

また、以前の固定電話であれば、電話番号を変更する際には電話機等の交換が必要でした。しかし、光電話では、転用しても電話番号や電話機、FAXは同じものを利用できるのも特徴。

NTT東日本やNTT西日本エリアで使用していた電話番号をそのまま使えるので、改めて電話番号を登録し直す手間が省けます。

加入条件は以下の通り

  • ドコモ光を契約している人

これは、光電話が光回線を通していなければ利用できないからです。なので、ほとんどの光電話は、光回線のオプションサービスと言う位置づけとなっています。

 

ドコモ光電話の口コミ

 

詳しい説明の前に、ドコモ光電話の口コミについて調べてみました。

 

 

ドコモ光電話は、月額料金が安いことと、他社に比べて通話料金が安いことを売りにしているため、口コミでも料金に関するものが多く見られました。

また、固定電話(アナログ電話)を引いている方であれば、光電話にするだけでも基本料金が安くなるのもうれしいポイント。

次からは実際にドコモ光電話の料金がどの程度のものなのかについて解説していきます。

 

ドコモ光電話の料金

 

ドコモ光電話でかかる費用は以下の通り。

  • 初期費用
  • 工事費用
  • 月額基本料金
  • 通話料金
  • オプション料金

これらについて、詳しく解説していきます。

費用① 初期費用

 

事務手数料2,000円
ドコモ光と同時契約手数料0円になる

 

ドコモ光電話に加入するためには、初期費用として2,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

しかし、ドコモ光を同時に契約することで、事務手数料を無料にすることができるのです。

 

費用② 工事費用

 

光電話を開通するために工事費用がかかります。こちらは、現在使用している電話番号の有無によって変わってきます。

ちなみに、電話番号を変更せずに移動させることを、ポータビリティといいます。ドコモ光のホームページに記載があったので、念の為解説しておきました。

 

では、実際にどのくらいの工事費用がかかるのでしょうか。

≪ドコモ光と同時契約≫

固定番号有りの場合(番号ポータビリティ有り)3,000円
固定番号無の場合(番号ポータビリティ無し)1,000円

 

ただし、NTTからの転用の場合、つまりポータビリティ有りの場合には、NTTより別途利用休止工事料2,000円が発生することがあるので注意が必要。

ちなみに、ドコモ光を契約した後にドコモ光電話に加入すると、2,000円~9,000円の工事費用がかかります。なので、今からドコモ光を契約するのであれば、なるべく同時に申し込むことをおすすめします。

 

費用③ 基本料金

 

基本月額料金は、何もオプションを利用しなければ月々500円となっています。

これはどの光電話でもほとんど変わりないのですが、ドコモ光ではここにオプションをつけることができます。その名も「ドコモ光電話バリュー」。

 

480分の無料通話と、通話中着信、転送電話、ナンバーリクエスト、発信者番号表示、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメールからなる6つのオプションに加入できます。

ただし、月額料金が1,000円+となるため、固定電話を頻繁に利用するのであれば加入しておきましょう。簡単に下の表にまとめておきました。

 

基本料金メリット
ドコモ光電話500円安く利用できる
ドコモ光電話バリュー1,500円
  • 6つのオプションサービス
  • 480分の無料通話時間

費用④ 通話料金

 

ドコモ光電話の通話料金は、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアにて違ってきます。なので、ご自身の提供エリアをご確認の上、通話料金を確かめましょう。

ちなみにこの表は、ドコモ光公式ホームページからの引用であり、従来のアナログ電話とドコモ光電話の通話料の比較表となっています。

 

≪東日本エリア≫

加入電話(アナログ電話)の通話料ドコモ光電話の通話料
市内/3分8.5円日本全国8円
県内市外/3分20~40円
県外/3分20~80円
国際電話 アメリカ宛/1分60円(免税)9円(免税)
ドコモ宛/1分20円16円
au宛/1分30円17.5円
softbank宛/1分40円17.5円

 

≪西日本エリア≫

加入電話(アナログ電話)の通話料ドコモ光電話の通話料
市内/3分8.5円日本全国8円
県内市外/3分20~40円
県外/3分20~80円
国際電話 アメリカ宛/1分60円(免税)9円(免税)
ドコモ宛/1分17円16円
au宛/1分18円18円
softbank(旧ワイモバイル)宛/1分17円16円
softbank宛/1分20円18円

 

このように比べると、東エリアにお住まいの方は西エリアにお住まいの方よりも、通話料金が安くなったと実感できるかもしれませんね。

また、全体的に見ても通話料金が格安となっているので、アナログ電話を利用しているのであれば、思い切って光電話に変えてしまってもいいでしょう。

 

費用④ オプションサービス(任意)

 

こちらは任意で利用できるオプションサービスとなっています。オプションサービスは、先ほど紹介したドコモ光電話バリューサービスの内容と若干被っています。

なので、これらのサービスのほとんどにかにゅうするのであれば、バリューサービスに加入してしまった方がお得とも言えますね。

 

ちなみに、オプションサービスの内容と月額料金は以下の表のとおりとなります。

 

オプション名オプション内容月額料金
通話中着信(バリュー)通話中に第三者から着信があった場合、保留にしながら第三者からの着信がとれる300円
転送でんわ(バリュー)掛かってきた電話を指定した番号に転送できる500円
発信者番号表示(バリュー)相手の番号がディスプレイに表示される400円
ナンバーリクエスト(バリュー)電話番号を非通知でかけてきた相手に対し、電話番号を通知してかけ直すよう伝える200円
迷惑電話ストップサービス(バリュー)迷惑電話の番号を登録し、電話を受けられない旨の通知を行う200円
着信お知らせメール(バリュー)着信があったことを指定したメールアドレス宛てに知らせる100円
ダブルチャンネルドコモ光電話1契約で2回線分の通話ができる200円
追加番号ドコモ光電話1契約で、同時に2回線分の
通話ができる
100円

 

ドコモ光電話対応ルーターとは?

 

ドコモ光を契約すると、ドコモより「ドコモ光電話対応ルーター(ルームゲートウェイ)」がレンタルできるようになります。

このルーターの事を、「モデム」やONUと呼んだりしますが、基本的には同じ意味だと捉えておくといいでしょう。実際の機能は違うのですが、あまりややこしく考える必要はありません。

 

では、このルーターはどういった機能があるかというと、インターネットと光電話それぞれに接続する機能を兼ね揃えています。

それにより、今までであれば、モデムとONUの2つの機器が必要であった光回線への接続を、1つの機器で行うことができるようになったのです。これで置き場所がないというお宅も減少したことでしょう。

 

ちなみに、ドコモ光電話対応ルーターのレンタル料金は以下のようになっています。

 

ドコモ光電話対応ルーター無料
ドコモ光電話対応無線LANルーター東日本エリア月額300円

西日本エリア月額100円

 

この無線LANルーターというのは、いわゆるWi-Fiのことです。

オプション金額を支払うことで、別途Wi-Fi機能を利用することもできます。ただ、ドコモ光のプロバイダでは、無料でWi-Fiルーターをレンタルできるところが増えてきたので、あえて有料で設置する必要はなさそうです。

 

まとめ

 

ドコモ光電話は、従来の固定電話を利用している方であればメリットが豊富なサービスとなっています。特に、NTTからの転用であれば、電話番号や電話機、FAXはそのまま利用することができるのも魅力的。

光回線を使ったサービスということもあり、基本料金や通話料金が格安になるのも、家計の助けになりそうですね。ただ、インターネット回線が利用できない環境では、光電話も利用できないので、その点は注意して加入してください。