ドコモ光

ドコモ光を引っ越し先でも利用したい!手続き方法や移設費用を解説

更新日:

ドコモ光 引っ越し

「さあ、引っ越しの準備を始めようか!」

と思ったのもつかの間、

 

「そう言えば、今使っているドコモ光って引越する場合にはどうすればいいんだ?」

と疑問に思っているあなた。安心してください、この記事を読めば引越の際にドコモ光の移転をどうやって行うのかを理解することができます。

 

移転には移転費用がかかりますが、インターネットから申し込むことによりdポイントで工事費用が還ってくるというキャンペーンを行っているので、実質無料で移転が可能。

インターネットで申込を行っても、折り返しお客さまセンターから電話がかかってくるので、移転が初めてという方でも安心して手続きを踏むことができます。

 

また、ドコモ光の場合は、移転をするよりもいったん解約して新規契約を結んだ方がお得に引越することができる場合もありますので、あなたの利用状況に応じて移転方法を選びましょう。

今回は、移転方法の手順や移転の際にかかる費用、気をつけなければならない点について紹介していきます。

 

移転申込前に確認しておくべきポイント

 

実はドコモ光の移転には確認すべきポイントがあります。この点をチェックし忘れたがために、新居でドコモ光が使えなくなったということもあり得ます。

今一度、確かめてみてください。

  1. 引越先がドコモ光提供エリアかどうか
  2. 引越のためにNTT東日本から西日本へエリア移動しないかどうか
  3. 光電話やテレビオプションの移設が必要か

注意すべき点は他にもありますが、移転前の段階ではこの2点を特に調べておきましょう。

 

移転前注意点① 引越先がドコモ光提供エリアになっているか

 

そもそも、ドコモ光はフレッツ光回線が利用できなければ契約できません。なので、引っ越し先のマンションや建物がフレッツ光非対応であれば、解約するしかなくなります。

しかも、ドコモ光が利用不可であった場合、フレッツ光などの同回線は使用不可となってしまいますので、地元のケーブルテレビや「光コラボレーション」以外の光回線との契約を考えましょう。

相手先が利用可能エリアにあるかどうかについては、インターネット申し込みの際に確認することができます。WEBフォームにて住所を記載することで、担当者から折り返しの電話がかかってきます。

 

もしも提供エリア外への引っ越しとなってしまった場合、ドコモ光に支払うべき解約金の支払いは免除されます。ただし、その代わりに新しいネット回線との契約を結ばなければなりません。

移転前日に新居がドコモ光非対応だと知ったとなっては大変なので、予め調べておくことをおすすめします。

 

移転前注意点② NTT東日本から西日本へエリア移動すると工事費用が倍かかる

通常であれば、移転工事費用が半額で済むドコモ光も、東日本と西日本をまたぐことになると、新規工事費用と同額の請求がされることになります。

さらに、東日本では戸建て・マンションどちらにも行っていたテレビオプションが、西日本では戸建てのみの提供となるなど、契約内容の変更も余儀なくされます。

なので、あなたの移転先が西日本から東日本、もしくはその逆であった場合には、それぞれが独自で行っているサービスが利用不可能となってしまいます。

西か東かというのは以下の表で確認ができるため、あなたの住所を調べてみましょう。

 

 

東日本エリア北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、茨城県、埼玉県、群馬県、栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、富山県の一部エリア、静岡県の一部エリア
西日本エリア長野県の一部エリア、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

また、どのサービスが利用不可能となるのかについては、ドコモサービスセンターやドコモショップで確かめることができるので、一度確かめておいた方がいいですね。

 

移転前注意点③ 光電話やテレビオプションを解約しなければならない

 

今現在、光電話もしくはテレビオプションを利用している場合、それらの契約を一度解約しなければなりません。なので、引っ越し先で新たに契約しなおす必要がでてきます。

もちろん、その場合は別途工事費用がかかるので注意しましょう。

 

オプション工事費用事務手数料
光電話3,000円2,000円
テレビオプション3,000円~26,000円2,000円

これらの金額は、エリアや住居タイプなどによっての変更はありません。一律でこのような料金が発生するので注意しましょう。

また、光電話は電話番号が変わるだけで、工事することで再び利用できるのですが、テレビオプションはエリアによっては利用できない場合があります。

 

なので、引っ越し先でもテレビオプションを契約したいのであれば、提供エリアには注意しましょう。ちなみに、提供エリアはこちらになりますので、確認してください。

東日本エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部
西日本エリア大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

 

 

ドコモ光の引っ越し手続きはインターネットが最強

 

また後で説明しますが、ドコモ光の引っ越し手続きは電話・店頭・インターネットの3つの方法で行うことができます。もちろん、そのどの方法で引っ越しをしたとしても、何の間違いもなく引っ越し手続きは完了します。

しかし、少しでもお得に引っ越しをしたいのであれば、様々なキャンペーンを実施しているインターネットからの申し込みがおすすめです。

 

というのも、引っ越し手続きを専用フォームから行うことで、5,000dポイントプレゼントキャンペーンが実施しされているからです。

また、電話や店頭申し込みと違い、24時間いつでもどこでも申し込みができるので、家事や仕事に追われていて時間のない方も、時間を気にせず利用することができます。

 

インターネットは自分1人だけだから不安という方も安心してください。

申し込み手続きが終了すれば、担当から電話がかかってくるので、そこで間違いなどがあれば修正することができます。なので、まずはインターネット申し込みから行ってはいかがでしょうか。

 

インターネット限定キャンペーン

 

 

では、インターネット限定きゃんぺーんについてもう少し詳しく説明しておきましょう。

現在実施されているキャンペーンは、専用フォームからの受付をすることで、5,000ポイントプレゼントされるというキャンペーンです。

ちなみに、ドコモ光の移転費用は以下のようになっています。

 

移設先戸建てマンション
同エリア内9,000円7,500円
エリア外18,000円15,000円

 

実質無料とまではいきませんが、同エリア内であれば必要金額の半分はポイントにより還元されることになりますね。そもそも、支払うべき金額が割引されるキャンペーンはインターネットでしか行われていないので、利用しない手はないでしょう。

ちなみに、このキャンペーンが適用されるには、いくつかの条件を満たしている必要があります。なので、そこも押さえておくと、さらにスムーズなポイント受けとりができるようになります。

 

適用条件

 

ここからはドコモ光公式ホームページからの引用となります。

  1. 「ドコモ光(定期契約あり)」の、お引越し(移転)を指定のドコモ光お引越し受付フォームからお申込みいただき、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」からのお電話にて申込み受付完了すること
  2. ①の申込み受付完了月含む7か月以内にお引越し(移転)先で「ドコモ光」を利用開始すること(利用開始とは、「ドコモ光」のサービス(オプションサービス含む)提供が可能であることを当社が確認した状態をいいます。)
  3. 「ドコモ光」のご利用開始時に「ドコモ光(定期契約あり)」をご契約中であり、「ドコモ光」のペア回線のご契約者がdポイントクラブ会員であること(ペア回線が法人名義の場合はドコモビジネスプレミアクラブ会員であること)

これらの条件をすべて満たすことで、ポイントがプレゼントされるというわけですね。ちなみに、ペア回線を伴わないような、単独契約の場合はポイントプレゼントは受けることができないので注意が必要です。

 

さらに、ポイントは契約の翌々月に付与されるため、「契約したのにポイントがもらえない」などといった場合は、少し期間を待ってみましょう。

ちなみに、ここで手に入るポイントは、通常のdポイントと違い、携帯電話料金の支払いやマイルなどへの変換はできません。オンラインショップやコンビニ支払いなどといったショッピングに利用できるので、必要なものの買い物に充てるようにしてください。

 

では、具体的にどのような手続きをとれば引っ越しができるのかについて、説明していきましょう。

 

ドコモ光の移転手順

 

さて、いよいよ次は移転の手順へと進んでいきましょう。ドコモ光を移転させるのは次の4つの手順を踏む必要があります。

  1. ドコモ光の移転申込を行う
  2. 現在の住まいのドコモ光の撤去工事
  3. 新居でのドコモ光の開通工事
  4. ルーターの設置とパソコン・スマホの設定

以上の手順を踏むことで、ドコモ光を移転させることができます。

次に1つ1つ詳しい内容を見ていきましょう。

移設手順① ドコモ光の移転申込

 

ドコモ光の移転申込は以下の3パターンがあります。

 

  1. インターネットから申し込む
  2. 電話で申し込む
  3. 店頭窓口で申し込む

 

おすすめは何と言ってもインターネットからの申込ですね。先ほども説明したように、インターネットからの申込に限り、dポイントが5,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを行っているからです。

他の方法では一切ポイントが付かないため、あまり申し込むメリットを感じられません。

 

さらに、インターネットで申し込むことで、順番待ちや回線の混雑による引越の遅れを防ぐことができるのも大きいです。

初めての方であっても会員情報をしっかりと記載していれば、ドコモから折り返しの電話がかかってくるため、分からないことがあればその場で質問することもできます。

 

電話で申し込む手順

 

電話での申込は

電話番号ドコモの場合 151(無料)

一般電話から 0120-800-000

(受付時間 9:00~20:00)

となっています。時間や日にちによっては回線が混雑する可能性もありますので、早め早めに申し込むようにしましょう。

また、以下のものが必要となってきますので、電話や店頭で申し込む前に、あらかじめ用意しておきましょう。

申込に必要なもの一覧(電話・店頭の場合)
  1. ドコモ光ご契約者名
  2. 携帯電話番号(ペア回線
  3. ご契約ID(お客さまID)【CAF/COP/CTV】
  4. ご連絡先電話番号
  5. お引越し(移転)先住所
  6. お引越し(移転)先の工事希望日

 

インターネットで申し込む場合の手順

  1. ドコモ光公式サイトへアクセスする
  2. ドコモ光お引越しサイトへ移動
  3. 必要事項を記入して申込
  4. お客様センターから折り返しの電話があり、工期などの打ち合わせを行う
  5. ドコモ光から書類が送付される

メンテナンスなどがない限り、24時間どこにいても申し込みをすることができるため、時間のない忙しい方にとっても便利なサービス。

特に、電話での折り返し時間は指定ができるため、日中電話に出れないということもなくスムーズに移転作業をすすめることができるのもポイントですね。また、インターネットに限り、dポイントが5,000ポイント還元されるのもお得を感じてしまいます。

ちなみに、インターネット手続きの際には以下のものが必要となってきます。電話・店頭来店での必要なものとは若干違ってきますので注意しましょう。

申込に必要なもの一覧(電話・店頭の場合)
  1. ドコモ光ご契約者名
  2. 携帯電話番号(ペア回線
  3. ご契約ID(お客さまID)【CAF/COP/CTV】
  4. ご連絡先電話番号
  5. お引越し(移転)先住所
  6. お引越し(移転)先の工事希望日
  7. メールアドレス

さて、申し込みが終われば、あとは実際に移設するだけです。ここからはインターネットや電話・店頭関係なく、同じ手順を運ぶ必要があります。

なので、どちらで手続きをするにしても、確認しておきましょう。

ドコモ光移設手順

ドコモ光の移設手順は、大きく分けて4通りあります。

  1. 工事日の段取りをつける
  2. 現住居のドコモ光の撤去
  3. 新居への工事
  4. インターネットを機器に接続

以上の手順を踏むことで、移設させることができます。なお、工事の日取りについては、インターネット利用者のみとなっています。申し込みが終わった後に、担当者からの連絡が来るので待つようにしてください。

では、具体的な手順を説明していきます。

移設手順① 工事日の確認

 

これはインターネット利用者のみとなります。立ち合いするかしないかにもよりますが、新たに光回線を引く場合は工事が必要となります。なので、都合がいい日にちを伝えるようにしましょう。

ただし、土日祝日を指定すると、休日工事費用が追加費用として発生する場合があるので、なるべくなら平日に行うほうが費用を抑えることができます。

もちろん、日中はどうしても仕事を外すことができないというのであれば、出費覚悟で休日工事を依頼しておきましょう。

 

移設手順② 現在の住まいのドコモ光を撤去する

 

元住居で利用しているドコモ光の撤去工事を行います。工事には立ち合いが必要なことがありますので、工事日程はできるだけ予定を開けておきましょう。

引越の前日に電話しても工事が間に合わない可能性が高いため、早めの日程調整が必要となってきます。

 

移設手順③ 新居への開通工事

 

新居にてドコモ光を利用するための開通工事が行われます。ドコモの公式ホームページによると、撤去工事の日にちは申込をしてから2週間となっています。

ただ、ネットでの口コミを見ていると、申し込みから1か月や長い時は2か月ほどの間が空くこともあるようです。

 

このような場合の多くは引越が集中する3~5月であったり、年末年始である場合がほとんどなので、なるべく時期をずらして工事をするのが得策でしょう。

とは言っても、勤務先での異動や急な転居の場合はそんな悠長なことも言っていられません。

 

なので、時間がないけど早くインターネット接続をしたいという方は、その期間だけwifiルーターをレンタルしたりドコモのネット契約の容量を上げたりして対応しましょう。

移設手順④ ドコモ光とパソコン・スマホを接続する

 

新居での開通工事が終わったら、早速パソコン・スマホにインターネット接続をしましょう。

プロバイダのユーザー・IDを入力することで利用可能となります。詳しい接続方法は別の記事にて紹介していますので、そちらを参照してください。

以上でドコモ光の移設は終了しました。申し込みから完了までは踏む手順が少ないですが、工事期間を考えるとなかなかな長期耐久となりますので、覚悟しましょう。

 

ドコモ光の移設費用はいくら?

 

移設の際に最も気になるのは移設にかかる費用ではないでしょうか。

先ほどから説明しているように、インターネットからの申込であれば工事費用はポイントとしてキャッシュバックされるので安くすることはできます。しかし、現金として一旦負担しなければならないため金額の想定はしておきましょう。

 

ドコモ光の移設工事費用

 

まず前提として事務手数料が2,000円(税抜)でかかります。

さらに、移設先のエリアによって以下の表のような工事費用がかかってきます。すべて税抜で表示しています。

 

 戸建てマンション
工事費用

同エリア内9,000円7,500円
エリア外18,000円15,000円

事務手数料
2,000円2,000円

 

この表から見てもわかるように、工事費用に関しては最低でも2,000円、エリアをまたぐなどといった場合には最大20,000円もの費用が発生することになります。

もちろん、インターネットでの申し込みにより、5,000円のポイントバックがあるのですが、それでも10,000円前後の工事費用は負担しなければなりません。また、工事費用には、休日工事や壁などの穴あけ作業費など、その場でないとわからないような追加工事も発生する可能性があります。

 

その場合は、これらの費用にプラスして、数千円~数万円といった金額がかかることになります。

あまりにも工事費用が高ければ移設しないという手もありますが、いずれにしろインターネット回線は引かなければならないので、腹をくくるしかないかもしれませんね。

 

ドコモ光の移設期間の費用負担

 

ドコモ光の移設には、数週間から数か月といった長期間が予想されます。なのでその期間はインターネットを利用することができないわけですが、発生した月額料金はどうすればいいのでしょうか。

結論から言えば、ご自身で「移転中の非課金設定」をすることで、使用していない期間の月額料金を免除してもらえます。当たり前ですが、利用していないのに月額料金を支払うのはもったいないですからね。

 

ただし、注意しなければならないのが、「移転中の非課金設定」はドコモ光が設定してくれるわけではないということ。つまり、あなた自身で設定するしかありません。

これを忘れたがために、毎月無駄なお金が発生するパターンも少なくないので、移設する際には覚えておきましょう。

 

(裏ワザ)ドコモ光をお得に移転させる「解約新規」とは?

 

結局のところ、移転にはお金がかかります。

最終的にはdポイントとして5,000ポイントが還元されるとしても、それはdポイントとしての利用しかできませんし、利用期限もあります。

 

「もっとお得に、どうせするなら利益があるような方法で移転をしたい!」

というあなたのために、「解約新規」という裏技を紹介します。

手順はこうです。

  1. 今のドコモ光の契約を解約する
  2. 新たに新居にてドコモ光を契約する

ドコモ光に詳しい方であればここで1つ疑問に思うことがあるでしょう。それは、解約新規をすると解約費用と新規工事費用が二重にかかるのではないのかということ。

でも、そう考えるのはまだ早いですよ。

 

解約新規がお得な理由とは?

 

結論から言えば、解約新規がお得な理由は以下の3点にあると言えます。

  1. キャンペーンで新規工事費用が無料
  2. 15,000円の現金キャッシュバックが受けられる

良いことばかり書きましたが、「新規解約」の中身についても解説しますので、あとはあなたの判断で選びましょう。

お得① 新規契約で工事費用無料キャンペーンが受け取れる

 

ドコモ光では2019年9月から工事費用無料キャンペーンを随時実施しています。

よく光回線のキャンペーンでは「実質無料」となっており、毎月の利用料金から月割りで工事費用が割引きされることがほとんどですね。こうなると、中途解約した場合、支払っていない残りの工事費用を払わなければならなくなります。

 

しかし、ドコモ光の工事費用無料キャンペーンとは、本当に工事費用が無料となるキャンペーンのことを指します。つまり、途中で解約したとしても、工事費用の残債は「0円」なので、一切解約時に支払う必要はありません。

ということは、ドコモ光を引っ越しで移転するために、わざわざ7,500円~18,000円といった高額な工事費用を支払うよりも、ズバッと新規契約をしてしまって、工事費用を「0円」にしてしまったほうがお得だということです。

 

ただ、工事費用無料キャンペーンであっても、新規契約時の事務手数料の3,000円は発生するので注意しましょう。

 

お得② 新規申込で最大20,000円のキャッシュバックがある

 

これは、ドコモ光のプロバイダ独自キャンペーンとなりますが、新規契約をすることでキャッシュバックを受け取ることができます。

しかも、最大20,000円という高額キャッシュバックなので、利用しない手はありませんね。そして、先ほどの工事費用無料と組み合わせることで、すでに引っ越しにより利益が出てしまっていることは言うまでもありませんね。

 

先ほど紹介したインターネット限定キャンペーンも、5,000ポイントプレゼントという内容でしたが、はっきり言って比べ物になりません。ちなみに、キャッシュバックを受け取ることができるプロバイダは以下の通りとなっています。

 

プロバイダキャッシュバック契約内容期限

GMOとくとくBB

20,000円ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
開通5か月以内
18,000円ひかりTV for docomo(2年割)開通5か月以内
15,000円DAZN for docomo
または
スカパー!(1,833円以上の商品)
開通5か月以内
5,500円なし開通5か月以内

plala

15,000円なし開通3か月以内

@nifty

20,000円なし-

DTI

15,000円なし開通45日以内

 

ざっと確認するだけでも、かなり高額キャッシュバックが期待できるのではないでしょうか。ここに記載したキャンペーンは、ドコモ光の公式キャンペーンである、「最大10,000ポイントプレゼント」や「工事費用無料キャンペーン」とも併用できるのでさらにお得。

ただし、ドコモショップなどでの申し込みではなく、専用フォームからの申し込みが必要となるので注意しましょう。

 

この5社でも特におすすめなのが、「GMOとくとくBB」です。

最大20,000円キャッシュバックはもちろん、最高性能のWi-Fiルーターを無料レンタルでき、セキュリティソフトが12か月間無料利用可能など、様々な特典が目白押しとなっています。

 

もちろん、そのほかにもおすすめのプロバイダは多数存在していますが、こちらのサイトから真相を確かめてみてください。

 

解約新規まとめ

では、早速解約新規の一部である解約についてみていきましょう。

 

〈ドコモ光の解約費用〉

戸建てマンション
解約費用13,000円9,000円

 

〈ドコモ光の新規工事費用〉

戸建てマンション
新規工事費用18,000円15,000円

 

さらに、ここに加えて現在お使いのプロバイダの残代金が請求されることもあるので注意が必要です。また、新規申込の手続きや新規プロバイダ選びなど、手続きが煩雑になってしまうというデメリットも存在します。

 

ここまで言ってしまうと、「解約新規」は面倒でメリットが少ないように感じるかもしれません。

では最後に、移転と解約新規の比較表を作成したのでご覧ください。

 

移転解約新規
キャッシュバック2,000~20,000dポイント(利用・期限に制限あり)最大20,000円キャッシュバック

最大20,000dポイント(利用・期限に制限あり)

工事費用9,000~18,000円無料
デメリット
  • 移転手続きが面倒
  • 新規開通工事に日数がかかることがある
  • 解約手続きと新規手続きの2種類をする必要がある
  • プロバイダを選び直す必要がある

 

いかがでしょうか。

もしも「解約新規」をしたいけどプロバイダ選びが面倒だというのであればこの記事がおすすめ。

 

どうせしなければならないなら、お得な引越をしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光の引越についてお話ししました。

移転には様々な手続きが必要になってきますが、通常の書類手続きとは違い、付随工事も必要となってくるため日にちの段取り等をつけてから余裕を持った手続きをしましょう。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.