ドコモ光

ドコモ光でマンション工事する際の注意点とは?速度が遅いって本当?

更新日:

ドコモ光 マンション工事

大手通信会社であるdocomoが運営しているドコモ光。最大通信速度が1Gbpsであることはもちろん、契約時にも様々な特典が受けられるとあって、人気の高い光回線となっています。

ただ、ドコモ光に関わらず、光回線というのはどうも料金設定が難しいというデメリットが存在します。

 

特に、一戸建てに住んでいるのか、マンションもしくはアパートに住んでいるのかによって、値段や通信速度に差が出てきてしまいます。

今回は、ドコモ光をマンションもしくはアパートで契約した際に注意すべき点や、お得に契約するポイントをまとめてお伝えします。これさえ読めば、契約までの流れがきっちりとおさえることができるでしょう。

 

ドコモ光の基本料金

 

そもそも、ドコモ光を契約すると、月額基本料金の他に、工事費用や事務手数料といった料金が発生します。

ただ、これも契約するプロバイダや住んでいる建物によっても変化するので、分かりやすく表にまとめてみました。

 

料金① 基本料金

 

まずは月額料金です。ドコモ光は契約するプロバイダによって、3段階の料金設定に分けられます。ちなみに、プロバイダとはドコモ光をインターネットにつなげてくれる事業者のこと。

そして、プロバイダの種類により、基本料金のタイプがA、B、の2種類に区分されています。それが以下の表のとおり。

 

タイプマンション戸建て
タイプA4,000円/月5,200円/月
タイプB4,200円/月5,400円/月

 

このように、マンションにお住まいの方であれば、戸建てよりも1,200円も安く光回線を利用することができます。これだけ見るとお得な気もしますが、実は少しだけデメリットが存在します。

それは、マンションでは光回線を住民全員で「共有」しなければならないということ。この詳細は後の項で詳しく説明しますので、今は他の費用についてみていきましょう。

 

料金② 工事費用

 

ドコモ光を開通させるには、工事費用がかかります。この工事に関してもマンションにお住まいの方は気をつけなければならないポイントがいくつかあるのですが、それも後でまとめて紹介します。

工事費用も基本料金と同様、お住まいによって以下のように分かれています。

 

マンション戸建て
15,000円18,000円

 

ただし、フレッツ光からの転用の場合であれば、工事費用は無料で行うことができます。

また、現在はドコモ光の工事費用無料キャンペーンが実施されており、新規契約であれば工事費用無料での設置が可能となっています。

 

工事費 無料

ドコモ光公式HPより引用

料金③ 事務手数料

 

最後にかかる費用が事務手数料。こちらは、先ほどの工事費用とは別途かかる費用であり、キャンペーン期間中も無料にはなりません。

ただし、こちらはどちらにお住まいであっても、基本料金は変わらないのも特徴。一律3,000円の費用が掛かることになります。

 

マンション戸建て
3,000円3,000円

 

以上がドコモ光の基本料金となっています。ドコモ光ではこのほかにも、ドコモユーザーだけが利用できる「スマホ・携帯のセット割」で基本料金が安くなるプランも存在しています。

ただ、ここまで話すとややこしいことになるので、この場では割愛させていただきます。詳しいことは以下の記事で記載していますので、参考までにご覧ください。

ドコモ光でかかる料金を分かりやすく解説!!

 

ドコモ光はマンションだと速度が遅くなる!?

 

 

このような口コミがツイッター上で発見できました。実際のところ、「ドコモ光は速度が速い!」という評判が多いのですが、なぜこのような現象が起こるのでしょう。

実は、マンションでは以下の表に示したような4つの配線方式のいずれかが適用されており、その種類によって最大速度が変化するからです。

ちなみに、通信速度で重要なのは下りの速度。インターネットからのダウンロードやメールの受信は下りの速度で決まってきます。

 

タイプ最大通信速度(下り)最大通信速度(上り)
光配線方式1Gbps1Gbps
LAN配線方式1Gbps1Gbps
VDSL方式100Mbps100Mbps
ケーブルテレビ配線方式200Mbps100Mbps

 

この内、あなたのお住まいのマンションがどの配線を適用しているのか知る方法は以下の2つが挙げられます。

  1. 大家さんに聞く
  2. 仲介の不動産に聞く

今まではVDSL方式が一般的であったので、最大速度100Mbpsとなっている方は多いでしょう。

 

ただ、最近建てられたマンションにお住まいであれば、光配線方式となっている可能性も高いです。というのも、インターネット回線を利用するうえで、通信速度や回線品質が安定していると評判が高いからです。

マンションオーナーも時流に合わせて配線を選んでいるため、常に新しいものを取り入れていくようですね。ただし、光配線方式では、光ファイバーを部屋の中まで通す必要があり、場合によっては開通できないこともあります。

 

どのようなことをする場合でも同じですが、光回線を契約する前に、回線を利用することができるのかどうかも含めて、大家さんと打ち合わせを行いましょう。

通信速度はプロバイダで決まる

 

ipv6

GMOとくとくBB公式HPより引用

先ほども言いましたが、マンションにお住まいである以上は、そこで提供されている配線方式に従わなければなりません。

例えそれがVDSL方式であったとしても、住民1人のためだけにマンションを根本から修繕するということはなかなかしてくれません。

 

しかし安心してください。マンションにお住まいであっても、プロバイダを駆使することにより通信速度を安定させることができます。

それが、v6プラス対応のプロバイダを選ぶという方法。v6プラスとは、通信制限なくスイスイとインターネットを利用できる回線方式のこと。

 

ただし、もともとの通信速度が100Mbpsなので、それ以上の速度はでません。しかし、他の住人がネットを利用する時間帯であっても、回線が混雑したりして、なかなかネットに接続できないといったストレスからは解放されます。

 

VDSL方式でも快適さはかわらない

 

ここまで、VDSL方式が悪いような書き方をしてきましたが、実際利用してみると、最大100Mbpsでも最大1Gbpsでもほとんど変わらないというのが真相です。

たしかに、ダウンロードに多少の誤差はでますが、日常で利用する限りではほとんど気にならないレベルの違いにしかなりません。

 

ただし、ネットへの接続方式がv6プラスかそうでないかの違いは大きく出るので、プロバイダ選びに関してはしっかりとした対策をしましょう。ちなみに当サイトでのおすすめはGMOとくとくBB。インターネットから申し込むことでこのようなお得な特典が受け取れます。

  • 最大20,000円のキャッシュバックと最大10,000dポイントプレゼント
  • 最新式のWi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • v6プラス対応
  • セキュリティソフトが12か月間無料
  • 工事費用無料

ドコモ光をマンションで工事する際の注意事項

 

では、ここからは実際に工事着工する際に注意しておきたい点について紹介していきます。

戸建てと違い、マンションでの工事は意外と多くの事に気を配らないとならないので、事前に心構えをしておくといいでしょう。

  1. 工事内容によっては隣近所に作業員が立ち入ることもある
  2. マンションの設備如何では大家さんに許可を取る必要がある
  3. ビス止め穴あけが必要な場合がある
  4. 市営住宅やUR住居のような公共施設では、届出を出さないといけない
  5. そもそも光回線が利用できない場合がある

調べてみて分かったのですが、マンションに光回線を引く事はそこまで難しくありません。しかし、場合によっては、越えなければならないハードルが多いこともあるようです。

具体的にどいったケースなのかについて、少し解説していきます。

 

注意事項① 近隣住民

 

これは、個々のマンションがどのような配線をしているのかにもよります。例えば、光ファイバーを隣から持ってこなければならなくなった場合などが挙げられます。

となりの方が良い人であればいいのですが、そこまで近所付き合いが無かったり、良い人そうでなければ面倒なことがありそうです。

 

もしも隣近所を巻き込むような工事になりそうなら、予めお断りを入れておき、差し入れ等の準備をしておきましょう。

 

注意事項② 大家さんへの許可

 

意外と見落としがちなのですが、光回線をつなぐ際には必ず大家さんに許可をもらいましょう。

というのも、マンションによっては利用できる光回線が決まっていたり、そもそもマンションタイプの回線が通っていなかったりする場合があるからです。

 

マンションタイプでないということは、つまり各住民が1本1本光回線を電柱から繋げている状態になるということです。

この場合は、工事も大規模なものとなるので、事前に工事日程などの打ち合わせをしておくといいでしょう。また、工事内容を伝える際には、「インターネットのための工事をします」といったような、簡単な言葉で伝えると良いでしょう。

 

注意事項③ ビス止めや穴あけが必要なこともある

 

これに関しては、絶対必要ということではありません。特に、全員共用の配線がある場合にはほとんど必要ないでしょう。

ただし、俗に言うファミリータイプのマンションであれば、新たに回線を通すためのビス止めや穴あけが必要となってくる場合もあります。

 

この場合は、自分で勝手に判断するのではなく、大家さんに電話で許可を取るようにしましょう。もちろん、工事の最中であったとしても、必ず一旦工事を辞めてもらい、その場で電話で確認しましょう。

こういったことを疎かにすると、後々損害賠償を請求されたりする可能性もあるので気を付けてください。

 

注意事項④ 市営住宅やUR賃貸住宅などに住んでいる場合

 

個人が運営するマンションの他にも、市やUR都市機構が運営するマンションに住んでいる方もいらっしゃるでしょう。そういった場合には、別途届出をしなければならない場合があります。

具体的には、市営住宅であれば市への届出、UR賃貸住宅であればUR都市機構に届出と言った具合です。

 

ただし、こう言った施設ではもともと何かしらの配線が導入されている場合があるので、届出が受理されないということもあるようです。

光回線を契約する前に、担当者に電話で聞いてみるのもいいでしょう。

 

注意事項⑤ 光回線が利用できない場合もある

 

これはマンションによって変わりますが、そもそも配線工事をしていないマンションもあります。その場合は、以下の2パターンの行動がとれます。

  1. 大家さんに直談判して光回線の配線を通してもらう
  2. おとなしくポケットWi-Fiなどの工事のいらないインターネットを利用する

①は大家さん側にとてつもない負担を強いることとなるので、余程の事が無い限りは無理だと思ってください。住民全員で書面を取って講義、とならない限りは現実味は薄いでしょう。

 

なのでおすすめは②のポケットWi-Fiなど、工事不要のインターネットを利用することですね。海外旅行に頻繁に行く方であれば利用する機会もあるかもしれません。

スマホの充電器のような小型機械を設定することで、どこでも気軽にWi-Fi接続できるのが、ポケットWi-Fi。マンションにお住まいでどうしてもインターネット工事ができないという方であればおすすめ。

 

ただし、容量によって金額がかわるので、できれば光回線をつなげた方がいいでしょう。

 

結局、ドコモ光のマンションタイプはおすすめなの?

 

結論として、ドコモ光のマンションタイプはおすすめです。というのも、口コミ検索をしてみると、速度が安定しているという口コミが圧倒的に多いからです。

最後に注意事項をつらつらと並べましたが、そこまで気にすることはありません。なぜなら、最近のマンションは光回線に対応していないどころか、インターネットが常備されているところも多いのですから。

 

これはマンション経営の現状が色濃く反映されているのだと推測します。ちなみに、ツイッター上では以下のような口コミが多く見受けれましたので、最後に紹介して終わりにします。

まとめ

 

ドコモ光のマンションタイプに申し込む際には、大家さんや不動産業者に下調べをしてから契約するようにしましょう。

また、マンションに備わっている配線方式でも速度による違いが出てきますが、光回線とともに契約するプロバイダを上手く利用して、通信速度を安定させましょう。

 

当サイトでのおすすめはGMOとくとくBBですが、他にも@niftyやplalaといった優良プロバイダは存在しています。気になる方は以下の記事をご覧ください。

ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較!プロバイダ選びのコツとは?

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.