ドコモ光

ドコモ光と楽天ひかりはどちらがお得なの?比較して分かった全情報

更新日:

ドコモ光 楽天ひかり 違い

ドコモ光と楽天ひかり、どちらも大手企業が提供している光回線サービスの1つ。

どちらも光回線を使用していることから、ネット回線を初めて検討するという方にとってはどちらも同じようなものにみえてしまうでしょう。

 

でも本当に、両社ともに同じようなサービスを展開しているのでしょうか。これもビジネスである以上は、他社に負けないような工夫をそこかしこにこらしてあるはずです。

そこで今回は、インターネット回線をどうしようか迷っているあなたのために、ドコモ光と楽天ひかりの違いについて徹底的に調査しました。

 

あなたにふさわしい光回線はどちらなのか、今一度考えてみてください。

 

ドコモ光と楽天ひかり基本情報

 

まずはドコモ光と楽天ひかりの基本情報から押さえていきましょう。

 

光回線サービス提供元
ドコモ光株式会社NTT docomo
楽天ひかり楽天モバイル株式会社

両社とも説明する必要はないのですが、念の為補完しておきましょう。

ドコモ光の提供元であるNTTは言わずと知れた通信会社であり、携帯電話を契約している方も多いでしょう。ドコモ光ではスマホとセット割を実施しているので、ドコモユーザーにとっては重宝されています。

 

一方、楽天モバイルが運営している楽天ひかりは、もともと「楽天コミュニケーションズ光」という名前で楽天コミュニケーションズが運営していました。しかし、2019年7月に現在の楽天ひかりに改名され、楽天モバイルが提供元となりました。

提供元がどこであろうといいかもしれませんね。しかし、それは大きな間違いです。

 

と言うのも光回線の選び方のポイントとして重要なのが、今契約しているスマホのキャリアと同じ光回線を選ぶこと。そうすることにより、スマホのセット割引特典を利用することができるからです。

 

両社ともに同一回線を利用

 

ドコモ光と楽天ひかり、両社は提供元が違いますが共に「光コラボレーション」のサービスなのです。

光コラボレーションとは、NTTの回線を他の事業者が間に入ってそのまま利用することを指します。なので、ドコモ光はもちろんNTTの回線を利用していますが、楽天ひかりもまた、NTTの回線を利用していることになります。

 

つまり、両社ともに最大通信速度が1Gbpsというだけでなく、回線の安定性もほとんど変わらないといってもいいでしょう。

ただ、同じなのはこの1点のみで、そのほかの要素で全く違うサービスを展開しています。このサービスこそが、光回線の決め手となるポイントと言えるでしょう。

 

では次の項から、両社の違いについて比較していきましょう。

 

ドコモ光と楽天ひかり徹底比較

 

ドコモ光と楽天ひかりの基本を理解いただけたところで、今回のテーマである両社の違いについてお話ししていきます。

どちらも提供元が違うので、どちらを選んだ方があなたにとってお得なのかをイメージしながらご覧ください

 

さて、あなたはドコモ光と楽天ひかりのどちらを選ぶべきなのでしょうか。様々な角度から両者を徹底的に比較してみましょう。

 

比較① 月額料金

 

やはり、最も重要な要素と言えば月額の使用料金や、契約時にかかる初期費用がいくらになるのかと言うことでしょう。

こちらに一覧でまとめたのでご覧ください。

 

≪月額料金≫

 

光回線プラン戸建てマンション
ドコモ光プランA5,200円4,000円
プランB5,400円4,200円
楽天ひかり基本プラン4,800円3,800円

 

ドコモ光では、契約するプロバイダによって月額料金が変化します。タイプAを選ぶ方が多いのですが、両方のプランを掲載しておきました。

この表で見て取れるのは、楽天ひかりの月額料金の方がドコモ光よりも安いという事実ですね。マンションタイプで200円、戸建タイプだと400円の差となっているので、より安い光回線を選びたいのであれば楽天ひかりとなりそうですね。

 

ちなみに、光回線サービスでは、現在の住居タイプによって「戸建て」と「マンション」の2種類の料金設定がなされています。ご自身のお住まいによって変わってくるので、契約する前に窓口で確認しておきましょう。

 

≪初期費用≫

 

初期費用とは、契約時にかかる工事費用や手数料をまとめた費用の事をいいます。契約すると必ず発生する費用なので、念の為押さえておきましょう。

ただし、2020年2月現在においては、両社ともに工事費用無料キャンペーンを実施しているため、基本的な工事費用は無料となります。なので本来は手数料のみ発生すると考えてください。

 

光回線住居タイプ工事費用事務手数料
ドコモ光戸建て18,000円3,000円
マンション15,000円
楽天ひかり戸建て18,000円800円
マンション15,000円

 

こちらも楽天ひかりの方が安いですね。必ず発生する事務手数料だけで2,200円の差がでているのはうれしい点ではないでしょうか。

もちろん、両社ともに、土日の工事の場合や追加工事が発生する場合には、別途追加料金がかかりますが、通常工事であれば工事費用は無料です。なので、そこまで初期費用として高額な金額は発生しないので安心しましょう。

 

比較② 対応しているプロバイダの数

 

続いて比較するものに、プロバイダの数があります。

プロバイダとは、インターネットと端末をつなげる仲介役を担っている業者のこと。このプロバイダの性能によって、ネットに繋がりやすくなったり、逆に繋がりにくくもなります。

 

なので、光回線を契約する際にはかなり重要な位置を占めているのは間違いありません。

両社で提供されているプロバイダの数は以下の表と通りです。

 

光回線プロバイダ一覧
ドコモ光plala・ドコモnet・GMOとくとくBB・@nifty・DTI・BIGLOBE・andline・hi-ho・Tigers-net.com・SIS・エディオンネット・ic-net・excite・SYNAPSE・楽天ブロードバンド・TikiTiki・01光コアラ・@ネスク・SIS・@TCOM・OCN・TNC・Asahi Net・WAKWAK・@ちゃんぷるネット
楽天ひかり楽天ブロードバンド

 

一目瞭然ではありますが、これはドコモ光の完全勝利といってもいいでしょう。

ちなみに、ドコモ光のプロバイダは全24社あり、一度契約しても気に入らなかったら他のプロバイダに変更することができるのです。なので、設置環境とプロバイダがあっていなかった場合でも、何度もやり直しがきくというメリットがあります。

 

一方、楽天ひかりは、楽天ブロードバンドしか取り扱っていないため、設置環境に合わなかったり、サービスに納得がいかない場合であっても、他社プロバイダに変更することができません。

その程度の事かと言われるとそうかもしれませんが、契約した後に後悔する事例はいくつも存在しています。なので、その点は忘れずに慎重に選んでください。

 

以上が両社の違いについての比較でした。ここまで見ると、楽天ひかりが優勢なのかなと思いそうですが、まだ結論を出すには早いですよ。

続いて、あなたにおすすめな光回線がどこなのかについて具体的な結論をお出ししていきます。

 

ドコモ光向きなのはあなた

 

早速ですが、ドコモ光を契約すべきなのは以下の点が当てはまる人となります。

  1. ドコモユーザーの方
  2. 光電話やテレビサービスを利用する方
  3. dポイントを貯めたい方

以上がドコモ光向きの方に当てはまる点となります。もちろん、これ以外にも先ほど述べた、プロバイダにこだわりがある方についてもこちらに入ります。

一体どういうことなのかについて説明していきましょう。

 

ポイント① ドコモユーザーはスマホセット割が使える

 

ドコモユーザー最大のポイントと言えば、スマホのセット割が利用できるという点でしょう。これは楽天ひかりには存在しない割引となっています。

ドコモユーザーであれば、月々のスマホ料金が1台につき最大1,000円割引となります。

 

これは、ドコモユーザーの家族だけでなく、三親等内の最大20回線とも連動できるのもうれしい特典ですね。ファミリー割を受けることで、親族一同のスマホ代がお得になります。

ちなみに、セット割の料金は以下の通りとなります。

 

プラン割引料金
ギガホ-1,000円
ギガライト(~7GB)-1,000円
ギガライト(~5GB)-1,000円
ギガライト(~3GB)-500円
ギガライト(~1GB)-

ポイント② 光電話・テレビサービスを利用したい

 

ドコモ光では、光回線を利用した光電話やテレビオプションサービスが充実しています。逆に、楽天ひかりにはそういったサービスは一切ありません

今現時点で、固定電話を利用している方や、スカパー!などの映像サービスの利用を検討しているのであれば、ドコモ光にて申し込みましょう。

 

ちなみに、ドコモ光で加入できる映像サービスは以下の通りです。

 

映像サービス月額料金
スカパー!2,940円~4,902円
DAZN for docomo980円(ドコモユーザーの場合)
ひかりTV for docomo750円
ドコモ光テレビオプション2,500円

 

スカパー!は視聴するチャンネル数に応じて料金が変動します。なので、基本料金1,140円(ドコモ光テレビオプション750円+スカパー!使用料390円)を土台として、1,800円~3,762円までの料金が上乗せすることになります。

 

ポイント③ dポイントを貯めたい

 

キャッシュレス化によって、様々なショップで利用可能となったdポイント。ドコモ光を契約することで、効率よくdポイントを貯めることができます

特に、契約更新月に手に入れることができる、「更新ありがとうポイント」では、2年更新の度に3,000ポイントがプレゼントされるのです。

 

その他にも、お子さんがいらっしゃるのであれば、子育て応援プログラムに加入することができ、お子さんの誕生月に3,000ポイントプレゼントされます。その他にも、様々なキャンペーンに応募することで、定期的にdポイントを受け取ることができるのです。

受け取ったポイントは、携帯電話料金の支払いや、通常のショッピングなど、様々な場所で利用できるので、dポイントを貯めたいという方は必見ですね。

 

楽天ひかり向きなのはあなた

 

続いて、楽天ひかり向きな方はどういった方であるかについて紹介していきます。

  1. 楽天ポイントを貯めたい

この1点だけとなります。どういうことかというと、楽天ひかりにするメリットは限りなく0に近いということですね。

光回線がどうこうというよりも、楽天カードを利用しているのかどうかがだけがポイント。

 

では、具体的な詳細について解説していきましょう。

 

ポイント① 楽天ポイントが毎月200ポイントもらえる

 

楽天カードの利用者はかなりの数に上っており、キャッシュレス化が進んでいる昨今ではさらに増加していますね。

その中で特に重要視されているのが「楽天ポイント」をどう貯めるのかということでしょう。

 

月々の固定費を楽天カードで払ったり、楽天市場で買い物したりと、様々な方法でポイントを貯めています。しかし、楽天ひかりを契約すれば、毎月自動で200ポイント入ってきます。

200ポイントと言うと、100円=1ポイントなので、20,000円分の支払いに相当するポイントですよね。しかも毎月なので、年間で言うと2,400ポイントたまります。

 

もしも楽天カードでコツコツとポイントを稼いでいるというのであれば、楽天ひかりにしてもいいのかもしれませんね。

 

ドコモ光と楽天ひかりの乗り換え方法

 

ここまでお話ししてきた中で、現在楽天ひかりだけどドコモ光に乗り換えようと思った、もしくはその逆を考えているというあなたのために、乗り換える方法についてお話ししていきます。

ただ、両社とも「光コラボレーション」ということもあり、事業者変更での乗り換えをするとお得です。

 

事業者変更とは、2019年7月に開始された方法で、同じ光回線を利用していれば、工事費用無料にて乗り換えできるようになりました。

事業者変更は次のメリットがあります。

  • 工事費用無料
  • 工事が必要ない
  • ネットが利用できない期間が無い

なので、全く別の光回線事業者に変更するよりも、同回線を利用し続けた方が圧倒的にお得と言うことになります。

では、具体的な乗り換え方法についてお伝えしていきましょう。

 

乗換手順① 事業者変更承諾番号の発行

 

こちらも新しく開始された制度なのですが、ドコモ光から楽天ひかり、楽天ひかりからドコモ光へと乗り換える場合は、現在利用している光回線の事業者から、事業者変更承諾番号というものを発行してもらう必要があります。

発行できる窓口は以下の通りとなります。

 

現在利用している光回線受付先
ドコモ光
  • ドコモの携帯電話からの場合
    151
  • 一般電話などからの場合
    0120-800-000

(受付時間9:00~20:00)

楽天ひかり0800-600-0111
(受付時間9:00~21:00)

 

これらの電話は、サービス契約中にしましょう。

手順② 光回線を申込む

 

事業者変更承諾番号を受け取ったら、あとは契約したい光回線に申し込みましょう。

その際に、通常の窓口で申し込むよりもお得な方法があるので、そちらについて紹介しておきます。

 

お得な窓口① ドコモ光 GMOとくとくBB

 

ドコモ光の窓口は、GMOとくとくBBが最もお得。ドコモ光全24社のプロバイダでも圧倒的人気を誇っており、通信速度が最も安定しているプロバイダとなります。

実施しているキャンペーンも魅力的で、

  • 月額料金が安いタイプA
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応プロバイダ
  • 最新型Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフトが12か月間無料

といった特典が目白押し。しかも、この特典とは別に、ドコモ公式キャンペーンであるdポイント最大20,000ポイントキャッシュバックと工事費用無料キャンペーンも同時に受け取ることができます。

 

お得な窓口② 楽天ひかり 株式会社NEXT

 

楽天ひかりのおすすめ窓口は、株式会社NEXTからの申込となります。数ある正規代理店の中でも高待遇のキャッシュバックを受け取ることができるのが特徴。

と言うのも、楽天ひかりの契約のみで15,000円のキャッシュバックを受け取ることができるからです。他の有料オプションに加入させられることが無いのはうれしいですね。

 

特典も最短2カ月で受け取ることができるので、もらい損ねることなく受け取れます。

 

手順③ 確認の連絡

 

申込完了をすると、楽天ひかりもしくはドコモ光から申込内容の確認連絡があります。

これは、登録した電話番号に入るため、着信拒否をしないように注意しましょう。ここで何かを売りつけられるようなことはないので、安心して受け答えしてください。

また、申込内容に変更がある場合なども相談するといいでしょう。

 

手順④ 利用開始

 

ここまでくると利用開始となります。もちろん、事業者の変更まで2週間ほどかかるので、すぐに光回線が取って代わることはありません。

ただ、一定の期間が過ぎれば、自動的に片方の光回線が解約され、申し込んだ光回線の利用が開始されます。なので、途中でインターネットがつながらないという期間がないのがうれしいポイントといえます。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光と楽天ひかりの違いと、どういった方にとっておすすめなのかについてまとめてみました。

ドコモ光を契約する方がメリットが多いように感じるかもしれませんが、月額料金を考えると楽天ひかりも捨てたものではありませんからね。

 

要は、どちらのメリットの方が、今現在のあなたに響くのかという点に他なりません。あなたの考える、最もメリットのある光回線を選んでください。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.