ドコモ光

ドコモ光とソフトバンク光はどっちが得なの!?徹底検証してみました

更新日:

ドコモ光 ソフトバンク光

光回線が普及してきている現在。各光回線業者はしのぎを削って競い合っています。その中でも、ドコモ光とソフトバンク光は、知らない人がいないほどのトップ回線となっていますよね。

この両者は、互いに数々のキャンペーンを打ち出している訳ですが、このキャンペーンが曲者。というのも、キャンペーンの魅力だけに取りつかれて契約したばかりに、後々後悔することも多いからです。

 

そこで今回は、今からどの光回線を利用しようか迷っているあなたのために、ドコモ光とソフトバンク光を徹底比較してみました。

契約してから後悔する前に、先に情報を仕入れてからどちらにするのか考えてみましょう。

 

ドコモ光とソフトバンク光は「フレッツ光」と同一回線

一番初めに暴露してしまいますが、ドコモ光とソフトバンク光の光回線は全く同じものを使っています。

というのも、この両者は「フレッツ光」との光コラボレーションに属しており、ともにフレッツ光と同じ回線となっているからです。

 

なので、どちらを契約しても、通信速度が変わるわけでもなく、フレッツ光からの転用すると工事費用は無料となるのも同じ。どちらの回線が優れているということはありません。

では、一体何を比較して契約する光回線を決めればいいのでしょうか。

 

携帯キャリアによって光回線を決める

 

両者の違いは多々あれど、同じなのがどちらも携帯電話を取り扱っている会社の光回線であるということ。

つまり、あなたがドコモユーザーであればドコモ光、ソフトバンクユーザーであればソフトバンク光を利用すべきなのです。

 

と言うのも、同一事業者で契約することにより、携帯料金が割引されるプランが充実しているからです。それを知らず、表面上のキャッシュバックキャンペーンに踊らされる方も少なくありません。

もしも、現段階でドコモユーザーなのにソフトバンク光を契約してしまっているあなた。

 

安心してください。実はフレッツ光とコラボしている光回線同士の乗り換えは、工事費用が掛からないという制度が2019年7月より始まりました。

なので、違う光回線を契約して後悔しているあなたも、今なら工事費用無料で乗り換えすることができます。

 

光コラボから光コラボへの転用には工事費用がかかりません。つまり、ソフトバンク光からドコモ光の乗り換えは工事費用が無料。後悔しているのなら今が乗り換えのチャンス。

新規工事費用はいかほど?

 

もしも今から光回線を申し込もうとすると、いくらの工事費用がかかるのかについて、両社を比較してみました。

大まかな値段は変わりませんが、若干の違いは出てきているようですね。

 

ドコモ光ソフトバンク光
戸建て18,000円24,000円
マンション15,000円24,000円
既に光回線が引いてある場合7,600円9,600円
無派遣工事2,000円2,000円

 

初期費用を比べてみると、ソフトバンク光のほうが若干高いようですが、ほとんど大差はないようですね。これは、他の光回線でも同様なので、大体15,000円以上はかかると見積もっておくといいかもしれませんね。

ちなみに無派遣工事とは、販売会社から担当者が来なくともいいような場合のことを指します。既に光回線があり、さらにLANケーブルさえ挿せば接続が完了するような場合は無派遣工事となります。

 

ズバリ、ドコモ光とソフトバンク光はどっちがお得?

 

さて、ここからが本番となってきました。実際に双方を比較して、どちらの光回線がお得なのかを徹底的に検証していきます。

今回検証するテーマはこちらとなります。

  1. スマホとのセット割後の料金
  2. キャンペーン内容の比較
  3. 光電話の料金を比較

この3本勝負で行かせていただきます。途中で表などを利用して分かりやすく解説するので、あなたの目で実際に確かめてみましょう。

 

勝負① スマホとのセット割で比較

 

はっきり言ってここが最も気になる点ではないでしょうか。やはり、せっかく携帯キャリアとおなじ光回線を利用するのであれば、より安くなる業者を選びたくなりますからね。

もちろん、あなたの利用状況によって金額は異なりますが、ここでは平均的な家庭についての比較をしていきます。

 

各光回線の月額基本料金

 

まずは光回線単体の月額料金の比較表からいってみましょう。

こちらは2年定期契約の場合です。比較してみると、両社とも月額料金に大きな差はありません。むしろ同じ金額で利用することができます。

 

光回線戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
ドコモ光(タイプA)5,200円3,800円
ドコモ光(タイプB)5,400円4,000円

 

ドコモ光のタイプAとタイプBの違いは、契約するプロバイダによって変わります。このことは後で詳しく解説しますので、ここでは月額料金の比較だけを見ておきましょう。

では、この同一料金のものが、セット割となるとどのくらいお得になるのか見てみましょう。

 

スマホとのセット割

 

いよいよお待ちかねの比較表がやってきました。ドコモ光とソフトバンク光、どちらの方がよりお得にスマホの利用ができるのでしょうか。

まずはドコモ光のセット割から見ていきましょう。

 

ドコモ光のセット割

ドコモ光の特徴として挙げられるのが以下の点

  1. 「ファミリー割引」で離れている家族でも最大20回線まで割引が適用される
  2. 「ギガホ」及び「ギガライト(1GB以上)」で永年最大1,000円割引
  3. 「カケホーダイ&パケあえる」で最大3,500円割引

ドコモでは、2019年より新しい料金体制となりました。なので、まだ新料金プランに変更していないという方も多いはず。

 

なお、「カケホーダイ&パケあえる」は新規受付を終了しており、現段階で契約している方のみの対応となっています。なので、今からドコモを契約する方はもれなく最大1,000円引きとなっています。

今回は、新プランをベースに比較するので、どういったものなのかを表にしておきます。

 

≪新プラン≫

プラン割引料金
ギガホ-1,000円
ギガライト(~7GB)-1,000円
ギガライト(~5GB)-1,000円
ギガライト(~3GB)-500円
ギガライト(~1GB)-

ソフトバンク光のセット割

では、ソフトバンク光はどのような割引パックとなっているのでしょうか。

実は、ソフトバンク光でも、永年毎月1,000円の割引がされています。しかも、ドコモ光と同じように、最大20回線まで割引対象となっています。

 

対象料金サービス割引金額
データプラン50GB+/データプランミニ1,000円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター1,000円
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

 

ここで1つだけ注意点があります。それは、この割引対象サービスのうちデータプラン50GB+/データプランミニ以外のサービスは受付が終了しているということです。もちろん、今現時点で契約しているのであれば大丈夫ですが、今後の受付はありません。

といっても、最大1,000円割引ということに変わりはなく、セット割の最大メリットを受け取ることができるという点に違いはありません。

 

ただし、もう一点だけ注意すべき点があります。それは、割引料金にしたいのでれば、月額500円の追加プランに加入しなければならないということ。

追加オプションというのは、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「固定電話サービス」の3つ。ソフトバンク光では、この「おうち割」の対象とならなければ、スマホとのセット割を受け取ることができません。

つまり、それを考えると、月々実質500円の割引にしかならないということになります。これを不便と感じるか、必要経費と感じるかはあなた次第となります。

 

ドコモ光とソフトバンク光の月額料金比較

 

最終的にドコモ光とソフトバンク光のセット割引料金はこのようになります。ちなみに、単身で毎月7GBを利用する場合です。

 

家族ドコモ光(タイプA)ドコモ光(タイプB)ソフトバンク光
基本料金(戸建)5,200円5,400円5,200円
オプション料金--500円
7GBのデータパック5,980円(ギガライト2年定期)5,980円(左記同様)7,480円(ミニモンスター)
スマホセット割-1,000円-1,000円-1,000円
合計10,180円10,380円12,180円

 

上記の表だけ見ると分かるように、全く同じデータ通信料であれば、ドコモ光の方がソフトバンク光よりも最大2,000円も安くなります。

これは、1年間でみると年間24,000円の差となり、2年間でさらに倍の48,000円もの差を生むことになります。もちろん、年月を重ねるほど差はどんどん開いていきます。

 

ここまで見ていると、なんだかドコモ光を贔屓しているように感じるかもしれません。しかし、実際の月額料金を比べても、ドコモ光の方がソフトバンク光よりも安いのです。

 

データ通信量ドコモ光(ギガホ・ギガライト)ソフトバンク光(ミニモンスター)
7GB以上6,980円6,480円
~7GB5,980円6,480円
~5GB4,980円5,480円
~3GB3,980円5,480円
~2GB3,980円3,980円
~1GB2,980円1,980円

 

これを見ると、月に3~7GBを利用しているという方は、ドコモ光を申し込むべきであり、それ以外ではソフトバンク光がお得と言うことになります。

ただし、ソフトバンク光では、月額500円を支払わなければスマホセット割を受けることができません。なので、3~7GB以外であっても結果としてドコモ光でスマホ割を行った金額と同じになります。

 

このスマホセット割はドコモ光に軍配が上がったと言えるでしょう。

 

勝負② キャンペーン内容の比較

 

続いては、2020年1月現在行われているキャンペーン内容についての比較となります。一言でキャンペーンと言っても、公式キャンペーンや家電量販店でのキャンペーンなど、様々なものがあります。

今回は、両社の公平性を図る為、公式でのみ行われているキャンペーンに焦点を当てていきます。

 

実はこれ、はっきりいって勝負になりませんでした。なので、さくっと比較表にしてまとめました。

 

ドコモ光ソフトバンク光
キャンペーン
  • 工事費用無料キャンペーン
  • 最大20,000ポイントプレゼント
他社乗り換えの違約金を全額還元

 

あくまでもこれは公式キャンペーンなので、店頭やネット代理店からの申込によれば、まだまだお得な情報はたくさんあることでしょう。

しかし、ドコモ光では、公式キャンペーンとプロバイダ独自のキャンペーンを併用することもできるので、断然ドコモ光の方が契約するとお得に感じてしまいます。

 

ここまで見ると、ドコモ光は料金面においてもサービス面においても優勢に立っていますね。

では、最後の勝負は一体どうなるでしょうか。

 

勝負③ 光電話の料金

 

そもそも光電話とは、今までの固定電話とは異なり、光回線で通話をするサービスの事。固定電話と比べて、通話料金が格段に安くなったことで、多くの方が光電話に切り替えています。

そして、その料金設定は、光電話会社によって決められており、当然のことながらドコモ光とソフトバンク光の通話料金には差があります。

 

ただ、最近では家に固定電話を置くような家庭も少なくなってきたように感じます。しかし、緊急時の対策やマイホームを持った際に開通させることがあるので、まだまだ重要な要素ではありますね。

さて、本題に入りますが、一体どちらがどれほど安いのでしょうか。まとめた表を記載しておきます。

 

基本使用料初期費用(光回線と同時契約時)通信料金(全国)
ドコモ光電話500円1,000円~3,000円8.0円/3分
ソフトバンクおうちでんわ500円2,000円7.99円/3分

 

このように、電話プランに関してはほとんど差がありません。強いて言うなれば、ソフトバンクのほうが若干安くなっているかなといった程度でしょう。

ただ、白黒つけるというのであれば、ソフトバンクに軍配が上がりそうですね。

 

ドコモ光の方がソフトバンク光よりお得

 

ということで、これまでの3本勝負を見てみると以下のような結果となりました。

 

ドコモ光ソフトバンク光
スマホセット割対決勝利敗北
キャンペーン対決勝利敗北
光電話対決敗北勝利

 

この結果から見ても分かるように、ドコモ光はソフトバンク光よりも優れている点が多く見受けられました。

毎月の使用料金を押えたいという方にとって、ドコモ光は最も家計を手助けしてくれるパートナーと言えるでしょう。

 

ソフトバンク光からドコモ光へと乗り換える方法

 

ではソフトバンク光からドコモ光へと乗り換える方法についてお伝えしておきます。手順としては以下の通り。

  1. ソフトバンクの契約更新月か調べる
  2. ソフトバンク光から事業者変更承認番号をもらう
  3. ドコモ光に申し込む
  4. 切り替え時期を決める
  5. ソフトバンクのBBユニットを返還する
  6. ドコモ光のルーターを設置する

以上でソフトバンク光をドコモ光へと変更することができます。なんだか手順が多そうだと思うかもしれませんが、やってみると案外スムーズにできるようになっています。

より具体的にお伝えしていきましょう。

 

手順① ソフトバンク光の契約更新月かどうか調べる

 

契約更新月とは、契約期間満了月から翌月及び翌々月までのことを指します。この期間中に解約することで、通常かかってしまう解約金をほとんど払うことなくソフトバンク光を解約することができるのです。

といっても、普段から調べていない限り契約更新月かどうかは分からないでしょう。なので、ソフトバンク光では、マイソフトバンクもしくはソフトバンクショップにて調べることができます。

 

手順② 事業者変更承認番号をもらう

 

これは近年新しく導入された制度となります。今まではソフトバンク光解約からのドコモ光契約と言う流れとなっていました。しかし、今後はソフトバンク光のサポートセンターに電話して、事業者変更承認番号なるものをもらわないといけんなくなりました。

そして、変更先の事業者、今回であればドコモ光にその番号を伝えなければ、回線の変更ができません。

 

ただサポートセンターに電話を掛けるだけでいいので、面倒くさがらずに承認番号を教えてもらいましょう。

ちなみに、ソフトバンク光のサポートセンターは以下の番号から繋がります。

 

ソフトバンク光サポートセンター186-0800-111-2009

(営業時間10:00~19:00)

 

手順③ ドコモ光に申し込む

 

ここまできたらやっとドコモ光に申し込むことができます。この際に、先ほどもらった事業者変更承認番号が必要となるので、絶対に無くさないようにしましょう。

また、ドコモ光の申込は、ドコモユーザーであればインターネットページから申し込むことで、最大20,000円キャッシュバックキャンペーンなどを受け取ることができます。

 

手順④ 切り替え時期を決める

 

今まで利用していたソフトバンク光をドコモ光へと移行する際には、1~2週間ほどのタイムラグが生じます。ただ、光回線の工事を新たに行わなくてもいいので、工事費用はかかることはありません。

また、担当者があなたの家に来ることもないので、回線の切り替えもスムーズにおこなうことができるのです。

 

手順⑤ ソフトバンク光のBBユニットを返還する

 

実は良く忘れてしまうのが、BBユニットの返還作業。

光回線を解約すると、今まで使用していたルーターやモデムを返還しなければならなくなることもあるので、その点は注意しましょう。

 

もし万が一、BBユニットが紛失してしまっていたり、破損してしまっていたら、今までの料金とは別に違約金が発生してしまいます。貸し出されるルーターは高価なものも多いので、あまり雑に扱わないようにしましょう。

 

手順⑥ ドコモ光のルーターを設置する

 

ドコモ光のルーターは、契約するプロバイダによっても異なるばかりか、気に入らなければ自分で購入することもできます。なので、ルーター選びは非常に重要なものとなります。

もしも、使用している機器に合わなかったり、なかなかインターネットに繋がらなかったりしたら大変ですからね。初めから良いルーターを選ぶようにしておくと、後々失敗したということにはならないはず。

 

ちなみに当サイトでは、通信速度が業界トップクラスのGMOとくとくBBをお勧めしています。

最大20,000円のキャッシュバックしかり、最新型のWi-Fiルーターしかり、あらゆる特典を受けることができるのです。

 

ドコモ光でおすすめのプロバイダはこれだ

 

ここではドコモ光を契約するにあたって、最もおすすめできるプロバイダについてまとめてみました。ドコモ光を契約した後に、快適なインターネット環境を作るためにもお役立てください。

ドコモ光のプロバイダは全部で24社も存在しており、その中の1社を何のガイドもなく選ぶというのは不可能に近いですからね。

そこでここでは、以下の点に焦点を当てたうえで、最高のプロバイダをいくつか紹介しておきます。最後にはその中でも特に優秀なプロバイダを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ドコモ光のプロバイダはここをチェック

 

ドコモ光全24社のプロバイダの中で1しゃを選ぶために必要なポイントは以下の5つあります。

  1. 月額料金が安いタイプA
  2. キャッシュバックキャンペーンがある
  3. v6プラス対応である
  4. 最新のWi-Fiルーターが無料レンタルできる
  5. セキュリティソフトが無料

と、このようなポイントを考えて、プロバイダを1つ1つ見ていくことが重要となってきます。

とは言ったものの、今からそのすべてを見て回るのは大変なので、人気プロバイダとして有名な4社を比較した表を作成しました。もちろん、1つ1つの項目に重点を当てているので、一気に見てやってください。

 

プロバイダキャッシュバック料金タイプwi-fiルーターv6プラス対応無料セキュリティ
 

GMOとくとくBB

最大20,000円

最大10,000dpt

A12か月間無料

plala

最大15,000円

最大10,000dpt

A24か月間無料

@nifty

最大20,000円

最大10,000dpt

A12か月間無料

DTI

最大15,000円

最大10,000dpt

A12か月無料間

 

これだけを見ると、ほとんどすべてのプロバイダが同じ内容のキャンペーンを行っていることがわかりますね。もちろん、細かく見ていくと1つ1つの内容は異なってくるのですが、ざっくり見てしまうと違いはありません。

しかし、実はこの些細な違いというのが、この4社のプロバイダの明暗をくっきりと分けているのです。それは、無料でレンタルできるWi-Fiルーターの種類という点に表れています。

 

では、具体的にルーターについての比較をして、まとめに入りましょう。

無料WI-Fiルーターの比較

 

ということで、まとめた表がこちらとなります。はっきりといいプロバイダがわかるのではないでしょうか。

 

プロバイダルーターの種類市場価格速度(最大)

GMOとくとくBB

WXR-1750DHP2

(BUFFALO)

11,480円1733Mbps
Aterm WG2600HS

(NEC)

10,780円1733Mbps
WRC-2533GST2

(ELECOM)

12,680円1733Mbps

plala

WN-PL1167EX01

(IODATA)

5,980円867 Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H

(ELECOM)

8,970円867Mbps

DTI

WRC-1167GST2

(ELECOM)

8,970円867Mbps

 

ここでわかることは、「GMOとくとくBB」が圧倒的な威力を誇っているということですね。もちろん、そのほかのルーターも最大867Mbpsと決して遅くはないのですが、最大1733Mbpsが圧倒的すぎますね。

ただ、この数値にも意味があります。というのも、ドコモ光の最大速度は1Gbpsということになっており、そこを十二分に発揮してくれるのは1Gbps=1000Mbpsを超えるようなルーターなのです。

 

もちろん、ドコモ光の1Gbpsというのは「ベストエフォート型」であり、努力値なのですが、そこまで届くような通信速度を安定して出すことができるという点は、今後のインターネット生活に大きな意味を与えてくれます。

そして、このキャンペーンを受けることができるのは、「GMOとくとくBB」の専用フォームだけなのです。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光とソフトバンク光の比較を徹底調査してみました。あらゆるところで比較検討される両社ですが、大手通信会社提供とあり、様々な特典が付くのはおとくですよね。

しかし、使用しているスマホキャリアに合わせることにより、全く違う光回線を利用する以上のメリットを受け取ることができるのです。ここでの検証結果では、ドコモ光の方が優勢だと伝えましたが、今後キャンペーンがいくつも出てくれば、情勢も変わってくるでしょう。

 

あなたが本当にお得だと感じる方法で、光回線を楽しんでいただけるとうれしいです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.