ドコモ光

ドコモ光とSo-net光の違いを徹底調査!!ドコモ光に乗り換える方法とは?

更新日:

ドコモ光 So-net光 違い

回線契約者数No.1のドコモ光。圧倒的人気を誇っている光回線サービスですが、その業界には様々な競合他社があります。

今回紹介するSo-net光もその一つで、どちらが使いやすい光回線なのか悩んでしまいますよね。選択肢が多くなりすぎるのもまた迷惑な話なのですが。そこで今回は、ドコモ光とSo-net光の違いについて徹底検証するとともに、ドコモ光への乗り換え方法についてもお伝えしていきます。

 

ちなみに、ドコモのスマホユーザーであれば、迷うことなくドコモ光を選ぶべきです。と言うのも、ドコモ光を契約すると、ドコモのスマホセット割を受けることができ、月額最大1,000円割引の特典がもらえるからです。

この記事はこんなあなたにおすすめ

  • ドコモ光とSo-net光の違いについて詳しく知りたい
  • お得な申込方法があれば教えてほしい

 

ドコモ光とSo-net光の基本情報

 

そもそも、ドコモ光とSo-net光の提供元についてお伝えしておきましょう。提供元を知ることで、今後のサービス対応についてもうかがい知ることができるからです。また、ドコモ光は別として、So-net光の提供元が不明だという方も少なからずいらっしゃることでしょうからね。

提供元は表として記載しました。

 

光回線サービス提供元
ドコモ光NTTドコモ株式会社
So-net光ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ドコモ光の提供元は「NTTドコモ株式会社」となります。もはや説明する必要もないでしょう。ドコモユーザーであれば、ドコモ光を契約することにより、スマホとのセット割を受けることができます。

また、S0-net光の提供元は「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」つまりあの有名なソニーとなります。ソニーではスマホの販売は行っていないのですが、代わりにauのスマホセット割を受けることができます。

 

後からも説明しますが、So-net光では「auスマートバリュー」に加入することで最大1,000円のスマホセット割を受けることができます。このように、両社ともに確かな提供元となっているため、契約後のサポートを心配する必要はありません。

 

ドコモ光もSo-net光も同一回線

 

ドコモ光とSo-net光は「光コラボレーション」の光回線サービスとなります。

光コラボレーションとは、NTT東日本もしくはNTT西日本にて提供されている光回線を利用しているサービスのこと。

 

なので、通信速度や提供エリアはどちらも同じであり、最大通信速度も1Gbpsと同じ速度になっています。しかも、2019年7月より開始された「事業者変更」により、「光コラボレーション」間であれば、工事費用無料で転用することができます。

なので、So-net光からドコモ光、ドコモ光からSo-net光に乗り換えるのであれば、今がチャンスだということです。

 

ドコモ光とSo-net光の違い

 

違い① 月額料金

戸建てマンション
ドコモ光5,200円4,000円
So-net光3,980円2,980円

 

この表を見ると、So-net光の方がドコモ光よりも圧倒的に月額料金が安いことがわかります。しかも、So-net光ではこの料金が3年間ずっと続くというのだから驚きですね。

逆に、ドコモ光の月額料金は月額料金に関するキャンペーンを行っていないので、料金面に関しては不利と言わざるを得ませんね。

 

ただし、So-net光では4年目以降に月額料金が2,000円弱上がるので、ずっと長く利用し続けたいというのであれば、ドコモ光がおすすめですね。

ちなみに、基本料金とは別に、初期費用として工事費用や事務手数料を支払う必要があるので、そちらについてもまとめておきます。

 

初期費用比較

 

住居タイプ工事費用事務手数料
ドコモ光戸建て18,000円3,000円
マンション15,000円
So-net光戸建て24,000円
マンション

 

両社にかかる初期費用はこのようになっています。

ドコモ光の方が工事費用が安くなりお得ですね。同じ戸建てタイプだと、6,000円の差が生まれています。ただ、この点を考慮しても、月額料金が1,000円以上違う為、総費用はドコモ光の方が上ですね。

 

とは言え、現在ドコモ光では工事費用無料キャンペーンが、So-net光では工事費用実質無料キャンペーンが開催されています。なので、2020年2月の時点で申し込まれた場合には、工事費用は無料となります。

結果として、かかる初期費用は手数料の3,000円のみということですね。

 

念の為補足しておきますが、ドコモ光の工事費用は無料ですが、So-net光の工事費用は月額料金から値引きされるという、実質無料となっています。

なので、全額支払う前に解約すると、残債を支払わなければならないので注意しましょう。

 

違い② セット割

 

忘れてはいけないのが、スマホとのセット割。両社ともセット割が適用できるので、スマホキャリアと同じ回線を選ぶとお得になります。

なので、ドコモのスマホを利用していればドコモ光、auのスマホを利用しているのであればSo-net光がおすすめです。

 

月々最大1,000円の割引を受けられるほか、家族割で自分以外の家族のスマホも最大1,000円割引されます。

ただし、ドコモ光はドコモのスマホを持っているだけで適用されるのに対し、So-net光はauスマートバリューに加入していないと割引の適用はされません。

 

なので、今現在auユーザーではなく、新たにauスマートバリューに加入しなければならないのであれば、あまりおすすめはできません。

 

違い③ プロバイダ

 

ドコモ光とSo-net光には、利用できるプロバイダに大きな差があります。

ちなみにプロバイダとは、インターネットとパソコンなどの端末を繋ぐ中継業者のこと。プロバイダの優劣によって、インターネット環境が変わってくるので、慎重に選びましょう。

 

光回線プロバイダ一覧
ドコモ光plala・ドコモnet・GMOとくとくBB・@nifty・DTI・BIGLOBE・andline・hi-ho・Tigers-net.com・SIS・エディオンネット・ic-net・excite・SYNAPSE・楽天ブロードバンド・TikiTiki・01光コアラ・@ネスク・SIS・@TCOM・OCN・TNC・Asahi Net・WAKWAK・@ちゃんぷるネット
So-net光So-net

 

プロバイダの数は、ドコモ光が24社に対し、So-net光はたったの1社。これがどうということはありませんが、プロバイダによって得意な地域とそうでない地域が存在します。

なので、豊富なプロバイダを選ぶことができた方が、後々インターネットの通信速度が安定しなかった場合の保険になります。

 

もちろん、これだけ多くのプロバイダから1社を選ぶのは面倒かも知れません。しかし、プロバイダによっては、GMOとくとくBBのように、最大20,000円キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルなどの特典がもらえます。

 

違い④ キャンペーン

 

光回線サービスと言えば、どういったキャンペーンをおこなっているのかも重要なポイントとなってきますね。

So-net光の場合はプロバイダによる特典はあまりありませんが、ドコモ光の場合は選ぶプロバイダによって特典が変わってきます。

 

なので今回は、最も人気の高いGMOとくとくBBで比較してみました。

 

光回線キャンペーン一覧
ドコモ光(GMOとくとくBB契約時)(公式キャンペーン)

  • 工事費用無料キャンペーン
  • 最大20,000dポイントプレゼント(新規・乗換契約 20,000ポイント/転用 5,000dポイント)

(GMOとくとくBB限定)

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 最大5,000dポイントプレゼント
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティソフト12か月間無料
So-net光(公式キャンペーン)

  • 月額基本料2,000円割引
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティソフト12か月無料
  • 光電話が12か月500円割引

 

まず、ドコモ光ではキャッシュバックキャンペーンが充実しているのがうかがえますね。

他社からの乗り換えや新規工事と言った場合は、何かと初期費用がかかっていまいます。しかし、ドコモ光を契約することで、それらをカバーするためのキャッシュバックを受けることができるので、気軽に新規契約を結べます。

 

ただし、月額料金に対する割引はなく、契約後は契約更新時にもらえる「更新ありがとうポイント3,000ポイント」くらいのキャンペーンしかありません。

なので、月額料金をとにかく安く済ませたいのであれば、So-net光がおすすめですね。

 

So-net光は、月額2,000円割引と言う、競合他社と比較して格段に安い月額料金にて利用することができます。

ただし、こちらはキャッシュバックキャンペーンを行っていないため、初期費用は全額負担しなければなりません。しかも、スマホセット割を受けるためにauスマートバリューに加入する必要があるので割引を受けるのは大変です。

 

違い⑤ 速度

 

ドコモ光とSo-net光の光回線は、共にNTT回線を利用しているため、最大1Gbpsで同じ速度がでます。

どちらもネット上で口コミを探してみましたが、お互いに十分満足な速度が出ていることが分かりました。

 

≪ドコモ光≫

≪So-net光≫

 

ただし、これらはあくまでも環境に合ったプロバイダを選んだ場合の話。残念ながら、ネット上には両社ともに「速度が遅いから解約した」、もしくは「プロバイダを入れ替えた」という口コミもチラホラ見受けられました。

と言うのも、プロバイダによって得意な地域とそうでない地域があるようで、場所によって速度が出るプロバイダが違ってくるからです。

 

なので、プロバイダ数の多いドコモ光はまだしも、プロバイダが1社のみというS0-net光では、速度が出ないという状況になった場合、解約するか我慢するかの2択しかないのは気がかりですね。

 

違い⑤ 契約期間

 

光回線契約期間
ドコモ光
  • 2年間定期契約
  • 契約期間なし
So-net光36か月契約のみ

 

ドコモ光とSo-net光は契約期間が大幅に違います。

定期的に転勤する方や、光回線の見直しがしたいという方はドコモ光がおすすめ。対して、そこまで定期的に回線を入れ替えないのであればSo-net光でいいでしょう。

 

ドコモ光は定期契約なしも選択できますが、月額料金が1,000円上がるので注意しましょう。

 

違い⑥ 解約金

 

光回線解約金
ドコモ光20,000円
So-net光戸建て 13,000円

マンション 8,000円

 

両社とも、契約期間内の解約であれば解約金を支払う必要があります。

この際、工事費用の分割払いの残債が残っていれば、それも一緒に精算する必要があります。なので、契約期間には注意して解約するかどうかを決めましょう。

 

もっとも、契約期間満了の翌月もしくは翌々月の契約更新日での解約であれば、解約金はかかりません。その際は、契約した光回線の窓口に電話して、契約更新日かどうかを確かめておきましょう。

ここまでが両社の違いについてのまとめでした。

 

ここまでの話を通して、あなたにおすすめなのはドコモ光なのか、はたまたSo-net光なのかについて判断してもらいましょう。

 

ドコモ光がおすすめな人

 

まずは、ドコモ光がおすすめなのはこのような方です。

  • ドコモユーザー
  • キャッシュバック特典に魅力を感じている
  • プロバイダを選びたい
  • 短期間の契約でいい

やはり、ドコモユーザーであれば、スマホのセット割を受けることができるのでおすすめです。最大1,000円割引はもちろんのこと、三等身内の親族も最大20回線までならドコモのスマホセット割を受けることができます。

 

また、豊富なキャッシュバック特典を受け取れるということもあり、初期費用にあまりお金をかけたくないという方にうってつけのキャンペーンと言えるでしょう。

全24社から選べるプロバイダについては、プロバイダが仕掛けている独自キャンペーンも魅力的です。セキュリティで推すプロバイダもあれば、通信速度がおすすめなプロバイダもあります。

 

こういった理由から、ドコモ光はあなたにお勧めと言えるでしょう。

 

So-net光がおすすめな人

 

打って変わって、So-net光がおすすめなのはこのような方です。

  • 月額料金を安く抑えたい
  • auスマートバリューに加入している
  • プロバイダを選ぶのが面倒
  • 36か月の継続利用を考えている

So-net光の最大の特徴と言えば、月額料金がかなり安いということ。月額2,000円割引キャンペーンを行っていることからも分かるように、月々の固定費を押えたいという方にとって魅力的なキャンペーンですね。

 

また、既にauユーザーであり、auスマートバリューに加入しているというのであれば、何も契約しなくともスマホのセット割を受けることができるのでメリットがあると言えます。

もしもauスマートバリューに今から登録するというのであれば、今一度光回線を見直してもいいかもしれません。そのくらい、加入するのは大変な手続きがいるからです。

 

また、プロバイダをいちいち選ぶのが面倒、またはSo-netに決めている方であれば、こちらの方が適しています。

 

 

So-net光からドコモ光への乗り換え

 

総合的に考えると、ドコモ光とSo-net光、それぞれにメリットとデメリットが存在していることが分かります。

なので、今So-net光を利用しているけど、ドコモ光に乗り換えたいと思う方も、もしくはその逆の方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこでここからは、両社間の乗り換えについてお話ししていきます。

ちなみに、2019年7月より始まった「事業者変更」によって、「光コラボレーション」間の転用については工事費用がかからなくなったので、ますます気軽に転用できるようになりました。

 

乗換手順① So-net光の更新月を確認

 

先ほども話したように、光回線を契約期間中に解約すると、解約金が発生してしまいます。これは「事業者変更」においても同様で、工事費がかからないからといっても油断してはいけません。

So-net光は36か月契約なので、満了月の翌月と翌々月である37か月目、38か月目に契約を解約する必要があります。

 

もしも、それ以前にどうしても解約したいというのであれば別ですが、なるべく解約金が発生しないようにする方がお得ですね。

 

乗換手順② 事業者変更承諾番号を発行する

 

こちらも新しくできた制度なのですが、So-net光の電話窓口にて、「事業者変更承諾番号」を受け取らなければなりません。

番号発行には手数料として3,000円かかりますが、これが無いとドコモ光に転用できないので注意しましょう。

 

電話番号はこちらの表に記載しておきます。

 

ソネット光カスタマーセンター0120-45-2522

受付時間 9:00~18:00(1月1日、2日を除く)

 

乗換手順③ ドコモ光に申込み、切替日を決める

 

「事業者変更承諾番号」が発行されたら、続いてはドコモ光に申し込みましょう。申し込みは窓口や電話で行うよりも、このページの下にある、プロバイダの公式ページから申し込んだ方がお得になります。

また、申し込みが終わったら、今度はインターネット回線を、So-net光からドコモ光へ切り替える日にちを設定しておきます。

 

事業者転用の場合は、新たに工事をする必要が無いので、指定した日になれば自動的にSo-net光からドコモ光へと回線が切り替わります。

大抵の場合は1~2週間ほどの猶予を持たせる必要がありますが、インターネットを利用できない期間がないので便利です。

 

乗換手順④ So-net光のレンタル機器を返却

 

意外と忘れがちなのですが、光回線を切り替えた後、今現在使用しているSo-net光の貸出機器を返却しなければなりません。

何を返却しなければならないのかについては、NTTから送られてくる「レンタル機器回収キット」に記載されているので心配いりません。

 

乗換手順⑤ インターネット環境をつくる

 

最後に行うのは、インターネット環境を作るということです。具体的に言うと、Wi-Fiの設置やパソコンの設定などがそれにあたります。

Wi-Fiに関しては、今まで使用していたものではなく、新しく送られてきたものとなります。

 

この際注文すべきなのがGMOの無料Wi-Fiルーター。最新型ルーターを3つの中から選ぶことができます。しかも全てがドコモ光のプロバイダ中で最速を誇ります。

以上で乗り換え手続きは終了しました。

 

文章にするとあっけないですが、実際に乗り換えようと思うと少し戸惑いが生じるかもしれません。ただ、やってみると案外簡単なので、光回線に迷っているのであれば、動き出すことをおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光とSo-net光の違いと、それぞれの乗り換え方法についてまとめました。

同じNTT回線を利用していることから、能力的にはほとんど同じと言えなくもないですが、やはり提供しているプロバイダが違うことにより、サービスにも開きが出てくるのが分かりますね。

 

ここではあえてどちらが優れているということは明言しませんでしたが、あなたの現状をかんがみて、どちらを選ぶべきなのかを考えてみてもいいかもしれませんね。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.