ドコモ光

ドコモ光のキャンペーンを余すとこなく受け取りたい方必見!!

更新日:

ドコモ光 キャンペーン

ドコモ光は、数ある光回線の中でも特に人気のあるサービスです。大手通信会社であるdocomoが提供していることも相まって、初めての光回線として選ぶ方も多いようですね。

店頭に行くと、必ずと言っていいほど、ドコモ光のキャンペーン実施中と書かれた旗を目にするのではないでしょうか。そして、店員さんにも、キャンペーンを口実に営業トークをされた経験のある方も少なくないはず。

 

でも、一旦冷静になって考えてみると、本当に店頭のキャンペーンはお得だったのか気になってしまいますよね。

そんなあなたも安心してください。今回は、ドコモ光のキャンペーンのいいところを全て網羅する方法を伝授いたします。

 

本当にお得なキャンペーンはどうやって受け取ればいいのかについて、徹底調査してみました。

 

ドコモ光公式キャンペーン

 

ドコモ光では、全ての土台となる公式キャンペーンが存在しています。このキャンペーンは、ドコモ光のホームページや窓口での契約を行うことで受け取ることができます。

また、後から説明するプロバイダキャンペーンと併用できるというのも魅力的と言えるでしょう。

 

ちなみに、2020年1月現在で実施されているキャンペーン内容は以下の2つあります。

  1. dポイント20,000ポイントプレゼント(フレッツ光または提携CATVからの切り替えは5,000ポイント)
  2. 基本工事費用が無料

2つのキャンペーンについて、もう少し詳しく説明しておきます。

キャンペーン① 最大20,000ポイントプレゼント

 

ドコモ光では、契約時に最大20,000ポイントのdポイントをプレゼントしてくれるというキャンペーンを行っています。もちろん、契約者全員がもらえるポイントなのですが、転用やケーブルテレビからの乗り換えの場合は5,000ポイントと減額されますので注意。

dポイントとは、言わずと知れたコンビニやネットショッピングなどで利用できるポイントサービスのこと。20,000ポイントと聞くと、20,000円分の買い物券を連想する方も少なくないでしょう。

 

近年は、dポイントを導入しているお店も増えたため、様々な場所で利用できるのも魅力の1つ。マクドナルドやセブンイレブン、amazonなど様々な場所でお買い物できるようになりました。

ただし、このdポイントは用途制限があり、「携帯料金の支払い」や「マイルなど他のポイントへの返還」、「データの追加料金支払い」には利用できないので注意しましょう。

 

キャンペーン② 工事費用が無料

 

工事費用とは、光回線を開通する際に発生する料金のことで、お住まいの建物の種類によって2種類のタイプに分けられます。

タイプ工事費用
戸建て18,000円
マンション15,000円

 

この工事費用が無料となるキャンペーンをドコモ光では2019年9月より行っています。終了日は未定ですが、それにより契約者の負担がかなり減りました。

ただし、無料になるのはあくまでも基本工事料金のみであり、土日祝日の出張料金や、事務手数料3,000円などといったその他の費用は発生するので注意しましょう。

 

キャンペーン③ ドコモのスマホセット割

キャンペーンとして忘れがちなのが、ドコモユーザー限定の「スマホセット割」。ドコモのスマホや携帯電話を利用している方は、最大1,000円の割引を受けることができます。

さらに、ドコモでは2019年9月から「ファミリー割」を行っており、ドコモ光契約者の3親等以内の親族でドコモユーザーがいれば、その全員がセット割の対象者となります。しかも最大20回線なので、離れて暮らす家族にもお得な割引料金を提供することができるのです。

 

もちろん、割引料金を共有しているからといっても、支払いは各家庭で別々にすることができ、料金分担の話合いなどで親族が揉めるということもありません。まさに一族みんなに優しい割引キャンペーンだといえるでしょう。

ちなみに、2019年より始まった新割引プランである、「ギガホ」「ギガライト」は以下のような割引プランとなっています。

 

プラン割引料金
ギガホ1,000円
ギガライト(~7GB)1,000円
ギガライト(~5GB)1,000円
ギガライト(~3GB)500円
ギガライト(~1GB)なし

 

 

ドコモ光のキャンペーンを行っている窓口

 

ドコモ光は、公式キャンペーン以外にも、独自でキャンペーンを行っている窓口が複数存在しています。対面方式の窓口となると、人件費などがかかるため、キャンペーン内容で契約者を掴もうと必死に営業をかけています。

ちなみに、ドコモ光で独自キャンペーンを行っているのは以下4つの窓口となります。

  1. 電話セールス
  2. ドコモ店頭窓口
  3. 家電量販店
  4. プロバイダ公式ホームページ

窓口の中で、「プロバイダ公式ホームページ」というものがありますが、それはドコモ光と提携しているインターネットの仲介会社の専用フォームのことです。ドコモ光は全24社のプロバイダと提携しており、多種多様な独自のキャンペーンを行っているのが特徴。

多くの方は、これら4つの窓口であれば、どこで契約をしても同じようなキャンペーンを受け取ることができると思い込んでいます。しかし、残念ながらそれは全くの間違いです。

 

窓口によるキャンペーンを比較

 

では、先ほど紹介した窓口のキャンペーンを比較してみましょう。これを見さえすれば、このサイトで何を言わんとしているのかがわかってもらえると思います。

具体的に申込窓口、主なキャンペーン内容、申し込む際のメリット・デメリットについてまとめてみました。それぞれについて記載してあることは、口コミや評判等から選別したものであり、内容は変更する場合があります。

 

また、家電量販店やプロバイダ公式ホームページといったような、複数の窓口が存在しているものに関しては、最もお得なキャンペーン内容を記載していますので、参考にしてください。

 

窓口キャンペーンメリットデメリット
電話セールス
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 特になし
  • 1度契約すると営業電話が鳴り響く
ドコモ店頭窓口
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 親切に内容を教えてくれる
  • ショップが売りたい商品を勝手に勧めてくる
  • 場合によっては営業電話が鳴ることもある
家電量販店
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 家電量販店によってはキャッシュバックあり(5,000~10,000円程度)
  • いらない商品を勧めてくることもある
  • キャンペーンは期間限定であり、季節によっては損をする
プロバイダ公式ホームページ
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる
  • セキュリティソフト無料期間あり(1~3年)
  • キャンペーン内容が豊富
  • ネット申込なので押し売りがない
  • 24時間受け付けている
  • 自分でおすすめのプロバイダを調べる必要がある

 

ざっとこのような結果となりましたが、いかがでしょうか。最も、先ほども説明したように、多くの方は知らず知らずのうちにメリットの少ない店頭窓口での契約をしてしまっています。

もちろん、それでも十分なキャンペーンを受けることはできますが、それだけではまだまだ受け取れていない特典が多く残っていることに気が付くでしょう。

そして、ドコモ光の店頭契約についてはこのような口コミも多数見受けられました。

 

「キャンペーンはほとんど公式と同じ内容。口車に乗せられて、人気のないプロバイダへと誘導される危険性がある。」

「公式キャンペーンと同じ内容。一部店舗では独自キャンペーンがあるが、これといってお得感はない。」

「一部では5,000円~10,000円のキャッシュバックを行っているようだが、期間限定で契約時期によって損をすることも。」

 

と、上記3つに関しては、口コミでもあまりいい評判は聞きません。余程何も調べていない方であれば、巧妙な営業トークに引っ掛かってしまう可能性も高いですが。

これらの原因として最も考えられるのが、人件費の問題です。または営業マンの歩合制やノルマ制の弊害とも言えますね。彼らは、上からの命令に逆らうことができないので、そこまでお得だと思っていなくても売らないといけないのです。

それがサラリーマンの性とは言え、やはり大変ですよね。

 

しかし、そんなことに同情して契約してしまうと、あなたが泣くことになります。なので、慈善活動をしたい方以外はこれらからの申込はやめておきましょう。

その点、プロバイダ公式ホームページからの契約となると、店頭窓口や家電量販店とは比べ物にならないくらいのキャンペーン効果を得ることができます。

 

おすすめの窓口はプロバイダ公式ページ

 

そもそもプロバイダとは、インターネットとあなたの使っているパソコンをつなぐ中継役を担う事業者のこと。ドコモ光では、こうした中継業者が全部で24社あり、契約の際にはこの中から1社を選ぶ必要があります。

各プロバイダは、自分たちと契約を結んでもらうために、契約者に対して様々なキャンペーンを打ち出しています。例えば、最大20,000円キャッシュバックや最新型Wi-Fiルーターの無料レンタルなどがそれに当たります。

 

しかし、プロバイダによって行っているキャンペーンには大きな違いがあり、何となくで選んでしまうと後悔することになりかねません。

そこで、どういったプロバイダを選ぶことで、キャンペーン効果を最大まで高めることができるのかについて説明していきます。

 

ドコモ光のキャンペーンを全て受け取れるプロバイダの選び方

 

では、一体どのようなプロバイダを選ぶと、余す得なくキャンペーンのメリットを受けることができるのでしょうか。

実際に、ドコモ光のプロバイダを全比較した結果、以下の5つの要素が備わっているプロバイダがおすすめだと分かりました。

  1. 月額料金が安い「タイプA」である
  2. v6プラス(IPv4 over IPv6)接続方式を採用している
  3. Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  4. キャッシュバックが受け取れる
  5. 無料のセキュリティソフトが利用できる

これらのキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶことで、全てのメリットを受け取ることができます。

ちなみに、これらのキャンペーンと、先ほど説明したドコモ光の公式キャンペーンは併用できます。なので、ガッツリ旨味を受け取ってください。

それぞれについて細かく見ていくことも大切ですが、まずは全体をバッと見まわしてから細部を知るとより分かりやすいでしょう。なので、ここでは一気にドコモ光のプロバイダ全24社を比較する表を挙げておきます。

そして、表の後からそれぞれのポイントについて細かい解説を入れていきます。

ドコモ光プロバイダ全24社を一斉比較

 

では、先ほど記載した5つのポイントを振り返りながら見ていきましょう。ただ、そんなことを言ってもすべてを覚えるということは不可能に近いので、重要な部分や、5つすべてをクリアしているプロバイダについては赤文字で記載しておきました。

そういった点を踏まえたうえで、比較表をご覧ください。

 

プロバイダキャッシュバック料金タイプwi-fiルーターv6プラス対応無料セキュリティ
 

ドコモnet

-A-12か月間無料
 

GMOとくとくBB

最大20,000円

最大10,000dpt

A12か月間無料

plala

最大15,000円

最大10,000dpt

A24か月間無料

@nifty

最大20,000円

最大10,000dpt

A12か月間無料

DTI

最大15,000円

最大10,000dpt

A12か月無料間

BIGLOBE

最大10,000dptA12か月無料間

andline

-A12か月無料間

Tigers-net.com

-A-永年無料

エディオンネット

-A-有料

excite

A36か月無料

hi-ho

-A12か月無料間

SIS

-A永年無料

ic-net

-A36か月無料

SYNAPSE

-A-12か月無料間

楽天ブロードバンド

-A-12か月無料間

@ネスク

A有料

TikiTiki

最大10,000dptA-有料

COARA

-A--

OCN

15,000円

最大10,000dpt

B12か月無料間
@TCOM

@T COM

-B12か月無料間
TNC

TNC

-B12か月無料間
AsahiNet

AsahiNet

-B-有料

WakuWaku

-B-有料

@ちゃんぷるネット

-B-有料

 

どうでしょうか。はっきり言ってほとんど素通りだったのではないでしょうか。もちろん、最初は訳が分からないという方も少なくないので、お勧めプロバイダについてピックアップしておきましたので、再度確認してみてください。

  • GMOとくとくBB
  • plala
  • @nifty
  • DTI  計4社

 

これら4社は、ドコモ光のプロバイダの中でも特に人気の高いプロバイダとして、多くのサイトで取り上げられています。なぜそのようなことになっているのかについては、今から;お話しするポイントをご覧いただけると理解いただけるでしょう。

では、より深いポイントへどうぞ。

 

ポイント① 月額料金が安いタイプを選ぶ

 

ドコモ光では、使用するプロバイダによって月額料金が変更するシステムとなっています。というのも、ドコモ光はプロバイダ1社1社と提携しており、その提携時の内容によって、利用料金が変動しているからです。

では、具体的な料金についてみていきましょう。

 

タイプ戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円
ドコモ光ミニ2,700~5,700円

 

このうち、単独タイプとは、ドコモ光で契約できるプロバイダ以外のプロバイダと契約する際に発生する料金。この表では最も低い月額となっていますが、実際は、契約するプロバイダの月額料も発生するので、割高となります。

また、ここに記載したのは、2年間定期契約した場合の金額で、縛りなしの場合は、戸建で+1,500円、マンションで+1,000円となります。ただし、頻繁に契約を解除するようなものではないので、2年定期契約が一般的。

 

途中解約しない方法として手っ取り早いのが、最高のプロバイダを選んでしまうこと。まずは一番初めに最高のプロバイダを選んでしまいましょう。

ちなみに、この時点で全24社あるプロバイダの内、18社に絞られます。後で全てまとめた一覧表を記載しておきますが、ここで残ったプロバイダのみ記載しておきましょう。

 

plala・ドコモnet・GMOとくとくBB・@nifty・DTI・BIGLOBE・andline・hi-ho・Tigers-net.com・SIS・エディオンネット・ic-net・excite・SYNAPSE・楽天ブロードバンド・TikiTiki・01光コアラ・@ネスク

このように列挙されても、何が何だか分からないですよね。今はまだそれで大丈夫です。最後まで読んだ後に、あなたに納得して選んでもらいたいので。

ポイント② v6プラス接続方式が採用されている

 

ドコモ光は文字通り光回線を利用するインターネットなのですが、光と名のついている以上、通信速度も光並みになっていないと意味がないですよね。

ドコモ光では最大通信速度1Gbpsが魅力の1つとなっていますが、これを最大限にまで引き出すことができるのが、「v6プラス」に対応したプロバイダなのです。

 

いきなりv6プラスと言われても困りますよね。なので、分かりやすい図を用意しましたので、まずはご覧ください。

 

一般的なウェブサービス

ipv6

 

上記の図でもあるように、v6プラス最大の特徴と言うのが、混雑しているポイントを通らずにネット通信ができる点。

以前は、いちいち混雑しているポイントを通過しなければならなかったので、時間帯や利用者数によって通信速度が変化していました。

 

しかし、v6プラスが登場したおかげで、快適な通信が可能となったばかりか、速度制限なくスイスイとインターネットを利用できるようになったのです。

ちなみに、v6プラスを受け取ることのできるプロバイダはこちらになります。

 

plala・ドコモnet・GMOとくとくBB・@nifty・DTI・(BIGLOBE)・andline・Tigers-net.com・ic-net・楽天ブロードバンド・01光コアラ・スピーディア・OCN・@TCOM・Asahinet

念の為、先ほど紹介したタイプAにプロバイダとかぶっているところは赤文字にしました。ここで既に10社ほどに絞られていくわけですね。

ただ、ここで1つ注意してほしいことがあります。

それは、v6プラス対応のプロバイダを選んだとしても、それに対応している最新型のルーターを設定しない事には全く意味がないということ。

これは、ドコモ光の通信速度が遅いという口コミの中にも散見されます。意外と多くの方が見落としがちなのですが、インターネットに接続するためには、必ずルーターを通ります。

そして、その入り口であるルーターが古ければ、もちろん新しくできた回線には載せてもらえないのです。なので、次のポイントが実はかなり重要な意味を持っています。

ポイント③ Wi-Fiルーターの無料レンタルがある

 

実は、このキャンペーンを行っているプロバイダは圧倒的に少ないのです。というのも、契約者全員に無料でルーターを提供するには、莫大なコストが必要だからです。

なので、ここに名前が挙がってくるようなプロバイダは、いわゆる大企業となっています。

 

ここでは、今までと趣向を変えて、ルーターの性能もまとめた表を作成しました。ここでは、特に人気の高いプロバイダについて紹介します。

プロバイダルーターの種類市場価格速度(最大)

GMOとくとくBB

WXR-1750DHP2

(BUFFALO)

11,480円1733Mbps
Aterm WG2600HS

(NEC)

10,780円1733Mbps
WRC-2533GST2

(ELECOM)

12,680円1733Mbps

plala

WN-PL1167EX01

(IODATA)

5,980円867 Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H

(ELECOM)

8,970円867Mbps

DTI

WRC-1167GST2

(ELECOM)

8,970円867Mbps

 

この中で見ると、GMOとくとくBBが頭抜けていることに気が付きますね。ちなみに、これらの他にも、6社のプロバイダが無料でルーターのレンタルをしていますが、その全てが最大速度867Mbpsです。

それを考えると、いかにGMOが規格外なのかが理解できるのではないでしょうか。

 

既にこれらの結果から、GMOとくとくBBが最も優れているプロバイダであると証明してしまったわけですが、まだポイントは残っているので、そちらの案内もしてしまいましょう。

 

ポイント④キャッシュバックが受け取れる

 

やはり、光回線のキャンペーンと言えばキャッシュバックですよね。公式ホームページでもキャッシュバックキャンペーンが良く打ち出されていますからね。

では、実際にプロバイダの場合のキャッシュバックキャンペーンはどれほどのものなのでしょう。先ほど無料ルーターで比較した4社について比較してみましょう。

 

プロバイダキャッシュバック契約内容期限
GMOとくとくBB20,000円ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
開通5か月以内
GMOとくとくBB18,000円ひかりTV for docomo(2年割)開通5か月以内
GMOとくとくBB15,000円DAZN for docomo
または
スカパー!(1,833円以上の商品)
開通5か月以内
GMOとくとくBB5,500円なし開通5か月以内
plala15,000円なし開通3か月以内
@nifty20,000円継続8か月以上-
DTI15,000円なし開通45日以内

 

ここで分かることは、GMOを契約する際には、ドコモ光のテレビオプションを同時に加入するとお得になるということですね。

ただし、キャッシュバックの受け取りまでは、一定の期間が必要であり、この期間を過ぎてからでなければ受け取ることはできません。

 

しかも、受け取り方法はプロバイダからのメールを受け取る必要があり、これを忘れると期間経過後でもキャッシュバックを受け取ることができなくなります。

なので、あらかじめプロバイダに継続期間やキャッシュバックの受け取り時期などを聞いておくといいでしょう。

 

ポイント⑤ セキュリティソフトの無料試用期間がある

 

最後のポイントは、セキュリティソフトの無料期間についてです。

昨今では、インターネット犯罪の増加が目立ってきており、総務省でもセキュリティ対策についての注意を呼びかけています。中でも、LINEやFacebookといったSNSでの犯罪が増加しており、セキュリティが甘い箇所を徹底的に狙ってくる傾向にあります。

 

そのようなインターネット犯罪の被害に遭わないためにも、その入り口であるルーターや接続機器のセキュリティは強化しておきましょう。そして、プロバイダによっては、セキュリティソフトが1年~3年もの間無料利用できるキャンペーンを行っています。

これは、かなり多くのプロバイダが行っているため、逆に何も対策していないプロバイダが珍しいほどです。なので、最後の表に全てまとめて記載しておくことにします。

 

ただ1つだけ言えるのが、今後のネット社会において、あなた自身のプライバシーを守れるのは、あなたしかいないということは忘れないようにしましょう。

以上が、ドコモ光で全てのキャンペーンを受け取るプロバイダ選びのポイントでした。最後に、全24社を比較したうえで、最もおすすめの窓口を紹介しておきましょう。

 

おすすめ窓口はGMOとくとくBB

 

ドコモ光のプロバイダ全24社を比較した結果、ドコモ光のキャンペーンを余すと来なく受け取ることができる窓口は、GMOとくとくBBの専用フォームだということが結論付きました。

もちろん、そのほかのプロバイダも素晴らしいものばかりであり、特に@niftyなどは無条件で20,000円のキャッシュバックを受け取ることができるので、キャッシュバックを重視している方にはおすすめです。

 

しかし、そのほかの要素に関して、GMOとくとくBBの右に出るプロバイダはいないでしょう。特に、通信速度に関して並々ならぬ自信を持っており、最新型のルーターを無料レンタルできるというのは、光回線を契約するにあたってうれしい限りですね。

ただ、GMOについては警戒しているという声も上がっていますので、実際の使用している口コミを紹介しておきます。

 

 

 

と、このような速度結果をTwitter上に挙げている方が多く見受けられました。もちろん、設置環境や機器の状態などによって左右されますが、GMOが公式発表している平均速度はこのようになっています。(2019年11月16日~2020年2月1日の測定結果)

 

全国平均下り312.66Mbps/上り268.00Mbps

 

このように、順次公式ページにて速度を公開しているので、速度には圧倒的な自信を持っていることがうかがえしれますね。

光回線を最高に楽しむために、お得なプロバイダを申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ドコモ光を申し込むための手順

 

さて、お得な申込窓口がわかったところで、具体的な申込手順についてお伝えしていきましょう。

インターネットからの申し込みに対して異常なほどアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますが、ドコモ光の申し込みは意外と簡単です。というのも、次の4つの手順を踏むだけで、あとはすんなりと接続まで持ち込むことができるからです。

 

その4つの手順というのがこちら。

  1. プロバイダ専用フォームで申込む
  2. 事業者変更承諾番号を発行する(転用者のみ)
  3. 工事日時の打ち合わせ
  4. 工事の立ち合い

以上となります。あなたが具体的に行動しなければならないのは、申込の時と、承諾番号を発行するときのみ。しかも、このすべての手順は家にいながらできてしまいます。

もう少し詳しい内容をまとめてみました。

手順① プロバイダ専用フォームで申込む

 

まずはドコモ光を申し込むことから始めましょう。申し込むのは、GMOとくとくBBの専用フォームが最もお得です。

インターネットからの申込に関しては、「ドコモの携帯番号」が必要なので、用意しておきましょう。

 

あとは、名前、住所等を画面の指示通りに打ち込むことで申込が完了します。すると、担当者からあなたの登録した電話に折り返し電話がかかってくるので、電話がつながる状態にしておきましょう。

折り返しには数日程度かかる場合もあるので、待つことが必要となることもあります。なので、なるべく引っ越しシーズンとなる春先などは避けるようにするといいでしょう。

 

手順② 事業者変更承諾番号を発行する(転用者のみ)

この手順は、ほかのフレッツ光回線を利用している方で、ドコモ光に転用する場合のみ必要な手順となります。なので、新規申込の方は次の手順に移りましょう。

さて、では早速事業者変更承諾番号の発行手順についてお伝えしていきましょう。

 

といっても、何か特別なことをしなければならないというわけではなく、それぞれの事業者に電話をすればいいだけです。もちろん、この電話で無駄なセールスをされるということはありませんので安心しましょう。

ただし、電話をする先は、フレッツ光からの転用の場合と、他社光コラボからの事業変更の場合で異なってきますので、その点は注意が必要です。

 

それぞれについてざっくりとした表をまとめておきます。

 

フレッツ光からの転用NTT東日本電話番号:0120-140-202

受付時間午前9時~午後5時
(年中無休・年末年始をのぞく)

NTT西日本電話番号:0120-553-104

受付時間午前9時~午後5時
(年中無休・年末年始をのぞく)

他社光コラボからの事業変更各社専用番号

 

と、このようになっています。

 

手順③ 工事日の段取り

 

続いて、工事日の段取りを担当者と行う必要があります。ただし、もともと光回線が引いてあったり、他社光コラボ等からの転用である場合は、工事が不要となることもあるので、ここも新規契約の方が対象となっています。

連絡してから工事までの日にちは、大体2週間程度といわれていますが、時期によってまちまちで、引っ越しシーズンになると1か月待ちなどということもしばしばあるようです。

なので、これも申し込みの時と同じように、なるべく時間に余裕を持たせて契約するようにしましょう。もちろん、予定していた日にちに間に合わないというケースも考えられますので、そういった場合には、ポケットWi-Fiなどを駆使して、インターネットがない期間をしのぐことも考えましょう。

手順④ 工事の立ち合い

 

最後は工事の立ち合いです。これは、防犯上家に誰かがいなければ工事することができません。なので、しっかりと予定を開けておきましょう。

もしも誰も家にいなかった場合には、工事担当者はそのまま帰ってしまうので注意してください。また、たいていの場合は、担当者が家に来てから工事内容がわかるというケースとなるので、あまりにも無茶苦茶な工事内容となる場合は、予定していた金額が跳ね上がります。

 

例えば、壁にいくつか穴をあけなければならなかったり、ベランダの外にぶら下がって作業しなければならなかったりといった、通常工事以外の作業の必要が出てきてしまった場合です。

このような場合は、追加工事ということで、工事金額が上がることになるのですが、工事前であればキャンセルすることもできます。なので、見積もりをした結果、あまりにも工事費用が高くなりすぎたら、その場でキャンセルしてしまうのもありです。

 

もちろん、当日キャンセルは担当者にとってもあなたにとってもいいものではないので、極力ないようにしておきたいのですが、どうしてもできないという場合は素直に申し出ましょう。

 

さて、これであなたもドコモ光ユーザーとなることができました。今後も快適なインターネット生活を楽しみましょう。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光キャンペーンを余すとこなく受け取る方法についてまとめました。結果として、最も効率的に旨味を出すことができるのは、GMOとくとくBBk経由の申込となりました。

ただし、これはあくまでも私の意見であり、人によっては@niftyのように、通信速度はまあまあでも、キャッシュバックの条件なしと言う部分に魅力を感じる方もいるでしょう。

 

なので、今回の結果はあくまでも全部のいいとこどりをしたいと言う方や、どこを選んでいいのか全く分からないし、調べる時間もないという方向けに作成しました。

あなたにとって最高のプロバイダに出会えるよう祈っています。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.