ドコモ光

ドコモ光とは?auひかりとの違いを分かりやすく解説!

更新日:

ドコモ光 auひかり

ドコモ光とauひかり、どちらも大手携帯会社が提供しているサービスなので、信用力は十分。

でも、いざ契約しようと思うと、いったいどちらを選んだ方がお得なのか迷ってしまいますよね。

 

特に

「スマホ割っていくらお得になるの?」

「通信速度ってどっちが早いの?」

などといった、機能面と割引面についての疑問に悩まれることでしょう。

 

なので、今回は「ドコモ光とauひかりの違い」について、

今回比較すること

  • 料金
  • 工事代金
  • 違約金
  • スマホとのセット割
  • 通信速度
  • 口コミ

の計6方面から切り込んでいきます。あなたの現状に合わせて、しっかりとマッチしている光回線をみつけてください。

 

ただ結論を言ってしまえば、ドコモユーザーであればドコモ光、auユーザーであればauひかりを契約するのがおすすめです。というのも、携帯キャリアの光回線を利用することで、スマホとのセット割を受けることができるからです。

両社の携帯ユーザー以外の方であれば、どちらがよりお得なのかを考えながら見ていきましょう。

 

ドコモ光とauひかり こんなあなたにおすすめ

 

ドコモ光とauひかり、両社の違いについてまとめていく前に、それぞれの特徴から、あなたにおすすめな光回線がどちらなのかについて知っておきましょう。

どちらも大手通信企業が提供元とあって、サービスの信頼度は高いのですが、契約時のサービスや毎月の割引料金などといった、見えにくい点での差があります。

なので、しっかりとあなたにあった光回線を選んでください。

 

ドコモ光がおすすめな人

まずは、ドコモ光がおすすめな方の特徴をまとめてみました。

おすすめポイント

  • 多くのプロバイダの中から自分に合った1社を見付けたい方
  • ドコモユーザーであり、スマホセット割を活用したい方
  • 最新のWi-Fiルーターを無料でレンタルしたい方(プロバイダによる)

ドコモ光の最大の特徴と言うのが、全24社あるプロバイダの中から、最もあなたに合ったプロバイダを選ぶことができるという点にあります。

プロバイダの数が多いと、決めるのが大変だという声もありますが、それ以上のメリットが存在しています。それは、お住まいの地域のネット環境に適したプロバイダを選ぶことができるということ。

 

これだけで、インターネット通信の安定性が格段に良くなります。

また、ドコモのスマホを利用しているのであれば、ドコモスマホのセット割で最大1,000円の割引を受けることができます。

 

さらに、ファミリー割で三等身以内の親族であれば誰でも最大20回線まではスマホセット割を適用できるので、離れた家族もお得になります。

このように、様々な面でメリットを受けたいというあなたにおすすめなのが、ドコモ光。もちろん、ドコモユーザーであればスマホ割も適用されるので、ドコモ光が断然お得。

 

auひかりの特徴

 

対して、auひかりの特徴をまとめてみました。すると、ドコモ光と比べて全く違う魅力が出てきました。

おすすめポイント

  • 高額なキャッシュバックを受け取りたい方
  • acスマートバリューに加入しており、スマホセット割を受けたい方
  • 月額料金を安くしたい方

 

auひかりでは、公式キャンペーンにおいて「auひかり電話」に加入することで、10,000円のキャッシュバックをプレゼントしています。

 

しかも、開通の際に発生する工事費用が実質無料となるキャンペーンも行っているため、初期費用を抑えることができるのです。ただし、これはドコモ光でも同様のキャンペーンを行っているため、比較対象とはなりません。

また、既にauスマートバリューに加入しているのであれば、スマホとのセット割を受けることができ、最大1,000円割引となります。もちろん、家族回線でも有効ですが、ドコモ光程の影響力はありません。

 

そして、特に押さえておきたいのが月額料金が安いということ。ドコモ光と比べて月数百円程度安く利用することができます。なので、少しでも月額料金を下げたいというのであれば、おすすめですね。

このようなあなたにおすすめなのが、auひかり。2019年6月より、ドコモ光でも新規工事料の無料キャンペーンを行っていますが、auひかりであればいつでも工事料無料というのがうれしいポイント。

 

ドコモ光とauひかりの違い5選

 

あなたにとって、どちらの光回線サービスが魅力的に映ったでしょうか。そのままのイメージで、続いてご覧いただきたいのが、両社の違いについて。

実は5つ以上の違いはあるのですが、大きな点として5つの違いを挙げていきます。

 

ドコモ光とauひかりの違い① 基本料金

 

早速、両社の料金プランについてみていきましょう。ここでは両社の最安値を比較してみました。

 

≪月額料金≫

一戸建てマンション
ドコモ光(2年契約)5,200円/月(プランA)4,000円/月(プランA)
auひかり(3年契約)5,100円/月(ずっとギガ得プラン)3,800円/月(マンション V契約)

比較して並べると、若干auひかりの方が安く感じますが、契約内容を考えるとどちらもあまり差はありませんね。

auひかりの料金タイプはかなり細かく分かれているため、あくまでも上記の表は最安値を示しているだけに過ぎないことは忘れないように。

 

また、いずれの契約にしても継続期間中に解約をしてしまうと、以下の表のように違約金が発生してしまいます。

≪解約金≫

一戸建てマンション
ドコモ光(2年契約)13,000円8,000円
auひかり(3年契約)15,000円7,000円

 

ただし、どちらの場合も契約満了月もしくは翌月までの更新期間中であれば、解約料金を支払うことなく、契約解除をすることができます。

このような縛りがあるのは大変だというのであれば、期間なしの契約もできます。ただし、月額料金が高額になるので注意が必要。

 

ドコモ光とauひかりの違い② スマホとのセット割

 

多くの方が気になっているのが、

「スマホと共に申し込んだ場合にどのくらいお得なのか」

ということではないでしょうか。

ホームページを見ても複雑で分かりにくいようですので、ここで一気に比較してしまいましょう。

 

割引内容
ドコモ光
  • 利用年数による割引 (最大2,500円)
  • データ通信プランによる割引(500円~3,200円)
auひかり500円~2,000円×家族分(最大10人)

 

このように、ドコモ光とauひかりの両社において、それぞれの契約内容に応じた割引がなされています。

多くのサイトでは、ドコモのシェアパック割引よりもauスマートバリューの家族割の方がお得だとしていますが、果たしてそうなのでしょうか。

 

両社についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 auスマートバリュー

 

 

auスマートバリューとは、auひかり契約とauのスマホ・携帯料金のセット割引のことを指します。

スマートバリューに加入するためには、500円/月の光電話に加入する必要があり、割引料金が下がってしまうという欠点があります。ただ、今現時点で固定電話を利用しているのであれば、光電話に変更することにより通話料などがお得になります。

 

また、店頭では工事費無料キャンペーンとauスマートバリューは併用できないのですが、インターネットの専用フォームから申し込むことで、併用することが可能となります。

なので、auひかりの申し込みについても、専用フォームからの申し込みが最もお得といえるでしょう。

 

ちなみに、auスマートバリューの割引対象は最大で10回線までなので、家族全員分のスマホ・携帯料金が割引されることになりますね。

では、あなたのスマホ・携帯代金がいくらまで割引されるのか見てみましょう。

auHPより引用

新auピタットプラン

1GBまで

割引対象外

1GB超~7GBまで

翌月から

500円/月割引

auフラットプラン7プラス

翌月から

1,000円/月割引

auデータMAXプラン

翌月から

1,000円/月割引

auピタットプラン(s)

※受付終了プラン
auピタットプラン

2GBまで

  • auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります

翌月から

500円/月割引 OFF

2GB超~20GBまで

翌月から

1,000円/月割引 OFF

auフラットプラン20

auフラットプラン25 Netflixパック

※受付終了プラン
auフラットプラン30

auフラットプラン5(学割専用)

翌月から

1,000円/月割引

データ定額1
(2019年8月31日受付終了)

翌月から最大2年間

934円/月割引

3年目以降ずっと500円/月割引

データ定額2/3
(2019年8月31日受付終了)

ジュニアスマートフォンプラン

カケホ(3Gケータイ・データ付)

ジュニアスマートフォンプラン

※受付終了プラン
シニアプラン

データ定額3cp

LTEフラット cp(1GB)

翌月から

934円/月割引

※受付終了プラン
U18データ定額20

翌月から適用期間中

1,410円/月割引

データ定額5/20
(2019年8月31日受付終了)

LTEフラット
(2019年8月31日受付終了)

ISフラット

※受付終了プラン
データ定額5cp

データ定額8

プランF(IS)シンプル

翌月から最大2年間

1,410円/月割引

3年目以降ずっと934円/月割引

データ定額30
(2019年8月31日受付終了)

※受付終了プラン
データ定額10/13

翌月から最大2年間

2,000円/月割引

3年目以降ずっと934円/月割引

 

※当月ご利用の通信量が合計で20GBを超えた場合、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなります(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

  • 4G LTE(au VoLTE対応)Android™スマートフォンの「料金プラン」「データ定額サービス」は名称に(V)がつきます。
  • 「AQUOS K SHF31」はauスマートフォンのプランでご利用いただけます。

 

多くの方は定額プランを選択するので、割引額も1,410円となるでしょう。もちろん、家族の契約台数に応じて割引額も増えるため、4人家族であれば5,640円程度の割引が可能。

 

 

ドコモパケットパック割

 

ドコモ光にもauひかりに負けずとも劣らない、スマホ・携帯料金のセット割があります。しかも、auひかりと全く違い条件なしで加入することができます。

しかも、最大割引料金が3,500円という金額なのもお得ですよね。

 

ただし、以前のシェアパック割は、契約者のみの割引となっていたため、あまりお得感がありませんでした。

ちなみに、この表がシェアパックの料金体系になります。

 

パケットパックドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
ウルトラシェアパック100-3,500円21,500円
(25,000円)
ウルトラシェアパック50-2,900円13,100円
(16,000円)
ウルトラシェアパック30-2,500円11,000円
(13,500円)
ベーシックシェアパック<ステップ4:~30GB>-1,800円13,200円
(15,000円)
<ステップ3:~15GB>-1,800円10,200円
(12,000円)
<ステップ2:~10GB>-1,200円7,800円
(9,000円)
<ステップ1:~5GB>-800円5,700円
(6,500円)
ウルトラデータLLパック-1,600円6,400円
(8,000円)
ウルトラデータLパック-1,400円4,600円
(6,000円)
ベーシックパック<ステップ4:~20GB>-800円6,200円
(7,000円)
<ステップ3:~5GB>-800円4,200円
(5,000円)
<ステップ2:~3GB>-200円3,800円
(4,000円)
<ステップ1:~1GB>-100円2,800円
(2,900円)
  • 「ドコモ光 ミニ」のみご利用の場合は、100円~500円がパケットパックの月額料金から割引となります。

 

ドコモ光のパック割では、家族のスマホ代金全体からの割引額となっています。

つまり、3人家族でウルトラシェアパック30を契約した場合、家族3人でスマホ代が2,500円割引となるだけなのです。しかしそれではauひかりの割引価格の方が圧倒的に大きいと感じますよね。

 

なので、ドコモ光では6月より新プランを開設しました。

それが、「ギガホ」と「ギガライト」です。

 

ドコモ光は新料金でお得に

 

以前までの旧料金では、割引範囲が主契約者のみとなっていたので、まったくお得感はありませんでした。ところが、新料金となったことにより、3親等内の親族まで最大1,000円割引されることとなりました。

 

このプランのおかげで、割引の合計額が大きく変わりました。しかも、光契約をしていない家族にも割引が適用されるため、普段インターネットを使わない他の家族にも恩恵があります。ちなみに、プランの内容は以下の通り。

 

料金プランドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
1回線2回線3回線以上
ギガホ-1,000円5,980円
(6,980円)
5,480円
(6,480円)
4,980円
(5,980円)
ギガライト<ステップ4:~7GB>-1,000円4,980円
(5,980円)
4,480円
(5,480円)
3,980円
(4,980円)
<ステップ3:~5GB>-1,000円3,980円
(4,980円)
3,480円
(4,480円)
2,980円
(3,980円)
<ステップ2:~3GB>-500円3,480円
(3,980円)
2,980円
(3,480円)
2,480円
(2,980円)
<ステップ1:~1GB>-2,980円2,480円1,980円

 

そして、ドコモ光のセット割もauひかりのセット割と同様でファミリー割が適用されることとなったのですが、範囲はauの2倍である20回線までとなっています。

なので、このようなことができるようになります。

 

 

この家族だと、1人あたり1,000円割引となり、最大で5,000円割引対象となることになります。

家族限定で、しかも最大10回線だけとなっているのに対して、ドコモ光は3親等内であれば最大20回線まで対応となっていることが大きな違いといえますね。

 

ドコモ光とauひかりの違い③ 工事料金

 

光回線を契約すれば、接続の際に以下のように工事費用が発生します。(税別表示にしています)

 

戸建マンション
ドコモ光18,000円+3,000円(事務契約手数料)15,000円+3,000円(事務契約手数料)
auひかり37,500円+3,000円(事務契約手数料)30,000円+3,000円(事務契約手数料)

 

これだけだと、圧倒的にauひかりの工事料金が高く感じますが、auひかりは通年工事費用を実質無料にするキャンペーンをおこなっています。

これはドコモ光においても時期に応じて行っているもので、月額料金から工事費用分を減額しています。

つまり、下記の表のようになっているということです。

 

割引月額(戸建)割引月額(マンション)
ドコモ光現在割引なし(2019年8月現在)現在割引なし(2019年8月現在)
auひかり最大625円×60か月=最大37,500円割引最大1,250円×24か月=最大30,000円割引

 

現在ドコモ光では工事費用の割引キャンペーンは行われていませんが、時期によっては3か月ほど扱われることがあるので、随時チェックしてみましょう。

それに比べてauひかりの場合は、永年割引キャンペーンを行っているので、工事費用が高いと感じられるのであれば、一度見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

 

ただ、残念ながら新規申込限定なので、以前契約したけど解約してしまったというのであれば、適用外になってしまうかもしれません。予め確かめておきましょう。

 

ドコモ光とauひかりの違い④ 通信速度

 

こちらは両社ともに1GMpbsを使用しているため、通信速度はかなり良好と言えるでしょう。ただ、口コミ等を見ていると若干auひかりの方が速いという感想が見られます。

と言うのも、通信速度を決めるのはその光回線を利用している人の数にもよります。元々「フレッツ光」と同一の回線を利用しているドコモ光では、人気の回線ともあって、通常より多くの人が利用している傾向があります。

 

なので、ドコモ光の方が混雑する確率が高く、ネット使用者数が増加する時間帯などでは、通信速度が制限されてしまう可能性も捨てきれません。

このようなことから、auひかりの回線のほうが速いという評判がたっているわけです。

 

ただし、ドコモ光の場合であっても通信速度を早いまま維持することはできます。その方法とは、「GMOとくとく」というプロバイダを契約すること。

このプロバイダでは、v6プランという通信制限がかかりにくい回線を利用するプランが利用できるため、通常であれば混雑する時間帯であっても、スムーズにネット回線にアクセスすることができるのです。

 

ドコモ光とauひかり 結局どっちがお得なの?

 

結論から言えば、どちらも最終的な支払金額は変わりません。

もちろん、割引金額だけで見ると、auひかりに軍配が上がります。

 

実際に計算してみましょう。

家族3人がそれぞれ5GBずつの回線契約を結んだとします。以下がそれぞれの割引額の計算となります。

 

内容割引合計
auひかり(スマートバリュー)1,410円(1人5GB)×3人分5,230円
ドコモ光(ファミリー割引)1,000円×3人分3,000円

 

両社を比較すると、auひかりがドコモ光より2,230円もお得になるように見えます。

ですが、ここで実際の月額使用料を調べてみるとこのような結果になりました。

 

(両社ともに公式HPの料金シミュレーション参照)

 

販売会社機種光回線割引後月額
ドコモ

iphonexsiPhone XS (64GB)

ギガライト(5GB)月々8,654(税込)
auiphonexsiPhone XS (64GB)auフラットプラン20月々9,255円(税込)

 

 

このように、両社ともに同機種でもって料金シミュレートをしましたが、月額料金はauの方が少し高めに出る結果となりました。

とは言っても、料金プランが違うというのと、家族割等も入ってくるので実際の所はほとんど同程度の月額使用料となるでしょう。

 

ここからみても、割引金額でauひかりの方がお得だからという理由だけで携帯会社を乗り換えるのは意味が無いでしょう。

むしろ、契約解除料金等も考えると、今現在使用している契約先の光回線を利用する方が賢明ではないでしょうか。

 

両社の公式キャンペーン

 

では、光回線の花形であるキャンペーンについても見ていきましょう。

両社ともにすばらしいキャンペーンを行っています。

 

ドコモ光のキャンペーン

 

ドコモ光の公式キャンペーンは、主に2つのキャンペーンを実施しています。

 

工事費用無料キャンペーン

 

ドコモ光最大のキャンペーンといえば、工事費用無料キャンペーンでしょう。

他の光回線と違い、月額料金からの割引による「実質無料」というわけでなく、本当の意味での「工事費用0円」となっています。

 

なので、途中でドコモ光を解約したとしても、解約金は発生しないので安心ですね。

 

最大20,000ポイントプレゼント

 

新規契約でdポイント20,000ポイント、乗り換えで5,000ポイントのプレゼントとなっています。もちろん、このポイントは、コンビニエンスやオンラインショップなどで、買い物ポイントとしてりようすることができます。

ただし、利用期限があり、携帯料金やマイル変換などはできないというような制限があります。

 

ですが、ポイントはそのままお金として利用できるので、お得感は変わりませんね。

 

auひかり公式キャンペーン

 

auひかりでは春のポイントキャンペーンを期間限定で行っているのですが、不定期なためここではあえて紹介していません。なので、1つあるキャンペーンを取り上げています。

 

解約違約金相当額還元キャンペーン

 

auひかりでは、他社からの乗り換えで最大30,000円相当額を還元してくれるキャンペーンを行っています。

例えばドコモ光の解約金は最大18,000円するのですが、その相当金額をauひかりは負担してくれるというのです。

 

もちろん、「最大」と書いてあるので、30,000円相当還元するためには様々な条件があります。

適用条件

  1. 申請書送付までにau WALLET プリペイドカードのお申し込み(郵便為替での還元の場合は不要)、およびauひかり申込日から申込月を含めて12カ月以内に「スタートサポート共通申請書」にて申請
  2. 他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末からのauひかり「ずっとギガ得プラン」+「電話」+「電話オプションパックEX」に新規お申し込みかつ36カ月以上継続利用のお約束

これを行うことにより、初めて適用されます。

 

ちなみに、還元金額は相手のプロバイダによっても変わってきますので記載しておきます。

 

対象プロバイダ還元金額
au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net最大30,000円
Asahi Net、DTI最大15,000円

 

注意すべき点

  • 「auひかり/auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービスのいずれか」から乗りかえの場合は対象外
  • NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するモバイルデータ通信端末が対象
  • 「ずっとギガ得プラン」を途中解約すると、契約解除金15,000円が発生
  • 36か月の期間中に解約すると、最大10,000円の解約金が発生

 

と、還元キャンペーンを受け取るにも様々な条件があるので、しっかりと受け取るためには面倒な手続きが必要となりますね。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光とauひかりの違いについて深堀していきました。ただ結局のところ、既にどちらかのユーザーであるのであれば、スマホ割等を考慮すれば、使用している会社の光回線を契約したほうが断然お得。

どうしても今のサービスが合わないというのであれば、契約期間が満了してから乗り換えをしてみてもいいでしょう。

 

ただし、何も不満が無く、割引料金が大きいからと言った理由のみで乗り換えしてしまうと、解約手数料などの関係で返って高くついてしまうので注意が必要。

ご自身に合った光回線を契約し、快適なネット環境を整えてみてはいかがでしょうか。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.