ドコモ光

ドコモ光×OCNの評判はどうなの?気になる情報を徹底調査

更新日:

ドコモ光 OCN

ドコモ光のプロバイダであるOCN。キャッシュバックや無料ルーターのレンタル、セキュリティサービスなどの充実したサポートが受け取れるとあって、人気の高いプロバイダの1つ。

ドコモ光のプロバイダ全25社中、ここまでスペックの高いプロバイダもなかなか存在しません。しかし、ここまで評判が高いと、逆に不安になってしまうものですよね。

ここでは、そんな人気プロバイダであるOCNについてのメリットやデメリットについて紹介していきます。

OCNがあなたにとってお得になるのかどうかをイメージしながらご覧ください。

この記事はこんなあなたにおすすめ

  • ドコモ光のプロバイダ選びに失敗したくない
  • OCNは口コミが良すぎて怪しいから調べに来た
  • OCNを選ぶことで、どのようなメリットがあるか知りたい

 

OCNの運営会社はどこ?

ドコモ光 ocn

OCNとは、OPEN COMPUTER NETWORKの略称であり、NTTコミュニケーションが運営するプロバイダ。

ドコモと同様にNTTグループの一角を担っており、電気通信事業を行っている大企業です。その資本金は2,300億円を超えており、他社プロバイダと比較しても圧倒的な基盤を持っています。

 

そのため、契約者に対するサポートが手厚いのはもちろんのこと、回線の容量も大きいため通信速度も高速を保つことができるわけです。

詳しい企業概要はこちらに掲載しますので、ご覧ください。

 

企業名エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
設立平成11年7月1日
本社所在地東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
資本金230,900百万円
事業内容電気通信事業等

 

当サイトでは、資本金の値を○○百万円で統一しているためこのような表記となっています。逆に言えば、そのくらい他のプロバイダと比較しても桁が違うということ。

契約後も安心してサポートを受け続けることができるということが、大手企業ならではのメリットとも言えるでしょう。

 

ではドコモ光×OCNの内容を見る前に、ネット上での利用者の口コミを紹介していきましょう。やはり、この場でウダウダと解説するより、あらゆる方向から実態を見ていくことの方が重要ですからね。

 

ドコモ光×OCNの口コミはこれだ

 

当サイトの情報源ツイッターで「ドコモ光 OCN」と検索したところ、とんでもない数のツイートが見つかりました。最近調べているプロバイダの中では断トツで多い印象。

もちろん、GMOや@niftyといった有名どころは口コミ数が多いのですが、それ以外のプロバイダはこれといった情報がないということもしばしば。

それを踏まえると、OCNはなかなか期待できそうですね。とまあ、前置きはこのくらいにして、早速口コミを見ていきましょう。

 

良い口コミ

回線速度の測定をしたようですね。その結果がご覧の通りなのですが、300Mbpsを超えていればオンラインゲームもスイスイ遊べてしまいますね。

このほかにも、速度に関して良い口コミが多く見受けられました。

 

 

 

と、やはり多くの方が通信速度が速くなったとコメントしています。また後で説明しますが、OCNでは「v6アルファ」なる接続方式を採用しており、以前のPPPoE接続方式とは比べ物にならない程、性能が上がったようですね。

ただ、光差すとこ影ありと言わんばかりに、悪い口コミもチラホラ見て取れます。実際の口コミがこちらとなります。

悪い口コミ

 

良い口コミを3件も入れてしまったので、悪い口コミも3件探し出しました。どれも速度が遅いというのが問題となっているようですね。

先ほどの口コミでは速度が速いことがメリットと言っていたのにどうしてでしょうか。先に反論しておきますが、これは決して詐欺ではないですよ。

ちゃんと理由があるのです。では何も言わないのでまずは口コミをご覧ください。

 

 

 

この結果はかなりひどいですね。2.2Mbpsなんて動画でもほとんどみれない速度となっていますから。

しかし、先ほども言ったようにこの事態の原因となっている可能性があることが3点あります。

 

通信速度が遅い理由

  1. 設置環境が悪い
  2. デバイスが旧タイプ
  3. 接続している時間帯が悪い

 

このうち、良く見落としがちなのが2番。使用しているデバイスが旧式であるために、OCN最大の武器である「v6アルファ」に対応できていない場合があるのです。

 

実はプロバイダがいくら高速回線であったとしても、あなたの所有しているルーターが旧タイプの場合は注意が必要。というのも、ルーターの設定によっては最新の回線につなぐことができないことが多々あるからです。

詳しくは当サイトで以前解説していますので、そちらをご覧ください。

 

 

「じゃあ、最新ルーターを新たに買わないといけないわけ?」

と疑問に思われるかもしれません。しかしご安心ください。OCNではこのことに対処するための特典がついてきます。しかも無料で。

 

これは次のメリットの説明時に改めて解説するようにします。なので、どうぞ次の項目にマウスをスクロールしていってください。

 

ドコモ光×OCNのメリット

 

いよいよやってきました。ここからが本番と言っていいでしょう。なぜOCNが口コミでもこのように取りだたされるのかについて、きっちりと解説していきます。これさえ読めば、OCNの魅力が分かってもらえることでしょう。

と、各メリットについて詳しく説明する前に、ここでざっとメリットを紹介してしまいます。そのほうが、あなたの理解も進みやすくなるでしょうから。

 

OCNのメリットは以下の点に凝縮されています。

 

OCNのメリット

  1. v6アルファで高速通信が可能
  2. Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  3. セキュリティソフトが12か月間無料
  4. 初回無料の訪問サポートが充実している
  5. フレッツ光からの転用ならルーターの設定が不要

これらについて次の項で詳しく解説していきましょう。

 

メリット① v6アルファで高速通信が可能

光回線を契約したのであれば、最も気になるのが通信速度というあなた。OCNではドコモ光を契約している方全員に、無料で「v6アルファ」なるオプションへの加入が可能となります。

v6アルファとは、他社プロバイダでいうところのv6プラスと同様のサービスであり、インターネットがサクサク利用できる優れもの。

 

もともとOCNはIPv6のPPPoE方式を採用していたのですが、これでは通信速度が200Mbpsまでという制限がありました。もちろん、開発当初はそれ以前のIPv4接続よりも優れていたのですが、それでも通信速度が遅かったようです。

そこで近年開発されたのが、IPoE接続方式。これにより、速度制限なくインターネットが利用できるようになり、どこでもスイスイとつながるようになったのです。

 

要するに、OCNはこの最新式の接続方式を無償提供しているので、速度制限なく高速通信が可能になったというわけですね。

ただ、先ほども口コミの回で紹介したように、プロバイダの接続方式が最新でも、次のことに注意する必要があるのです。

 

メリット② 最新のWi-Fiルーターを無料レンタルできる

それがこの最新Wi-Fiルーター。実はドコモ光のプロバイダ全24社の中でも、無料でレンタルできるプロバイダはまだまだ希少なんです。

やはり、大手通信企業であるが故の高待遇といっても過言ではないでしょう。

 

ちなみに、公式ホームページではルーターの型番等に関する具体的な記載がなかったため、独自で調査しました。

その結果、多くの方が「IPoE対応ルーター01」を使用していました。これが必ず届くというわけではありませんが、参考の為こちらのスペックを掲載しておきます。

 

何度も言いますが、全く型式の違うルーターがやってきても一切責任は負いかねますので、ご了承ください。

 

メーカーNEC
無線LANインターフェースIEEE802.11ac・IEEE802.11n・IEEE802.11a・IEEE802.11g・IEEE802.11b
最大通信速度最大867Mbps/300Mbps
規格W33mm×D97mm×H146mm
消費電力最大8.0W

 

ちなみに、オプションとして無料でレンタルできますが、普通に購入するとすれば軽く9,000円以上はかかります。とてつもない恩恵が受けられるということがメリットとなっています。

 

メリット③ セキュリティソフトが12か月無料

昨今ネット犯罪が後を絶たず、個人レベルでの対策が叫ばれていますが、個人でセキュリティソフトを入れるとなると結構な負担となってしまいますよね。

そこでおすすめなのがOCNで12か月間無料で利用できるセキュリティソフト、通称「ホームセキュリティ オプション」。通常であれば月額200円かかるのですが、契約者であれば誰でも無料で利用できてしまいます。

 

しかも、こちらも無料とは思えないほどのクオリティとなっており、OCNの本気具合が見て取れる内容となっています。オプションの内容を一覧にしましたのでご確認ください。

 

ホームセキュリティの内容抜粋

  • サイト閲覧制限機能
  • インターネット利用時間制限機能
  • 有害サイトをブロック
  • 有害脆弱性を悪用する攻撃のブロック
  • 不正アクセスをブロック

ちなみに、こちらのセキュリティですが、2期目以降へのインストールも無料で行えるのでとても便利。お子さんのデバイスも徹底管理できるので安心ですよね。

 

メリット④ 初回無料の訪問サポートが充実している

セキュリティソフト以外にも、OCNでは初回無料のサポートを行っています。この訪問サポートは他社プロバイダでも行っているのですが、OCNはその対応範囲がとにかく広いんです。

公式ホームページで記載している項目について、ざっと一覧にしてみました。

まずは通常サポートから

通常サポート内容

  • インターネット接続設定
  • ブラウザー設定
  • メール設定
  • ルーターのつなぎ込み
  • ひかりTVサービスのチューナーとテレビの接続

さらにドコモ光で契約した方に限り以下のサポートも同時に行います。

ドコモ光契約者限定サポート

  • 無線LANアクセスポイント設定
  • 無線LANクライアント設定
  • ゲーム機接続設定(無線)
  • 家庭用複合プリンターの印刷設定
  • ひかりTV接続設定
  • ドコモテレビターミナルの接続設定
  • マイセキュア(1ライセンス)設定

 

さらにさらに、v6アルファを申し込めば以下のサポートも無料に。

v6アルファ申込者専用サポート

  • インターネット接続設定
  • 無線LANアクセスポイント設定
  • 無線LANクライアント設定
  • セキュリティ設定

これだけ無料でやってくれると、光回線の接続方法が全く分からなくても安心して契約することができますね。しかも、ゲーム機やプリンター機といった、接続しなくてはならないものまで一緒に接続してくれるのもうれしい点。

これは利用しない手はありません。ただし、訪問時に不在であった場合でも1回とカウントされてしまうので、頼んだら不在ということがないようにだけはしましょう。

 

メリット⑤ フレッツ光からの転用であればルーターの設定変更が不要

 

ドコモ光はもともとフレッツ光と同一系統であることから、フレッツ光からの転用であれば、ルーターの設定をいちいち変更しなくて済みます

なので、ドコモ光に変えたいフレッツ光ユーザーであれば、とても簡単に変更することができるのでメリットと言えるでしょう。

 

さて、OCNのメリットも紹介したことですし、次はデメリットも見ていきましょう。あなたも本当はこちらの方が気になるのではないでしょうか。

やはり、契約後にトラブルがあるのが一番面倒ですからね。さくっと見ていきましょう。

 

ドコモ光×OCNのデメリット

 

メリットが多いOCNですが、実はデメリットも存在しています。その点も踏まえて、契約するかどうかを決めた方がいいでしょう。

なお、デメリットは以下の4つが挙げられますが、実際には3つと言ってもいいかもしれません。というのも、すでにそのうちの1つは口コミの部分で説明済みだからです。

何はともあれ確認してみましょう。

OCNのデメリット4つ

  1. 料金タイプがBであり月額料金が200円高い
  2. 時間帯によっては速度が遅い
  3. メールアドレスが1つのみ
  4. サポートに繋がりにくい

このうち2番は口コミでも紹介したように、「v6アルファ」を申し込むことで解消されるようになりました。なので、実質3つに絞られるわけですが、詳しく見ていきましょう。

 

デメリット① 料金タイプがBであり高い

 

ドコモ光では料金タイプがAとBの2つに分けられています。その特徴としては、タイプAの方がタイプBよりも月額200円安いということ。裏を返せば、タイプBであるOCNはタイプAのプロバイダよりも200円高い料金が発生します。

ちなみに値段はこのようになっています。

 

タイプ戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

 

とは言え、タイプAとBで何が違うかと言えば、何もちがうことはありません。性能も変わりありません。強いて言うならば、ドコモ光とプロバイダ運営会社とのやり取りで決まっているということだけでしょうか。

 

ちなみに、OCNと同等以上のスペックを持ったプロバイダがタイプAには存在しています。なので、どうしてもOCNでないといけないというわけでなければ、おすすめプロバイダであるGMOを紹介している記事をチェックしてみてください。

 

 

デメリット② メールアドレスが1つしか使用できない

 

今更メールなんて使わないからデメリットと感じない。という方も少なくはないでしょうが、他社プロバイダが5つも6つも無料で利用できることを考えるとデメリットと数えることができるでしょう。

ちなみに、メールアドレスを増やすためには追加料金が発生しますのでご注意ください。

 

デメリット③ サポートに繋がりにくい

 

2016年の口コミなので何とも言えませんが、サポートの対応が悪いという噂はかなり前からあるようですね。しかし、最近の口コミでは全く影をひそめてしまっているので、そこまで心配する必要はないのかもしれません。

ただ、そうはいっても光回線系はサポートへの電話がつながらないことが多いので、時間帯や曜日に気を付けて電話をするといいでしょう。

 

ドコモ光でおすすめプロバイダとの比較

 

最後に、当サイトでのおすすめプロバイダとの比較もしてみましょう。とは言え、既にOCNに決めている方にとっては無用の長物なのでスキップしてください。

そうでない方は、タイプAのプロバイダと比較しているので、是非参考にしてみてください。ちなみに比較するのはGMOと@niftyの2社。ざっくりと表にしてみました。

 

プロバイダOCNGMOとくとくBB@nifty
キャッシュバック最大20,000円最大20,000円15,000円
接続方式v6アルファv6プラスv6プラス
無料Wi-Fiレンタルありありあり
セキュリティサービスホームセキュリティ オプション

1年間無料

マカフィーマルチアクセス (月額500円)

1年間無料

常時安全セキュリティ24 (月額500円)

1年間無料

訪問サービス1回無料1回無料1回無料
リモートサービスなし初回無料
その他特典
  • 新規工事料金無料
  • 新規工事料金無料
  • 新規工事料金無料
  • @nifty優待サービス
  • @niftyまかせて365
  • Mail@nifty
  • ウイルスバスター for @nifty Mail

 

このようになっています。GMOはこうしてみるとメリットが少ないように感じますが、レンタルできるルーターのスペックが異常なほど高く、通信速度が最速なのでおすすめとしてラインナップしています。

@niftyは全てのバランスが良くとれているプロバイダであり、完璧なサポートを受けたいという方におすすめ。しかもどちらもタイプAなのでOCNよりも月額200円安く利用できるのでお得ですね。

 

ドコモ光×OCNの失敗しない申込窓口

ドコモ光のプロバイダであるOCNはいかがだったでしょうか。

今まで弱点だった、通信速度が遅いという問題や、キャッシュバックがないというデメリットをすべてクリアしたことで、一気におすすめプロバイダとしての地位を手に入れたようです。

 

ただ、ここまで見てきた内容に満足して、ドコモショップでOCNを申し込んではいけません。というのも、ドコモ光の窓口や家電量販店にて契約してしまうと、かなりもったいないことになってしまうからです。

実は、対面式の販売店では、申込時にキャッシュバックなどの豪華特典をもらい損ねてしまうというデメリットがあるからです。ちなみに、以下が各窓口で真申し込みを行った場合のキャンペーンとなります。

 

窓口キャンペーンメリットデメリット
電話セールス
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 特になし
  • 1度契約すると営業電話が鳴り響く
ドコモ店頭窓口
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 親切に内容を教えてくれる
  • ショップが売りたい商品を勝手に勧めてくる
  • 場合によっては営業電話が鳴ることもある
家電量販店
  • 最大20,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 家電量販店によってはキャッシュバックあり(5,000~10,000円程度)
  • いらない商品を勧めてくることもある
  • キャンペーンは期間限定であり、季節によっては損をする
ネット正規代理店
  • 最大5,000ポイントプレゼント
  • 工事費用無料
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • キャンペーン内容が豊富
  • ネット申込なので押し売りがない
  • 24時間受け付けている
  • 自分でおすすめのプロバイダを調べる必要がある

 

ちなみに、20,000ポイントと工事費無料はドコモ光の公式キャンペーンなので、どの窓口で申し込んでも適用されます

しかし、ネット正規代理店では、それに加えてさらに最大20,.000円の高額キャッシュバックを受け取ることができるのです。これはかなりお得な特典といえるでしょう。

 

ドコモ光申込はネットナビがおすすめ

キャンペーン内容適用条件
キャッシュバックキャンペーン条件なしでも15,000円

最大20,000円キャッシュバック

  • ひかりTV for docomo申込で+3,000円
  • DAZN for docomo申込で+2,000円
dポイントプレゼントキャンペーン5,000ポイントプレゼント他社乗換契約、新規申込契約全員
工事費無料キャンペーン工事費用が無料申込者全員

 

インターネットからの申込というと、少なからず怪しい感じがしますよね。しかし、ネットナビはドコモ光正規の販売代理店なので安心して申し込むことができます。

代理店というのは、ドコモの代わりに商品を販売する会社のことで、自動車大手のトヨタであればトヨタカローラや各自動車ディーラーのようなものです。インターネット事業者であるドコモは、インターネット上にも販売会社を持っているということですね。

 

申し込むだけで15,000円と5,000ポイントが確約されることはもちろん、ドコモ公式キャンペーンも併用して適用されるのはうれしいポイントですよね。

以前までのネットナビでは、かなり過酷な条件がついていましたが、近年のニーズに合わせるような形に進化してきました。なので、比較的キャッシュバックを受け取りやすくなったので、ドコモ光の契約を考えているのであれば、今がチャンスです

 

 

まとめ

 

今回はドコモ光×OCNということで、メリットやデメリットを様々な角度から指摘していきました。調査する中で分かったことが、OCNの評価がとんでもなく高いということですね。

v6アルファを導入してからの通信速度の改善が人気に火をつけた可能性が高いですが、それ以上にバックにいる企業がしっかりしているというのも大きい理由でしょう。

 

最後に、OCNのメリットを挙げてから終わりにしたいと思います。

  1. v6アルファで高速通信が可能
  2. Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  3. セキュリティソフトが12か月間無料
  4. 初回無料の訪問サポートが充実している
  5. フレッツ光からの転用ならルーターの設定が不要

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.