ドコモ光

ドコモ光のセット割はどれくらいお得になるの?話題の新プランと共に解説

更新日:

ドコモ光 セット割

ドコモ光をもっとお得に使いたい!

どうせ同じ光回線を使うのであれば、1円でも料金プランを安くしたいというのが人情。

 

そして多くのユーザーが行き着くのが「ドコモ光セット割」。2019年6月から新プランが公表されたということも相まって、今注目されている割引プランとなっています。

ドコモの公式発表では、ドコモユーザーであれば携帯代金などを含めて、以前よりも4割安くなるプランであると堂々と宣言していましたね。

 

でも本当に料金プランが変わったからと言って、急に従来よりも料金が劇的に変わるのでしょうか。

今回は、ドコモ新料金プランになったことで、ドコモ光ユーザーはどれほど得をするのかについて徹底的に解説していきます。

 

ただし、この記事はあくまでも以下に掲げる方が得になるという内容なので、あなた自身が当てはまっているか確かめてからご覧ください。

 

この記事は、ドコモの携帯電話ユーザーであることが条件となっています

 

ドコモ光のセット割とは何か

 

ドコモ光のセット割とは、ドコモ光でインターネットとdocomoで携帯電話を一緒に使うことで、基本料金から値引きされるプランのこと。

セット割には大きく分けて次の2種類があります。

  1. ペア回線
  2. シェアパック

ペア回線とは、docomoの携帯とドコモ光のインターネットを同じ回線で利用することを言い、どちらも同一名義人である必要があります。

従来であれば、1つのペア回線で1人だけのセット割しかつかなかったのですが、新料金プランでは1つのペア回線で複数人の割引を可能としました。詳細はまた後で説明していきます。

 

シェアパックとは、家族全員で決まったギガ数を分け合うという仕組み。一見すると家族みんなで同一回線を使うからお得だと感じるかもしれませんが、セット割の対象者は名義人1人のみとなっていました。

割引は永年適用

 

ドコモ光のセット割は、どれだけ契約期間があったとしても割引金額が下がったり、ましてやなくなることはありません。

スマホとドコモ光のペア回線となっている期間中であれば、ずっと最大1,000円割引が適用されるのです。

 

なので、ずっとお得にスマホを利用し続けたいというのであれば、ドコモ光のセット割はお勧めといえますね。

 

ペア回線は同一名義人のみ適用

 

ドコモユーザーでも忘れがちですが、ドコモ光でセット割を受けるには、docomoの携帯契約者名とドコモ光の主契約者名が同じでなければいけません。

どちらかの名義が違っていればセット割の適用はできません。

 

例えば、ドコモ光の契約は父が主契約者として書かれているのに、その肝心の父はソフトバンクユーザーだったなら、セット割はできません。

その逆で、父がドコモ光の主契約者でdocomoユーザーであったなら、ドコモ光のセット割が適用になります。

 

さらに、子供が同じくdocomoユーザーであれば、その子供の分もドコモの携帯料金からの割引が適用されます。

 

ペア回線の料金プラン一覧

 

では、ここからは実際にどのようなプランがあるのかについてまとめていきましょう。

 

旧料金プランについて

 

2019年5月をもって新たな契約者を受け付けが終了した旧料金プランについて説明していきます。最大3,500円の割引が適用されるなど、お得な割引があるのが特徴となっています。

今のあなたがどのプランを選択されているのか探してみましょう。

(家族でシェアする場合)
パック割引金額割引後の金額
ウルトラシェアパック100▲3,500円21,500円
ウルトラシェアパック50▲2,900円13,100円
ウルトラシェアパック30▲2,500円11,000円
ベーシックシェアパック STEP4 ~30GB▲1,800円13,200円
ベーシックシェアパック STEP3 ~15GB▲1,800円10,200円
ベーシックシェアパック STEP2 ~10GB▲1,200円7,800円
ベーシックシェアパック STEP1 ~5GB▲800円5,700円

 

ここで注目すべきは割引金額。この割引金額は代表者のみの適用となりますが、家族1人ずつがいくら得するのかを考えるとなると以下のようになります。

家族4人でウルトラシェアパック100を利用すると1人いくらの割引となるでしょうか?

ウルトラシェアパック100の割引料金は3,500円なので、3,500円÷4人=875円このような割引金額となりますので、家族が多ければおいほど、1人に対する恩恵は少なくなってきますね。

 

(単身世帯の場合)

パック内容割引金額割引後金額
ウルトラデータLLパック▲1,600円6,400円
ウルトラデータLパック▲1,400円4,600円
ベーシックパック ステップ4 ~20GB▲800円6,200円
ベーシックパック ステップ3 ~5GB▲800円4,200円
ベーシックパック ステップ2 ~3GB▲200円3,800円
ベーシックパック ステップ1 ~1GB▲100円2,800円

このように、単身世帯であれば最大で1,600円の割引となるわけですが、家族が2人以上いる場合ではシェアパックの方が合計料金としてはお得になっていました。

旧料金は主契約者のみが適用

割引料金が最大3,500円となる旧料金ですが、主契約者のみの携帯料金が割引されるだけになります。

 

 

新料金プランについて

まずは料金表をご覧ください。この表を見ながら次の説明を読むことで、より内容が分かりやすくなります。

料金プラン割引後金額
ドコモ光セット割1回線2回線3回線以上
ギガホ▲1,000円5,980円5,480円4,980円
ギガライト <ステップ4:~7GB>▲1,000円4,980円4,480円3,980円
ギガライト <ステップ3:~5GB>▲1,000円3,980円3,480円2,980円
ギガライト <ステップ2:~3GB>▲500円3,480円2,980円2,480円
ギガライト <ステップ1:~1GB>-2,980円2,480円1,980円

 

新料金プランは、旧料金と大きく違う点が以下の2点存在します。

  1. 主契約者以外でも割引の対象になる
  2. 三等身以内なら同居していなくても割引対象

どこがそんなにすごいのかについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

主契約者以外でも永年1,000円/月の割引

 

先ほどの説明を思い出してほしいのですが、旧プランの割引対象者はドコモ光の主契約者のみでした。これだと家族全員にパック割の恩恵が与えらませんでした。

しかし今回の新プランでは、ドコモ光の主契約者に限らず、ドコモユーザーでありさえすれば家族全員が割引対象となることとなりました。

 

しかもうれしいことに、全員が一律して1,000円引き。先ほどのウルトラパックと比べると大きな割引金額です。

ただし、ギガライトの1GB以下で契約してしまうと割引の適用外となってしまうので注意が必要。

 

また表にもありますが、ギガライトの3GB以下にすると割引料金が500円となってしまうことも知っておきましょう。

 

ファミリー割で遠く離れた家族もお得に

 

「ファミリー割」とは、最大20回線までであれば、3親等内の親族との通話が無料になるという割引制度のこと。

請求先も各世帯で別々に行えるため、お金の支払いで揉めることはありません。

 

また、同一「ファミリー割引」グループ内にドコモ回線が3回線以上あり、尚且ついずれかの世帯で「ドコモ光」を利用している場合であれば、新料金プランの「ギガホ」を月額3,980円で利用することもできます。

今までは10,000円以上かかっていた契約が、何と半分以下にまで抑えられてしまうんです。

 

新料金プランがお得なのはこういう人

 

さて、ここまで新旧料金プランを解説してきましたが、実際に新料金プランにしてお得になるのはどのような人なのか、また、旧プランを変更しない方がいいのはどんな場合なのかについて話しましょう。

まず、ギガホにしてお得なのはこんな方です。

  • ウルトラシェアパックLLを利用していた方
  • 毎月30GB以上利用する方

また、ギガライトにしてお得なのはこんな方です。

  • ベーシックパックを利用していた方
  • 毎月の容量を見直したい方

新プランでは旧プランの「4割安い」ということですが、実際のところはそこまでの水準に達していないことも多いのが現状。

 

ですが、ファミリー割やドコモ光セット割などといったシンプルな割引プランのおかげで、どうすればどの程度の金額がお得になるのかが分かりやすくなったのは魅力ですね。

 

まとめ ドコモ光×ドコモでお得なスマホライフを

 

結局、ドコモ光を契約するのであれば、ソフトバンクやauと言った他社のスマホを利用するのではなく、ドコモのスマホを利用するのがお得というお話でした。

月々の利用容量にもよりますが、ドコモ光を契約するだけで、最大1,000円何もしなくとも割引されるのですから大きなことではないでしょうか。

 

ただし、新プランではカケホー代等の電話かけ放題プランは別途で契約しないとならないため、「かけ放題オプション1,700円」か「5分間通話無料 700円」を支払う必要があるので、注意が必要。

あなたの今のご利用状況に応じて、切り替えるか旧プランを継続するのかを考えるといいでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.