ドコモ光

ドコモ光×SYNAPSEの評判はいいの?徹底調査してみました

更新日:

ドコモ光 SYNAPSE

ドコモ光のプロバイダに迷い過ぎてここまで来てしまったあなた。

お疲れ様でした。ここが終着点となってくれればいいですね。いや本当に。

 

ドコモ光のプロバイダは全部で24社もあり、その中から最も優秀なものを探そうと思うとなかなか大変ですよね。

迷い過ぎてこのようなマイナーな…失礼、地域密着型のプロバイダにまで足を運んでしまったのですから。

 

結論から先に言うとつまらないので、徐々に伝えていくスタイルでお話ししていきますが、文字を読むのが面倒というあなたのために、シナプスのポイントだけを集約しておきました。

  1. 月額料金が安いタイプA
  2. IPv6接続方式が利用できる
  3. セキュリティサポートが充実

もっと詳しい情報も知りたいという方は、画面をスクロールして読み進んでください。

口コミ情報から他社比較まで、あらゆる情報を網羅しています。

 

SYNAPSEの運営会社ってどこ?

 

あまり聞きなれないプロバイダであるSYNAPSEですが、運営元は鹿児島県の1企業である、株式会社シナプス。

スタッフのほとんどが鹿児島県出身者で構成されており、ホームページも鹿児島県への愛であふれかえっています。

 

ホームページのトップには堂々と

「インターネットで、鹿児島の毎日を笑顔にします。」

というなかなかの地域密着ぶりが見て取れます。

 

ちなみに、企業の内容は以下の表のとおりとなっていますので、ご確認ください。

 

企業株式会社シナプス
所在地鹿児島県鹿児島市中央町6-1
設立2017年4月1日

(株式会社グッドコミュニケーションズより分割・事業承継)

資本金10百万円
事業内容
  • インターネット通信事業およびその活用支援
  • ICT利活用サービスの企画・開発・提供

 

2017年に設立と記載しているので、若い会社だと思われるかもしれませんが、創業は1995年と20年以上前。

そのため、インターネットに関する技術で言えば、業界でも指折りの経験値を持っているといっても過言ではないでしょう。

プロバイダとして契約することを考えると、優良な企業であると言えますね。

 

ドコモ光×SYNAPSEがおすすめな人

 

ざっくりと言います。

ドコモ光×SYNAPSEがおすすめなのは、鹿児島県民のみ。

それ以外の都道府県民にはあまりおすすめできません。

 

もちろん、プロバイダとしてのスペックが低いからとかそういうことではなく、単純に鹿児島県のみに特化している地域のプロバイダだからです。

先ほどの企業内容にも記載しましたが、シナプスが見ているのは鹿児島県のことだけ。

その証拠に、シナプスでは以下のような他県民には厳しい規定が存在しています。

 

開通7か月以降の訪問サポートは鹿児島県内のみの対応

 

結局のところ、これが全てであり真実。実際、シナプスに関してのメリットは多いにもかかわらず、鹿児島県民にしかおすすめできないと説いているサイトは少なくない。

なのでここから先は鹿児島県民あるいは、それでもいいからシナプスについての情報が欲しいという一部のマニアに対してお話ししていきましょう。

 

ドコモ光×SYNAPSEのメリットはこれだ

 

ではこの時点で読み手は2割以下となってしまいましたが、気を取り直していきましょう。

最も大切なメリットについて。シナプスのメリットは以下の通りとなっています。

  1. 料金タイプがタイプA
  2. IPv6接続に対応している
  3. 訪問サポートが1回無料
  4. セキュリティソフトが12か月無料

既にドコモ光のプロバイダを調べている方であれば納得してもらえるかもしれませんが、メリットがこれだけというのはさびしいものです。

 

これは単に地域密着型のプロバイダだからという理由なのでしょうが、同じように山形県で頑張っているプロバイダもあるわけで、沖縄のみで頑張っているプロバイダもあります。

なので、地域密着型だから仕方だ無いと諦めても困るわけ。結局大手プロバイダは鹿児島県だろうが北海道だろうが関係なく広まっていくのだから。

 

と、こんなところでいくら吠えても意味が無いので、メリットについての解説もしていきましょう。

メリット①料金タイプがA

 

ドコモの料金タイプはA、Bの2つに分けられており、タイプAの方が月額利用金が安く設定されているので、人気の高いプロバイダはほとんどがタイプAとなっています。

両者には優劣はなく、ドコモ光とプロバイダとの契約によるということなのでしょう。

料金については表でまとめましたので参考にしてください。

 

タイプ戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

 

ただ、このメリットは他の多くのプロバイダが享受しているものなので、これぞシナプスというメリットではありません。

あくまでも「タイプBと比べると安いですよ」というくらいで捉えておきましょう。

メリット② IPv6接続に対応している

 

回線速度が重要となっているプロバイダ社会にとって重要なのが、何と言ってもIPv6接続に対応しているかどうか。

もう1声挙げるとするならば、IPv4 over IPv6に対応しているのかどうかでしょう。

 

と言うのも、インターネットの回線と言うのは、利用している人の数に応じて、速くもなったり遅くもなったりしていました。

これは、お盆休みで帰宅ラッシュで渋滞している高速道路を想像してもらえると分かりやすいかもしれません。

回線 渋滞

この状態がIPv6回線ができたことで、違う道も通れるようになりました。

その結果

速度 快適

このように高速回線を利用することができるようになったのです。

もちろん、ルーターが対応していなかったり、周辺環境によっては通信が弱くなることもありますが、基本的にIPv6回線さえあれば、ネット環境は最高の状態と言えるでしょう。

そしてシナプスはこのIPv6回線を利用しています。ただ、この回線も近年は主流となってきており、逆にIPv6でないプロバイダを探すのが難しいほどとなってきました。

メリット③ 訪問サポートが1回無料

 

これは光回線だけでなく、スマホやパソコン、タブレットの利用について少しでも不安に思うことがあるのであれば、かなり利用できるメリットとなります。

と言うのも、全国どこでも開通7か月以内に限り無料で訪問してくれるからです。

 

どのような要件であっても、インターネット環境に関連があることであれば相談に乗ってくれるため、一番初めの接続に関する作業は全てしてもらってもいいでしょう。

ただし、先ほども挙げたとおり、7か月以上経つと例えお金を払っても、鹿児島県以外の地域では訪問サポートを受けられないため、鹿児島県民にとってはうれしいサービスと言えますね。

 

このほかにも、リモートサービスと言って、オペレーターが電話越しに相談に乗ってくれるサービスも行っています。電話だけでも十分という他都道府県の方であれば、こちらでも間に合いそうではありますが。

緊急時にどうしても助けが必要となっても、自分で解決しなければならないというのは何とも心細いものです。

 

メリット④ セキュリティソフトが12か月無料

 

近年のネット犯罪は日に日に熾烈を極めており、今や海外の大企業ではホワイトハッカーなどという、自称正義のハッカーたちが企業のセキュリティ開発を進めています。

日本ではまだまだ遅れていますが、実際にそのような集団がいなければ、個人情報などあっという間にすっぱ抜かれてしまう時代となったということ。

 

個人においても同じで、ウイルス付きの迷惑メールやなりすましによる不正アクセスは、今や素人でもできてしまいますからね。

そのような中で、プライバシーの詰まったデバイスが無防備であること以上に恐ろしいことはありません。

そして、そのような情勢だからこそ、シナプスではセキュリティソフトを12か月間無料提供してくれるのです。

セキュリティの内容は以下の通り。

 

セキュリティ名マカフィー® マルチアクセス セキュリティガード(M)
主な機能
  • ウィルス・スパイウエア対策
  • フィッシング・個人情報保護
  • Webサイトの安全性評価
  • 脆弱性スキャナー
  • 迷惑メール対策
  • 双方向ファイアウォール
  • 外部メディアのスキャン
  • 保護者機能
  • ゲームモード
その他のオプション
  • 3台までインストール可能
  • シナプスがインストールから使い方までをサポート

 

通常であれば月額480円支払う必要があるソフトなので、1年間でも5,760円お得になるので、利用しない手はないでしょう。

またこのセキュリティソフト無料特典は、意外とないプロバイダも多いため、今まで紹介した他のメリットと比べると優れている点と言えますね。

 

とまあ、何とも歯切れの悪いメリット説明でしたが、ここで一旦ネット上の口コミを見て気持ちを切り替えましょう。

もしかすると、ネット上ではかなりバズっているかもしれませんからね。

 

ドコモ光×SYNAPSEの口コミ

 

ドコモ光×シナプスの口コミは、思った以上に少なかったというのが本音。

しかも、見つけた口コミも、良いものでも悪いものでもなく、ただただプロバイダがシナプスですよという宣伝のみ。

 

これほどまでに何もないということは、シナプスが全く人気のないプロバイダなのか、それとも利用している人がほとんど不満を持たずに利用できるプロバイダなのかのいずれか。

もちろん後者を期待したいのですが、あまりにも情報が少ないため断言するには至らないというのが正直なところ。

ただ、だからと言って口コミを公開すると言った以上は、見つけた口コミだけでも公表するべきなので、ここに何点か記載しておきます。

 

このほかにも、シナプスでは公式のツイッターが稼働しており、今現在のプロバイダの様子がツイッター上に挙がるため、親切心を感じる人も多いとのこと。

口コミに悪口がないのも、対応が素晴らしいからであると信じたいが、こればかりは憶測でしかないのであとはあなた次第。

 

ドコモ光×SYNAPSEのデメリット

 

あまり批判しても仕方ありませんが、シナプスには重大なデメリットが存在します。それが以下の2つ。

  1. キャッシュバックが無い
  2. Wi-Fiの無料レンタルが無い

この2つがシナプスの惜しい点と言えるでしょう。

それぞれについて、他社と比較しながら見ていきましょう。

 

デメリット① キャッシュバックが無い

 

キャッシュバックは必ずあった方がいいということではありませんが、せっかく契約するのであれば貰わない手はないでしょう。

このキャッシュバックがもらえないというのは、契約時には一切得しないプロバイダという証明になります。もちろん、キャッシュバックを狙って契約するというと良く思わない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、大手プロバイダ会社ではこぞってキャッシュバックの仕組み作りをしています。今回はその内容を表にしてみたのでご覧ください。

 

プロバイダキャッシュバック
SYNAPSE10,000dポイント
GMOとくとくBB10,000dポイント+最大20,000円
@nifty10,000dポイント+15,000円

 

ここでいうdポイントと言うのは、期限や利用方法が限定されているポイントなため、使い勝手が悪いということをチラホラと耳にします。

なので、キャッシュバックとして記載するのもおかしな話ですが、近年のポイント流行に乗っかってみました。

 

この表を見ても尚、キャッシュバックはいらないと豪語できるでしょうか。最大20,000円もらえるGMOに魅力を感じている方もいらっしゃることでしょうね。

デメリット② Wi-Fiの無料レンタルがない

 

これが実はもっとも重要なのが、Wi-Fiの無料レンタルが無いという事実。

これのどこが重要なのかと言うと、ルーターはパソコンやウイルスソフトとは違い、設定の書き換えを行うことができません。

 

すなわち、機能が無ければただの箱同然ということになります。

既に言ったようにシナプスはIPv6接続方式という最新の接続となっていますが、この快適さを享受するためには専用のW--Fiが必要になってくるのです。

それも、IPv6対応のルーターが最も望ましいですね。

これを自分で選んでそろえるというのは中々至難な業。

 

なので、このW-Fiを初めから利用できるルーターを購入しておく必要はありますね。

しかし、今最も人気のプロバイダGMOとくとくBBであれば、Wi-Fiの無料レンタルが行えるため、わざわざ他から購入てくる必要はありません。

 

GMOの他にもさまざまなプロバイダは存在しますが、それでもダントツで人気を誇っているのがGMOと言えるでしょう。

と言うのも、キャッシュバックは最大20,000円であり、v6プラスという高速回線もあり、無料ルーターは定価10,000円以上する高スペックもの。

 

無料ルーターがあるかないかでも、プロバイダの人気度にかなりの影響があるため、シナプスがあまり浸透していないということも十分に考えられます。

それほどまでにGMOとくとくBBはおすすめできるプロバイダと言っていいでしょう。

 

まとめ

 

ドコモ光×SYNAPSEについて調査してきましたが、結局のところ、鹿児島県民以外が契約する必要はないプロバイダです。

訪問サポートが7カ月以上経っただけで切れてしまうというのが、他県民にとっての利用価値を下げていく原因ではないでしょか。

 

ただ、保有しているメリットは素晴らしく、無料Wi-Fiルーターがあればさらに知名度や口コミでの優良意見が増えていくのではないでしょうか。

もしもシナプスよりもいいプロバイダをさがしているというのであれば、GMOとくとくBBが最もおすすめ。

 

速いし安いしサポートも充実しているという超優良プロバイダ。興味があればこちらをどうぞ。

ドコモ光×GMOとくとくBBは本当にお得なの?気になる評判を検証してみた

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.