ドコモ光

ドコモ光のdポイントがもらえるのはいつ?ポイントをお得に貯める方法とは

ドコモ光 dポイント

ドコモ光では、契約するとお得なキャンペーンを何度も実施しています。2020年1月現在では、dポイント20,000ポイントプレゼントキャンペーンという、過去最大級のキャンペーンを行っています。

ちなみにdポイントとは、提携先のコンビニやレストラン、携帯代金の支払いなど、幅広い面で活用できるポイントマネーのこと。

 

キャッシュレス化が叫ばれている昨今では、特に人気の高いサービスの1つとして注目されています。

ただ、このキャンペーンはいつまで続くのか分からず、気が付いたら終わっていたなんていうこともしばしばあります。せっかくドコモ光を契約しても、キャンペーン終了後では損した気分になりますよね。

 

そこで今回は、過去最大級にお得なdポイントプレゼントキャンペーンを逃さないための注意点や、ちょっとしたdポイントの貯め方についてお話ししていきます。

 

ドコモ光のdポイントって何?

 

そもそも、ドコモ光のdポイントとは何かと言うことについてお話ししておきましょう。

dポイントとは、ファストフードやコンビニなどの買い物で利用できるポイントサービスのこと。ここでは、ドコモ光を契約したことにより受け取ることのできるポイントのことを指します。

 

dポイントを貯めるには、dポイントクラブのアカウント登録をする必要があります。さらに、以下のカードのいずれかを取得しなければなりません。

  • dポイントカード(年会費無料)
  • dカード (2年目以降1,250円)
  • dカードGOLD  (年会費10,000円)

これらの内いずれかを作成する必要があるのですが、クレジットカードを作りたくないという方はdポイントカードの作成をしましょう。

 

ちなみに、dカードは前年度に一度でも利用したことがあれば年会費が無料となります。年会費を支払いたくないのであれば、1度は利用するようにしましょう。

また、もっと効率的にdポイントを稼ぎたいという方であれば、dカードGOLDを作成してもいいでしょう。

 

通常であれば「100円=1dpt」ですが、dカードGOLDにすると10倍のポイントが付与されるからです。のちの項で、賢いdポイントの貯め方もお伝えしますので、是非参考にしてください。

dポイントについてお伝えしたところで、今回の重要なテーマである、ドコモ光契約時のdポイントのもらい方についてお話ししていきましょう。

 

ドコモ光でdポイントを受け取る際の注意点

 

冒頭でも説明した通り、2020年1月現在ドコモ光では新規もしくは事業者変更にてドコモ光を契約した方全員に、20,000dポイントをプレゼントしています。フレッツ光からの転用は5,000dポイントです。

一昔前であれば、何の役にも立たないようなポイントでした。なので、未だに何の価値もないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、最近はdポイントを利用できる店が大幅に増加し、コンビニエンスストアやファストフード店などでもdポイントでの買い物を楽しめるようになりました。

なので、「dポイントをもらう=お買物券をもらう」といっても過言ではないでしょう。

 

ただ、ドコモ光の契約キャンペーンでもらえるdポイントには、受け取る際の注意点が3つほど存在しています。もしも1つでも破ってしまえば、dポイントのプレゼントは無かったことになります。

せっかくのプレゼントを不意にしないためにも、以下で説明する注意点は守るようにしましょう。

 

注意点① dポイントクラブ会員であること

 

まず大前提として、dクラブ会員でなければdポイントの付与ができません。

dポイントクラブ会員とは、先ほども説明した通りで、入会費・年会費無料のポイントプログラムのことです。

 

意外と忘れがちなので、ドコモ光を契約するのであれば、契約前にでも登録してしまいましょう。

 

注意点② ドコモ光の契約後7か月以内に開通すること

 

こちらはほとんどの方が心配いらない点ではありますね。いつも忙しく、ドコモ光の契約をしてから7か月たっても一向に工事の段取りが取れないというのであれば仕方ありませんが。

通常であれば、2週間~1か月程度で光回線の工事は終了します。なので、dポイントを受け取るためだけでなく、さくっと開通してしまって、快適なインターネット環境を楽しんでください。

 

ただし、3月や4月と言った引っ越しシーズンと呼ばれる時期は、地域によっては予約がとりづらいこともあるかもしれません。

なので、契約したらなるべく早めに工事費等の段取りをつけておくことをお勧めします。

 

注意点③ ドコモ光契約翌月までにペア回線とすること

 

ドコモ光の大きな特徴の内の1つが、ドコモのスマホとのセット割なのですが、たまにドコモのスマホ本体を解約する方がいらっしゃるようです。

もちろん悪いことではないのですが、ドコモ光としてはdポイントを付与するまでに解約されてしまうと困るわけです。

 

厳密に言えば、ドコモ光を開通してから3か月間はドコモのスマホは解約しないようにしましょう。開通後3か月でdポイントが付与されるからです。

ただ、ドコモ光のスマホセット割は、2019年9月に新料金制度となってからの評価が高く、他社の携帯会社に負けずとも劣らないほどの割引制度を実施しています。

 

なので、余程のことが無い限りは、ドコモ光を継続している間はドコモのスマホの契約をしておくのがおすすめ。

 

ドコモ光のdポイントはいつ付与されるの?

 

ドコモ光のdポイントは、遅くとも開通後3か月後には付与されます。

ちなみに、2020年1月現在行われているキャンペーン内容は以下のようになっています。

新規契約・事業者変更の場合…20,000ポイント

フレッツ光からの転用の場合…5,000ポイント

今ならではの高額キャンペーンなので、利用しない手はないでしょう。

 

dポイントの期間・用途限定に注意

 

もらえるdポイントですが、1つだけ注意しなけらばならないポイントがあります。それは、利用期限や用途が限定されているということ。

具体的に言えば、進呈された月から起算して6か月ということになります。

 

さらに、通常のdポイントと違い、他のポイントへの変換や商品の抽選等に利用することができません。あくまでも商品券のような利用をしなければならないのです。

念の為、ドコモの公式ページからの言葉を引用しておきます。くれぐれも気を付けてください。

 

進呈するポイントは「dポイント(期間・用途限定)」となります。「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」、「ケータイ料金の支払い」、「データ量の追加」にはご利用になれません。また、進呈するdポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月含む6か月となります。詳しくは「別ウインドウが開きますdポイントクラブサイト」をご確認ください。 (ドコモ公式ホームページより)

 

dポイントのちょっとした貯め方

 

dポイントは通常100円=1dptで貯めることができますが、なかなかうまく貯めることができず悩んでいる方もいらっしゃいます。

なので、ここでは毎月一定ポイント数以上を貯める方法をお伝えしていきます。もしかすると、すでにやっていることもあるかもしれませんが、まだ試したことのない方法があれば試してみましょう。

 

ちなみに、今回お伝えする方法は以下の通りです。

  • 買い物で貯める
  • ゲーム・キャンペーンで貯める
  • 携帯料金の支払いで貯める

貯め方① 買い物で貯める

 

これは最もスタンダードな貯め方と言えるでしょう。買い物で利用できる貯め方には以下の3種類があります。

  1. dポイントカードを提示する
  2. スマホで「d払い」をして貯める
  3. 「dカード」を利用して貯める

それぞれのメリットとデメリット、使い方をまとめてみましたので参考にしてください。

 

メリットデメリット使い方
dポイントカード
  • 年会費・入会費無料で利用できる
  • クレジット機能がないので、悪用される心配がない
  • dポイントカードが利用できる店でしかポイントが貯まらない
  • dポイント加盟店にて提示する
d払い
  • スマホで完結できる
  • 翌月支払になるので現金がいらない
  • ネットショッピングでも利用できる
  • 携帯料金と同時に決済される
  • いくら使用したのか把握しなければならない
  • オンラインストアで「d払い」を選択して利用する
  • 店頭で「d払い」を指定する
dカード
  • 水道・ガス・光熱費など、あらゆる支払に利用できる
  • グレードをGOLDに挙げることでポイントが10倍になる
  • 特約店で利用でポイントが倍になる
  • クレジット払いになる
  • 利用しなければ年会費が発生する
  • 光熱費やガス料金、新聞代金など、毎月の固定費支払に利用
  • 特約店にて利用する

 

このように、それぞれの買い物方法によって貯め方が変わってきます。なので、あなたの利用方法に合った使い方をしましょう。

貯め方② ゲーム・キャンペーンで貯める

 

この方法は、dポイントクラブにて開催されているゲームやキャンペーンに応募することでdポイントを貯める方法です。

dポイントクラブでは、毎日様々なキャンペーンが実施されており、抽選系のイベントから無料会員登録系のイベントまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

 

特に、期間限定で行われているdポイント○倍キャンペーンは魅力的。期間中に「dカード」もしくは「d払い」を利用した方全員に、通常の3倍や10倍といったポイントが還元されます。

また、開催されているキャンペーンに魅力的なものが無かった場合も、毎日行っているアンケートやゲームなどで気軽にポイントを稼ぐことができます。

 

dポイントクラブ会員を登録したら、早速ご覧になってはいかがでしょうか。

 

貯め方③ 携帯料金の支払いで貯める

 

もっとも簡単な方法として、毎月の携帯料金もしくはドコモ光の利用料金を「dカード払い」にして支払うことで、ポイントを貯める方法があります。

例えば、毎月の支払いが合計10,000円あったとすれば、月々何もしなくとも100ポイントが勝手に貯まっていきます。

 

そして、1年間で換算すると1,200ポイントの還元になるのです。こうなると、いちいち店頭でクレジットカードを利用することもありませんし、支払いが嵩むことを気にする必要もありません。

さらにもっと効率よくdポイントを貯めたいというのであれば、dカードGOLDがおすすめ。

 

GOLDカードにて支払をすることにより、還元率が通常の10倍となります。なので、月々10,000円の支払いがある場合、毎月1,000ポイントが自動で入ってくる計算になります。

ということは、年間で12,000ポイントが手に入ります。もちろん、家族全員がドコモユーザーであれば、家族中の携帯代金をまとめることで、よりお得にポイントを貯めることができます。

 

年会費が10,000円発生しますが、十分元が取れる計算となりますので、もしも毎月の支払が高額であればGOLDカードの利用をしてみるのもいいでしょう。

 

dポイントの使い道

 

貯める方法が分かったのであれば、続いては使い道についてもお伝えしておきましょう。といっても、今回のポイントであるドコモ光のdポイントは期間・用途限定のポイントなので、使い道は限定されています。

しかし、本来のdポイントは、使い道が幅広く様々な用途に利用できるので、契約後に貯めたポイントの使い道を考えてみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

ここでは、通常のdポイントの使い道についてお伝えしていきます。

 

使い道① 携帯代金の支払い

 

これが最もおすすめする使い道であり、dポイントで毎月の携帯代金の支払いを行う方法となります。

折角貯めたポイントですが、実際に利用するタイミングに恵まれず、タンス預金のようなことになっている方も少なくありません。

 

通常、dポイントは48か月で消滅してしまいます。なので、利用するタイミングが無いのであれば、携帯代金に充当してしまうのもありでしょう。

利用できるポイントは、通常の買い物等で貯めたものに限られており、期限・用途限定のポイントは利用できないので注意しましょう。

 

支払いは1ポイントから利用できるため、使い残しなく利用できるのもありがたいですね。

 

使い道② ショッピング

 

こちらは、dポイント提携店にて「d払い」もしくは「dポイントカード」にて支払を行うケースとなります。

提携店はdポイントクラブ会員ページに掲載されていますが、ここではその一部を紹介します。

 

LOWSON・マクドナルド・マツモトキヨシ・高島屋・やまや・Joshin・Nojima・エディオン・TOKYUHANDS・かっぱ寿司・ライフ・ドトール珈琲など
FamilyMart・LOWSON・エディオン・Joshin・ビッグカメラ・ケーズデンキ・ウエルシアグループ・マツモトキヨシ・スギ薬局・高島屋・松屋・かっぱ寿司など
amazon・メルカリ・nojima online・ひかりTVショッピング・SHOPLIST・BUYMA・SMT・高島屋・Jetstar・DHC・ABCMART・無印良品

これら以外でも利用できるショッピングは数多く存在しています。詳細はdポイントクラブにて確かめましょう。

使い道③ 商品交換で使う

 

dポイントクラブでは、貯まったdポイントを商品と交換したり、Google Playのギフト券などと交換することができます。使用できるポイント数により、交換商品が変わりますが、中には豪華賞品もあります。

クラブ会員ページを見て、気になった商品を調べてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、dポイントについてまとめてみました。ドコモ光を契約することで、様々な形で手に入るdポイントですが、意外と使い道がはっきりと理解できていない方も少なくありません。

なので、今回のことをきっかけにして、様々な場面でdポイントを活用してもらえればうれしいです。

 

また、ここでは紹介しませんでしたが、ドコモ光では契約更新者全員に「ありがとうポイント」なるものを3,000ポイント進呈しています。

なので、もう少しで契約更新になるという方は、ボーナスポイントが待ち構えているので、早まって解約してしまわないようにしましょう。