ドコモ光

ドコモ光でWi-Fiに接続する方法教えます!!おすすめルーターの選び方

更新日:

ドコモ光 Wi-Fi

ドコモ光でWi-Fi環境を利用したいというあなたにとって、重要なことをお伝えします。

それは、Wi-Fi環境を作ることは、そんなに難しいことではなく、むしろあっという間に終わってしまうことだということ。

 

最近はインターネットが普及し始めたせいか、Wi-Fi1つとっても様々な情報が入り混じっていますよね。なので、始める前から敬遠してしまう方も少なくありません。

しかし安心してください。この記事では、Wi-Fi初心者の方でもわかりやすいように、Wi-Fiの仕組みから、おすすめのルーター選びの方法までを詳しく解説しています。

 

もしも、何か理解の難しいポイントがあれば、気軽にご覧ください。

 

Wi-Fiって何?

WiFi システム 構造Atermstationより引用

 

ここの項は、Wi-Fiの仕組みから知っておきたいという方向けなので、興味のない方は読み飛ばしてもらっても構いません。

ただ、次の項から説明する接続機器が、なぜ必要なのかについて理解することができるため、全然仕組みを理解していないというのであれば読んでいただくと、すっきりするでしょう。

 

無線LANのブランドの1つに「Wi-Fi」がある

 

あまり知られていませんが、Wi-Fiは数ある無線LAN製品の中の1つのブランド名だったということはご存じだったでしょうか。

そもそも、無線LANが開発されたのは、LANケーブルを使わずにインターネットを利用したいと思い立ったからです。

 

しかし開発当初は、それぞれのメーカーが思い思いの無線LANを開発したため、同じプリンター機にもかかわらず、A社は繋がるのにB社は繋がらないという問題がいくつも発生していました。

これでは、せっかく無線LANを利用したのに意味がありません。

 

そこで、全ての製品が接続できる「Wi-Fi」という無線LANを開発したのが、Wi-Fiの始まりです。

これにより、全てのメーカの製品が無線でつながるようになり、今では「無線LAN=Wi-Fi」と言われるようになったのです。

Wi-Fiのメリットとは

 

では、巷で叫ばれているWi-Fiを導入することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。実は、下記のように意外と多くのメリットが存在しています。

  1. 通信料を節約できる
  2. 1台で複数台の機器に接続できる
  3. 邪魔な配線が無くなる

Wi-Fiを利用することにより、パケット通信料がいらなくなるため、家計の手助けになります。また、無線LANということもあり、家中どこにいてもインターネットを利用することができるのもWi-Fiの特徴。

 

最近では、持ち運びができるポケットWi-Fiというものを出ており、外出中でも手軽にWi-Fiを利用することができるようになりました。

 

ルーターとかモデムって何?

 

Wi-Fiを設置する際に必ず目にする単語、「ルーター」と「モデム」。このほかにもONU(光回線終端装置)というものもありますが、とにかく意味が分かりませんよね。

なので、一体どのようなものなのかをこの場でサッと解説しておきます。

 

ルーターとは

 

パソコンやスマホなどといった端末を、インターネットにつなぐ役割を果たしている装置のこと。無線タイプのものと有線タイプのものの両方がありますが、Wi-Fi利用時は無線ルーターと呼ばれるものを利用します。

 

モデムとは

 

ルーターが端末とインターネットをつなぐ役割をしているのに対し、モデムは電話回線(アナログ回線)を使ってインターネットに接続できるようにする装置のこと。

また、アナログ信号をデジタル信号に変換している装置でもあります。ただし、ドコモ光のように、光回線を利用する際には必要ありません。代わりに次説明するONU(光回線終端装置)を利用します。

 

ONU(光回線終端装置)とは

 

光信号をデジタル信号に変換する装置のこと。先ほど紹介したモデムの光信号バージョンだと覚えておくといいでしょう。

ちなみに、モデムかONUがなければ、ルーターに信号が届かないためインターネットへの接続はできません。ドコモ光ではONU一体型ルーターをレンタルできます。

 

以上がWi-Fiの基礎知識でした。ここまでのことを理解しておけば、今からお話しする内容もすっきりと入るでしょう。

 

ドコモ光のWi-Fiルーターについて

 

ドコモ光でWi-Fiを設置する際には、特別な設置工事などは必要ありません。ルーターやONUを設置する場所さえあれば十分。

そして、ドコモ光ではWi-Fiルーターの取得方法について、以下の2パターンの方法がとれます。

  1. ドコモ光でONU一体型ルーターをレンタルする
  2. ドコモ光から提供されるONUにルーターを接続する

先ほども紹介したように、ルーターは単体では機能しないため、どうしてもONUが必要となってきます。

一見すると、一体型のルーターをレンタルしたほうが便利に思えますが、実はここにはちょっとしたからくりがあります。

 

設置方法① ONU一体型の光電話対応ルーターをレンタルする (月額100~300円)

 

ドコモ光の契約と同時に「ドコモ光電話」という固定電話オプションに加入すると、Wi-Fi機能なしのルーターかWi-Fi機能ありのルーターのいずれかをレンタルすることができます。

この際、Wi-Fi機能ありのルーターをレンタルすることで、自動的にWi-Fi接続も可能となります。

 

ちなみに、このONU一体型のルーターのことを「ホームゲートウェイ」と呼んでいます。

使用料金はNTT東日本エリアとNTT西日本エリアでこのように分けられています。

 

エリアレンタル代金
NTT東日本300円
NTT西日本100円
「ドコモ光」+「ドコモ光電話」の加入が絶対条件となります
この場合であれば、設置の際に煩わしいことをしなくて済むということが挙げられます。しかし、光電話に加入しなければならないため、必要でない方にとっては毎月500円の不要な費用が嵩みます。
ただ、安心してください。なんとドコモ光では、無料でWi-Fiルーターを利用できる方法が存在しています。それが次の方法です。

設置方法② ドコモ光に提供されるONUにルーターを接続する (無料でも可)

 

ドコモ光では、契約した際に必ずONUが無料で貸し出されます。そのONUにあなたの用意する無線ルーターを接続するのがこの方法です。

ルーターの取得方法は以下の通り。

  1. 自分で購入する
  2. ドコモ光で販売している「ドコモ01ルーター」を購入する
  3. 無料でレンタルできるプロバイダを探す

はっきり断言すると、このうちあなたがとるべき行動は②か③のどちらかがベスト。というのも、自腹でルーターを購入すると、規格が合わないということがあるからです。

 

規格が合わなければ、通信速度が思ったほどでず、せっかくの光回線が無駄となってしまいます。余程ルーターについて詳しいのであればともかく、光回線初心者というのであれば、おとなしく②か③を選びましょう。

ちなみに、どうしての自分でルーターを購入したいと言う方のために、ルーター選びに重要なポイントを記載しておきますので参考にしてください。

  • ルーター選びのポイント
  • ①アンテナ数の多いものを探す ②MU-MIO機能のあるものを探す ③値段が1万円前後のものを探す

 

おすすめはプロバイダで無料レンタルすること

 

ドコモ光では24社のプロバイダを選ぶことができます。そして、その中でも最新型のWi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダがいくつか存在しています。

もちろん、無料だからと言って低スペックということではなく、後で紹介する「ドコモ光ルーター01」を無料レンタルできるプロバイダもあるのです。

 

ちなみに、プロバイダで選ぶ際はv6プラスという接続方式を採用しているプロバイダにしましょう。その中でも特におすすめなのが以下に掲げた5つのプロバイダ。キャッシュバック等の特典がついているのでお得です。

 

プロバイダメリット
GMOとくとくBB
  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 全社比較1位の高性能ルーターが無料
  • ウイルスバスター0
plala
  • もれなく15,000円キャッシュバック
  • マカフィーが24か月無料
@nifty
  • 新規申込で20,000円キャッシュバック
  • 会員特典で施設優遇制度がある
  • サポートが豊富
  • セキュリティソフトが12か月無料
OCN
  • セキュリティサービスが豊富
ドコモnet
  • ドコモ光ルーター01が無料レンタルできる
  • セキュリティソフト12か月無料

 

この表では特にGMOとくとくBBがおすすめ。というのも、無料でレンタルできるルーターの性能が、他社と比較しても段違いという点があげられます。

また、キャッシュバックやサポートの面からは@niftyが優秀と言えるでしょう。何を基準に選ぶのかはあなた次第なので、気になったプロバイダを調べてみましょう。ちなみに、全プロバイダを比較した記事もあるので、興味があればごらんください。

 

ドコモ光ルーター01を購入する

 

 

ドコモ光ルーター01はドコモのオンラインショップで8,800円(税抜)で購入することができます。

スペックとしては申し分なく、v6プラスにも対応しているルーターとなります。ただし、先ほどの表にも記載しておきましたが、ドコモnetで無料レンタルできるので、あえて購入する必要性は低いでしょう。

 

ドコモ光でWi-Fiを接続する方法

 

ではここからは、実際にWi-Fiルーターを設置する方法についてお話ししていきます。

ルーター設置と聞くと、なんだか面倒だと思えるかもしれませんが、やってみると案外簡単なもの。

 

プロバイダ等でルーターを頼んだ際に一緒に届く、設定マニュアル等を見ながら設置していきましょう。

ここでは一般的な設置方法について順を追って説明していきます。

 

設置手順① ルーターとONUを接続する

 

ルーターとONUをLANケーブルで接続します。ルーターにはいくつもの差込口があるので、どこに挿せばいいのか分からないかもしれませんが、「WAN」と記載があるところに挿し込めば間違いありません。

 

接続手順② 電源を入れる

 

ルーター本体の電源をいれましょう。ランプが点灯したら電源が入ったことを表しています。

 

接続手順③ 端末で受信してパスワードとIDを入れる

 

今の手順②まででルーターの設置作業は終了しました。本当に簡単だったのではないでしょうか。

あとはお手持ちのスマホやパソコンにIDとパスワードを設定してWi-Fi接続は終了となります。

この方法は端末ごとにことなるので、設定マニュアル等を見ながら操作しましょう。

 

まとめ

 

今回は、ドコモ光のWi-Fi設置についてお話ししました。一番初めの解説を読まれた方は、それ以降の文章を何となくで読めるようになったのではないでしょうか。

反対に、全く何の知識もなく途中から読み始めてしまった方にとっては、少し分かりづらい内容だったかもしれませんね。しかし、その点においては前置きしているので仕方ないと割り切りました。

 

話は戻しますが、ドコモ光のWi-Fi設置に関しては様々な方法を取ることができるのですが、あなたにあった方法は見つかったでしょうか。

ルーターをプロバイダから無料レンタルするか、それともドコモ光からレンタル又は購入するかはあなた次第。少しでもお得だと感じる方法を選んでいただけると幸いです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ドコモ光

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.