インターネット

光コラボレーションの解約は電話でOK?解約金発生の有無について

更新日:

光コラボレーション 解約 解約金 電話

光コラボレーションを契約したはいいけど、使ってみると回線が混雑していて通信が安定せず、解約をお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、いざ解約しようと思っても、解約の手順がわからず困る方も少なくはありません。

そこで今回は、光コラボレーションの解約の流れや、どこに問い合わせればいいのか、解約にはいくらかかるのかといった情報をわかりやすく解説していきます。

合わせて、解約費用ゼロで光コラボレーションを解約する方法も最後に2つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、解約の流れから順にみていきましょう。

解約の流れ

光コラボレーションの解約手順は、どの事業者でもほとんど同じです。

  1. 解約金について確認する
  2. 乗り換え先に新規申し込みを行う
  3. 「お客様ID」を準備する
  4. 現在契約している事業者に電話で問い合わせる
  5. 解約の意思を伝える
  6. 解約金について確認する

以上、たった6つの手順だけで簡単に解約が完了します。
それでは、光コラボレーションを解約する手順を具体的に解説していきます。

解約金について確認する

光コラボレーションの解約に進む前に、まずは解約金がどれだけかかるのかを確認しましょう。

契約更新月以外での解約の場合、解約違約金がかかる可能性が高いです。それを踏まえた上で、今解約するべきなのかどうかをしっかりと見極めましょう。

また、解約月の月額料金はどのように請求されるのかも確認しておくと、解約後のトラブルも事前に防ぐことができるのでオススメです。

乗り換え先に新規申し込みを行う

光コラボレーションの解約手続きの前にしておかなければならないことは、乗り換え先を決め、新規申し込みを行うことです。

乗り換え先に新規申し込みを行わずに光コラボレーションの解約を行なってしまうと、2週間ほどインターネットが利用できなくなってしまいます。家でパソコンを利用する方にとっては致命的ですよね。

乗り換え先を決め、新規申し込みを行う時に、新しい回線の開通日を聞いておくことが大切です。
新しい回線の開通日に合わせて光コラボレーションの解約を行うことで、スムーズに回線の乗り換えが可能になりますよ。

「お客様ID」を準備する

実際に、解約手続きに進む前に「お客様ID」を手元に準備しておきましょう。解約される方の情報をすぐに特定できる情報があるだけで、スムーズな手続きを行えます。
「探しても見当たらない」「捨ててしまった」という方は、解約の際に担当者に伝えることで解決するので、安心してください。

現在契約している事業者に問い合わせる

基本的に光コラボレーションの解約は、電話・ネット・店頭のどこからでも大丈夫です。

実店舗がない場合は、電話で解約を申し込みましょう。1番簡単に解約が可能ですし、疑問に思ったことはその場で直接質問ができるので、解約金などで起こるトラブルも防ぐことができます。

解約の意思を伝える

光コラボレーションの解約と同時に、プロバイダも解約の申し込みをしましょう。光コラボレーションを解約するだけだと、プロバイダの月額料金を払い続けることになります。

しかし、以下のような事業者は回線とプロバイダが一体型となっており、光コラボレーションを解約すると、自動的にプロバイダも解約されます。

  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • @nifty光

上記の事業者以外にもプロバイダ一体型は存在するので、ご自身の利用している光コラボレーションがプロバイダ一体型ではないか調べておくことをオススメします。

また、新規契約する乗り換え先でも同じプロバイダを利用できることもあるので、乗り換えの際に1度聞いてみましょう。

解約の後にするべきこと

  1. レンタル機器を速やかに返却する
  2. 回線撤去工事を行う

レンタル機器を速やかに返却する

光回線を繋げるために会社からレンタルしている機器は、解約手続きの後に速やかに返却しましょう。返却しなければいけない機器は以下の3点が当てはまります。

  • VDSLモデム
  • ONU
  • ホームゲートウェイ

解約手続きの後に、ご自宅まで放送用の袋と伝票が送られてくるので、そこに以上の3点の機器を入れてコンビニや郵便局にて発送申し込みをしましょう。

回線撤去工事を行う

回線撤去工事に関しては、一戸建てにお住いの方は必要ありません。

賃貸のアパートやマンションにファミリータイプの光回線を引き込み、現状復帰が必要な方のみ、解約連絡の後に回線撤去工事を行うようにしましょう。

【各事業者別】解約受付・解約費用

ここからは、人気の光コラボレーション事業者別に「解約するときにどこに申し込めばいいのか、解約すると、一体いくらかかってしまうのか」についてわかりやすく解説していきます。

  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • ドコモ光
  • So-net光
  • U-next光

紹介していくのは、以上の5社についてです。それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光

解約受付

ソフトバンク光は、ソフトバンクショップ・電話にて解約手続きを受け付けています。解約をお考えの方は、お近くのソフトバンクショップに直接足を運ぶか、以下に問合せましょう。

お問合せ先:SoftBank光 サポートセンター
電話番号:186-0800-111-2009
受付時間:10~19時

解約費用

ソフトバンク光を契約更新月以外の解約をしてしまうと、以下の解約違約金が発生します。

  • ファミリータイプ:9,500円
  • マンションタイプ:9,500円

上記の金額に加えて、解約月の利用料金がのちに請求されます。ソフトバンク光は日割り計算なので、月末まで待たずに解約したい日に解約手続きを行いましょう。

ビッグローブ光

解約受付

ビッグローブ光は、電話にて解約手続きを受け付けています。解約を申し込む際は、以下に問い合わせましょう。

お問合せ先:ビッグローブカスタマーサポート
電話番号(一般電話から):0120-86-0962
電話番号(携帯から):03-6385-0962
受付時間::10~19時

解約費用

ビッグローブ光を契約更新月以外の解約をしてしまうと、以下の解約違約金が発生します。

  • ファミリータイプ:9,500円
  • マンションタイプ:9,500円

上記の金額に加えて、解約月の利用料金がのちに請求されます。ビッグローブ光は日割り計算ではなく、月初に解約を申し込んだとしても、その月の利用料金が全て請求されるため、注意が必要です。

ドコモ光

解約受付

ドコモ光は、ドコモショップ・電話にて解約手続きを受け付けています。解約をお考えの方は、お近くのドコモショップに直接足を運ぶか、以下に問合せましょう。

お問合せ先:SoftBank光 サポートセンター
電話番号(一般電話から):0120-800-000
電話番号(ドコモ携帯から):(局番なし)151
受付時間:9~20時

手続きに数日かかる場合もあるので、余裕を持った解約の予定を立てることをオススメします。また、ドコモ光のプランによって、プロバイダ一体型とプロバイダ別で契約しているものがあるので、しっかりと調べてから解約を申し込みましょう。

プロバイダの解約をうっかり忘れてしまっていると、ドコモ光を解約した翌月からもプロバイダ料金だけ支払っている状態になりますので、チェックしておきましょう。

解約費用

光を契約更新月以外の解約をしてしまうと、以下の解約違約金が発生します。

  • ファミリータイプ:13,500円
  • マンションタイプ:8,000円

上記の金額に加えて、解約月の利用料金がのちに請求されます。ドコモ光は日割り計算ではなく、月初に解約を申し込んだとしても、その月の利用料金が全て請求されるため、注意が必要です。

So-net光

解約受付

So-net光は、So-net会員ページからのみ解約手続きを受け付けています。そのため、解約ではなく「退会」手続きを行うことになります。

退会手続きでわからない点があれば、以下のお問合せ先に連絡しましょう。しかし、電話では退会申し込みはできないので注意が必要です。

お問合せ先:So-netインフォメーションデスク
電話番号:0120-80-7761
受付時間::9~18時

解約費用

So-net光では、お得な「長割」のプランにしている場合、30ヶ月の利用条件になっています。30ヶ月目以外の解約をしてしまうと、以下の解約違約金が発生します。

  • ファミリータイプ:7,500円
  • マンションタイプ:7,500円

上記の金額に加えて、解約月の利用料金や、未払いの工事費がのちに請求されます。

So-net光の工事には、24,000円かかります。その工事費を30ヶ月に分割して、毎月800円づつ支払っています。そのため30ヶ月未満で解約をしてしまうと、工事費の未払い分が生じてしまい、あとで請求されます。

U-NEXT光

解約受付

U-NEXT光は、電話にて解約手続きを受け付けています。解約を申し込む際は、以下まで問い合わせましょう。

お問合せ先:U-NEXT光カスタマーサポート
電話番号:0120-010-987
受付時間::11~19時

解約費用

U-NEXT光を解約すると、以下の4つの料金が発生します。

  • U-NEXT光にねん割の違約金
  • プロバイダ「U-Pa!」の違約金
  • 解約月の月額利用料金(日割り計算)
  • 工事費の未払い

U-NEXT光の解約費用は、最大で2万円程度かかってしまうので、注意が必要です。事前にU-NEXT光カスタマーサポートまで問い合わせ、実際いくら解約費用がかかるのか確認しましょう。

解約費用ゼロで光コラボレーションを解約する方法

以上の内容を見ていただくとわかる通り、ほとんどの光コラボレーションは契約更新月以外での解約には「解約違約金」というものが発生してしまいます。

しかし、解約費用がタダで光コラボレーションを解約する方法が2つあるんです!
最大で2万円程度かかってくる解約費用が0円になるかもしれません。

それでは、具体的に以下で解説していきます。

契約更新月に解約する

光コラボレーションの契約更新月に解約を申し込むことで、解約費用は0円に抑えられます。
「契約更新月を忘れてしまった…」という方は、前述した各事業者のお問合せ先に電話しましょう。

契約更新月が3ヶ月以上であれば、解約違約金を払ってまで乗り換えてもいいと思いますが、契約更新月まで1,2ヶ月というのであれば、しばらく待ってから解約することをオススメします。

乗り換え先のキャンペーンを利用する

乗り換えの際に、「他社解約違約金負担」というキャンペーンを行なっている事業者が存在します。その名の通り、他社の解約で発生した解約違約金を代わりに負担してくれるというキャンペーンです。

そんな便利なキャンペーンを行なっている人気事業者の一例をあげると

  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • eo光
  • コミュファ光

になります。その中でも特にソフトバンク光は最大100,000円まで解約違約金を負担してくれるので、実質全額負担になるでしょう。

このキャペーンをうまく利用することで、契約更新月でない場合でも安心して解約を申し込むことができるので、契約更新月が3ヶ月以上先の方は「他社解約違約金負担」を行なっている事業者に乗り換えることをオススメします。

悪質業者と契約してしまった場合は…

光コラボレーションの事業者は現在700社以上と言われており、その中では悪質な業者も少なからず存在します。

特に、しつこい電話勧誘からの契約はあまりオススメしません。
光コラボレーションからの電話を受けたことがない方でも、NTTやフレッツ光から「インターネットの料金が安くなります」といった内容の電話がかかってきたことはあるのではないでしょうか。
実はこの電話が悪質な光コラボレーションの勧誘電話になります。

NTTから直接、光コラボレーションの勧誘電話がかかってくることはまずありえませんので、注意が必要です。

悪質な光コラボレーション事業者から申し込むことで、実際に以下のようなトラブルが起こっています。

  • 知らない高額オプションが付いている
  • 速度が遅くなっている
  • 料金が高くなる

もし悪質な業者と契約してからすぐに気がついた場合、すぐに解約手続きを申し込むことをオススメします。契約してから8日以内であれば、「初期契約解除法」という法律があるので、解約解除を行える可能性が高いです。

「初期契約解除法」とは、いわば通信サービスにおけるクーリング・オフ制度です。
具体的に説明すると、「契約書面の受領日から8日寛が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみで契約を解除しても良い」という制度になります。

安いからという理由だけで契約してしまうと、悪質な業者に引っかかってしまう可能性があるので、乗り換え契約は慎重に行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、光コラボレーションの解約の流れや、どこに問い合わせればいいのか、解約にはいくらかかるのかについて解説し、費用をかけずに解約をする方法まで紹介してきました。

改めておさらいをすると、光コラボレーションの解約は以下の6つの手順で完了します。

  1. 解約金について確認する
  2. 乗り換え先に新規申し込みを行う
  3. 「お客様ID」を準備する
  4. 現在契約している事業者に電話で問い合わせる
  5. 解約の意思を伝える
  6. 解約金について確認する

解約後のトラブルを発生させないために、この記事を参考にして、ご自身の正確な発生金額をチェックしておきましょう。

-インターネット
-,

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.