インターネット

光コラボ間を楽々乗り換え!事業者変更(再転用)する方法徹底解説

更新日:

光コラボ 乗り換え 事業者変更 再転用

皆さんは光コラボレーション間での乗り換えが2019年の7月1日から手続きが楽にできるようになったことは知っていましたか?

ちなみに光コラボレーションとは、「光コラボ」と略されることが多く、NTT東日本とNTT西日本が所有している「光回線」を借りてインターネットに接続するサービスの事です。

2019年7月1日より、解約してから再度契約し直すという面倒な手間が必要なくなったのですが、そのことをそもそも知らなかった人や、話には聞いたけど詳しくは知らない人も少なくはないかと思います。

この記事ではそんな方のために、事業者変更についての基礎知識から、事業者を変更する方法、変更の際の注意点まで詳しく解説してきます。

知らず知らずのうちに料金や快適さの面で損をしてしまっていることもありますので、この記事を読んでお得に正しく契約しましょう。

事業者変更(再転用)ついての基礎知識

「転用」や「事業者変更」などは、普段生活する上ではなかなか耳にしないような言葉であるため、いきなり説明されても理解することは難しいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にもわかりやすく記事を読んでいただき、正しい情報を得てもらうために、まずそれらの専門用語や基礎的な知識についてわかりやすく紹介していきたいと思います。

再転用の前にそもそも転用とは?

NTTフレッツ光の光回線をそのまま利用して光コラボに乗り換えることを転用と呼びます。

転用して今までのNTTフレッツ光の光回線から、新たな会社の光コラボへ乗り換える際には、もちろん契約は再度手続きはしなくてはいけませんが、光回線を再利用するため、開通に必要な工事が不要になります。

フレッツ光で利用している「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのまま引き継いで使用することができます。

光コラボレーション事業者って何?

光コラボレーション事業者とは、NTTフレッツ光と私達のような回線を利用する人を繋いでくれる会社の事です。

光コラボレーション事業者を繋いで契約を行うことで、直接NTT東日本やNTT西日本と契約するよりもお得なキャンペーンや、会社毎のサービスを受けることができます。

また、今まではインターネットを使用するためにはNTTのインターネット回線の契約と、プロバイダー(インターネットのサービスを提供する会社)との契約という二つの契約が必要でした。

しかし、光コラボレーションでのサービスが始まり、NTTのインターネット回線を光コラボのプロバイダーが扱うようになったので、私達は二つの契約を同時に行うことができるようになりました。

もちろん請求書は一つにまとまりますし、面倒な手間も省けたので、契約を行う私達からすればかなり嬉しいお知らせですね。

事業者変更(再転用)とは?

「事業者変更」とは、「再転用」とも言い、現時点で契約中の「光コラボ」から他社の新たな「光コラボ」に乗り換えることです。

「事業者変更」を実際の会社で例えるならば、SoftBankの「SoftBank光」からNTTdocomoの「ドコモ光」へ契約を変更するといった感じです。

また、「光コラボ」から再び「フレッツ光」へ乗り換えることも、同じく「事業者変更」と言います。

2019年7月1日以前は事業者を変更する際には、光回線の再利用ができず、一度契約中の「光コラボ」を解約してから、新たな「光コラボ」や「フレッツ光」の光回線を新規契約し、開通工事を行なくてはいけなく、かなり面倒な手続きが必要でした。新規工事費として料金がかかってしまったり、場合によっては電話番号を変更しなくてはいけないケースもあったようで、実際に乗り換えに関するクレームも多かったようです。

しかし、2019年の7月1日以降は、新たに契約したり、開通工事を行う必要がなくなり、簡単な手続きだけで乗り換えることが可能になりました。

事業者変更で他社へ乗り換えるメリットとは?

「事業者変更」が適用されたことによる最大のメリットは、自分の利用状況に合った最適なプランを選ぶことができるようになったことでしょう。

2019年7月1日以降、「事業者変更」を行う人が増加したことによって「光コラボ」を扱う会社が増加し、それに伴って、お得なプランもかなり増えました。

「事業者変更」が簡単にできるようになる前は、今現在使用している光回線よりも携帯料金が安くなる他社の「光コラボ」のサービスがあったとしても、工事にかかる費用や契約を行う際の手間や負担の事を考えるとなかなかできませんでしたが、簡単に事業者を変えることができるようになった今は、よりご自身の利用状況や環境に合ったプランを選ぶことができるようになりました。

他にも、電話番号の変更やテレビの接続工事などが不要になりましたので、かなり「光コラボ」の事業者を変えやすくなりました。

事業者変更の手続き方法を3ステップで分かりやすくご紹介!

1.会社を決める

事業者を変更するためにはもちろん新しく契約する会社を決めなくてはいけません。

先程も軽く説明しましたが、料金が安くなるプランや社会人向けのプランなど、お得なプランが会社毎に提供されているため、いくつかの会社のサービスを調べてから決めることをお勧めします。

光コラボを扱う会社一覧

光コラボについて簡単に説明していきましたが、光コラボのサービスを扱う会社については、まだ詳しくない方も多くいるのではないのでしょうか。

NTT東日本では2015年より提供開始となった光コラボの契約数は年間500万を突破したと発表されました。

年間での契約数に比例して、光コラボを扱う事業者数もどんどん増えてきていて、今では500社を超えています。

その中から契約する会社を一つ選ぶのはなかなか大変だと思いますので、皆様も名前くらいは聞いたことあるかもしれない有名な事業者を簡単にまとめてみました。

サービス名光コラボ事業者特徴
OCN光NTT OCN月額料金が安い
ビックローブ光ビックローブメールアドレスがID1つにつき5つ作ることができる
ドコモ光NTTdocomoセット割の「パケットパック」が利用できる
SoftBank光SoftBankおうち割光セットが利用できる

各会社の光コラボによって料金やキャンペーンなどが変わってきますので、ご自身の利用状況によって光コラボの事業者を決めるのが良いでしょう。

2.事業者変更承諾番号を取得する

いわゆる一般的な乗り換え手続きのように、今現在契約している「光コラボ」を解約してから、新たな「光コラボ」や「フレッツ光」に申し込むだけでは事業者変更は完了していません。

新しく契約を行う前に「事業者変更承諾番号」というものを取得する必要があります。

「事業者変更承諾番号」とは、漢字がずらっと並んでいるため難しく見えますが、簡単にまとめると事業者を変更するための許可証みたいなものです。

 

肝心の「事業者変更承諾番号」の取得する方法ですが、今現在利用している「光コラボ」の事業者に、新たな「光コラボ」や「フレッツ光」のサービスに乗り換える事を伝えることで「事業者変更承諾番号」が手に入ります。

ただ、「事業者変更承諾番号」は新たな契約を行う事業者や代理店では取得できず、契約者本人でないと取得の手続きはできないため注意が必要です。

事業者変更承諾番号ってどんなもの?

「事業者変更承諾番号」はただの数字の羅列ではなく、ちゃんと意味があります。

その数字の意味を理解しておくと役に立つため簡単に紹介します!

 

①:使用している光回線がNTT東日本のものかNTT西日本のものかを表しています。「N」はNTT東日本が扱う光回線で、「T」はNTT西日本が扱う光回線です。

②:事業者変更承諾番号の有効期限を表す4桁の数字です。上の画像の例だと「0913」ですので9月13日が有効期限となります。

➂:発行番号で自動で出される数字ですので、特に深い意味はありませんが覚えておくと手続きがスムーズになるかもしれません。

3.新たな事業者へ申し込む

ステップ2で、「事業者変更承諾番号」が取得できましたら、新たに契約を希望する事業者にその番号を伝えてから、変更の申し込みを行います。

申し込みには「コラボ光」回線の「お客さまID」が必要になるので、契約する前に忘れずに控えておきましょう。

回線の切り替え工事が終了しましたら、新しく契約した「光コラボ」や「フレッツ光」の光回線が利用できるようになっていますので、手続きは完了です。

 

契約したけど辞める場合にはどうする?

契約したけど更に良いプランを行う事業者を見つけて、変更したくなったり、何らかの都合で契約できなくなってしまった場合には、「初期契約解除制度」というものが存在します。

初期契約解除制度とは、受領日から数えて8日間が過ぎるまでは、申し込んだ電気通信業者の合意がなくても契約を解除できる制度です。

クーリングオフ制度とは少し違い、契約までに発生したお金を全く払わなくていいというわけではありません。

・それまで利用したサービスの利用料

・一定の工事費

・事務手数料

などは払う必要がありますが、契約解除で発生する違約金は払わずに契約を解約することができます。

事業者を変更する際の注意点

上記では「事業者変更」の基礎知識や方法を説明していきましたが、事業者を変更する上で注意しなければならない点がいくつかあります。

意外と見落としてしまう注意点も多いので、ここで確認して見落とさないようにしましょう。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

「事業者変更承諾番号」は取得してから15日間しかなく、その15日間の間に新しい事業者へ申し込まないといけません。

もし、15日間が過ぎてしまうと、その番号は無効となり新たに申し込みを行うことになります。

番号を取得してから乗り換え先を考え出すと、有効期限を越えてしまうことがあるため、「事業者変更の手続きの3ステップ」を順番通りに行うことで有効期限内に余裕をもって申し込むことができるでしょう。

契約解除料金がかかる可能性がある

「事業者変更」の手続きを行うことで、乗り換え先となる「光コラボ」や「フレッツ光」と新たに契約することになるため、現在まで契約していた「光コラボ」は解約されることになります。

それによって、契約中の「光コラボ」の契約の内容によっては解約金がかかることがあります。

契約の更新月であれば契約解除料金はかからないため、契約する際の規約をよく確認しておく事をオススメします。

ただし、契約解除料金は乗り換え先のキャンペーンによってはキャッシュバックされることもあります。料金を気にするだけではなく、新しく契約するサービスがキャッシュバックされるかされないかについても調べておくと良いかもしれませんね。

メールアドレスが使えなくなることがある

契約中の「光コラボ」を扱う会社のメールアドレスを利用している場合、事業者を変更することによって、今使っているメールアドレスが使えなくなる可能性があります。

メールアドレスが変わることで困る事がある方は、手続きを行う前に契約中の会社に問い合わせてみると良いかもしれないですね。

また、会社によってはメールアドレスだけを使用できるプランもあるので、一度確認してみましょう。

月額料金が変わる

現在契約中の事業者と、新しく契約する事業者の月額料金には違いがあります。

事業者を変えることで、高くなる場合も安くなる場合もありますが、キャンペーンや魅力的なプランに魅かれて、月額料金の確認を怠らないよう注意しましょう。

事業者の人気の偏りによって、倒産する事業所が増える可能性がある

「事業者変更」が簡単に可能になったことで、携帯とのセット割を提供するSoftBankやNTTdocomoが扱う「SoftBank光」や「ドコモ光」へ乗り換える人がかなり増加しました。

それによって、携帯会社と連携していない事業者は、契約の数が減ったため、サービスを終了する可能性が高まりました。

万が一サービスが終了してしまっても、セーフティーネットの準備がされているみたいなので、インターネットが使えなくなるという心配はないみたいですが、乗り換えを希望をしない人も強制的に乗り換えないといけなくなるので、その点の注意は必要です。

まとめ

2019年7月1日より適応された「事業者変更」の知識と変更する方法を紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

「光コラボ」のサービスが始まってから、何かと事業者を変えるハードルが高かったですが、「事業者変更」が適応されたことによって、乗り換えやすさや料金の面で、私達にとってのメリットが大きくなりました。

様々な事業者が魅力的なプランを提供していますが、じっくりと条件を比較してあなたにとって最適な事業所との契約を結びましょう!

光コラボで乗り換えできる光回線をお探しの方はインターネットが安い!最安値ランキングをご覧ください。

 

-インターネット
-,

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.