WIMAXの知識

WiMAXのMVNOの一覧発表!【わかりやすく説明します】

更新日:

wimaxmvno一覧

WiMAXにはMVNOにより、WiMAXを提供している会社がいくつもあります。
そこで今回はWiMAXのMVNO事業を行っているWiMAXの一覧を発表いたします。

またプロバイダー各社料金体系やキャンペーンが違いますので、違いもご説明していきたいと思います。

MVNOとは?

MVNOとはWikipediaによると、

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator,MVNO)とは、
無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。

要するに、独自の通信設備はないが通信設備を借りてWiMAXのサービスを提供している業者のことです。
ここでは簡単に「WiMAX回線のサービスを提供している業者」という意味で進めていきます。

WiMAXのMVNOはかなりたくさんの種類があり、WiMAXをこれから契約しようとしている方には難しいと思います。

「MVNOの違いって?」

「どこのMVNOを選べばいいの?」

と思われている方も多いかと思いますが、今回このようなWiMAXのMVNOについて徹底的に解説していきます。

WiMAXのMVNOの一覧はコレ

ではまず、WiMAXのNVNOはどれだけあるのでしょうか?
一覧にしてみるとこれだけのWiMAXのMVNOがあります。

BroadWiMAXGMOとくとくBBBIGLOBE WiMAX
So-net WiMAXラクーポンWiMAX@nifty WiMAX
WICOM WiMAXYAMADA air mobileToppa! WiMAX
nojima WiMAXワイヤレスゲートエディオン
ASAHIネット WiMAXDIS mobile WiMAXJ:COM WiMAX2+
Bic WiMAX Serviceau One net WiMAXDTI WiMAX
PilinaPEPABO WiMAXhi-ho モバイルコース-WiMAX
TiKiTiKi WiMAX3WiMAX

このように一覧にしてみるとかなりのWiMAXのMVNOがありますね。違いは一体なんなのでしょうか・・・

WiMAXのMVNOにそんな違いはない!

実はWiMAXのMVNOにそれほど違いはありません。
なぜなら、WiMAX回線はあ基本的にどのMVNO業者も同じものを利用しているからです。
おおもとのUQ WiMAXが用意している回線を、ほかのMVNO業者が借りて利用しているのです。

uqwimax

おおもとは一緒なので、先ほど一覧にしたMVNOはどれも同じサービスを売っているということです。
どのMVNO業者と契約したからといって、繋がりにくいとか、速度が遅いということはありません。機能は変わりません。

よって、MVNOごとの違いはそれほど大きなものではありません。

一番の違いは”売り出し方”です。つまり、「料金」や「キャンペーン」です。

大手の企業や経営がうまくいっている企業であれば、月額料金を安くしたりキャンペーンを充実させることができます。
一方、経営がうまくいっていない企業や資金力のない企業はそれができません。

そこで、契約時においてはそれを見分ける必要があります。

月額料金に強いMVNO、キャンペーンに強いMVNOがある

MVNO各社の一番大きな違いは料金・キャンペーンとお伝えしました。次はこの料金・キャンペーンについてさらに詳しく見ていきます。

先ほど大手企業や経営がうまくいっている企業が料金・キャンペーンが充実しているとお伝えしたので、それらのMVNOにしぼって見ていきます。

有名なMVNOといえば以下のMVNOが挙げられます。

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • So-net

これらのMVNOの料金・キャンペーンには大きな違いがあります。単に安いだけというわけではありません。大別すると、次のふたつのMVNOに分けられます。

・月額費用が安いMVNO
・キャッシュバック金額が多いMVNO

それでは、このふたつを見ていきましょう。

月額費用が安いMVNO(オススメ)

まずオススメなのが、単純に月額料金の安いMVNOです。
先ほどお伝えしたように、もともとWiMAXはどのMVNOも回線が同じですから、月額費用はどこも変わりません。
しかし、その中でも圧倒的に安いMVNOがあります。

それは、GMOとくとくBB WiMAX 2+です。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 安い 月額料金割引 キャンペーン
GMOとくとくBB WiMAX 2+はほかのMVNOが月額4,300円くらいのところ、月額3,480円という破格の価格で利用することができます。
これだけ安い理由は、”かなりのユーザーがいる”ということです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+はGMOインターネットが運営する大手プロバイダであり、ネットでの集客に長けています。
またアフターフォローも充実していることからユーザーがかなり多いのです。
繁忙期になると1万を超えるユーザーから申し込みがあるので、月額料金を圧倒的に安く抑えることができるのです。

▼今月最安値WiMAX▼
GMOとくとくBB WiMAX 2+



安心の大手プロバイダ!

キャッシュバック金額が多いMVNO

月額料金が安くはないけれど、キャッシュバック金額が多いMVNOがあります。
具体的には先ほどのBroadWiMAXを除いた

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • So-net

の3社です。どのプロバイダでも20,000円以上のキャッシュバックを行っています。
キャッシュバックで選ぶなら、これら3社の中から最もキャッシュバックの高いプロバイダを選ぶとよいでしょう。
そのほかのサービスについてはほとんど変わりがありません。

これら3社の月額料金とキャッシュバック金額

月額料金キャッシュバックキャンペーン
GMOとくとくBB3,609円31,800円2か月目まで3,609円
BIGLOBE3,695円20,000円初月無料
So-net3,495円20,000円2か月間1,480円

もっともキャッシュバック金額の高いプロバイダは”GMOとくとくBB”です。
キャッシュバック金額は群を抜いています。

キャッシュバックが受け取れないMVNOがほとんど!?

しかし、いくらキャッシュバック金額が高いからといって受け取れなかったら意味がないですよね?
せっかくキャッシュバック金額が高いから加入したのに受け取れなかったらだまされたという印象です。

それが、約半数以上の方が実際にキャッシュバックを受け取ることができないのです。
なぜか?
キャッシュバックを受け取るには、利用してから1年後に届くメールに返信しないといけないのですが、

・プロバイダ専用のメールに受信
・1年後に届くメールに1か月以内で返信

しなければならないのです。
つまり、まったく使わないアドレスにメールが1年後に届き、そのメールに1か月以内に変身しなければならないのです。

僕だったら完全に忘れてしまいます。
実際にキャッシュバックの手続きを忘れている方がほとんどなのです。

>>【自業自得!?】半数の方がWiMAXを契約してもキャッシュバックされない真実

なので、キャッシュバックを受けるよりも月額料金が安いGMOとくとくBB WiMAX 2+にされたほうが安全です。

まとめ

ここまでMVNOの違いをお伝えしてきました。
以上をまとめると、

  • MVNOは月額料金やキャンペーンに違いがあり、繋がりにくいとか通信速度が遅いということはない
  • MVNOには月額料金が安いMVNO、キャッシュバック金額の高いMVNOがある
  • キャッシュバックは受け取ることは困難。WiMAXを申し込みするなら月額料金が安いMVNOがオススメ
  • 月額料金の安いMVNOはGMOとくとくBB WiMAX 2+が最安でオススメ
▼今月最安値WiMAX▼
GMOとくとくBB WiMAX 2+



安心の大手プロバイダ!

-WIMAXの知識
-,

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.