WIMAXの知識

損金算入できる!WiMAXを法人契約する際のポイント

更新日:

wimax法人契約

近年ビジネスにおいて欠かすことのできないWiMAX。
出張はもちろん、外出でも社内でもインターネットを使うことができ、業務の効率化も担っています。
月額料金の安さとその手軽さから導入される法人が多くなって来ています。
しかし、そんな便利なWiMAXですが法人での契約の場合いくつか注意点があります。

今回は、WiMAXを法人で契約する場合の注意点と、法人で契約するなら一番オススメできるWiMAX会社をご紹介していきます。

WiMAXを法人契約するメリット

WiMAXは経費計上できる

もちろん、WiMAXは事業を行う上で使用するものなので経費計上できます。
また、毎月固定の料金が引かれるため損金計上も容易です。

どれだけデータ量を使っても定額

WiMAXはインターネット使い放題なので、データ量を気にせずにインターネットを使うことが来ます。
法人の場合は、大量の資料をやりとりするケースもあるので安心して利用することができます。

WiMAXは社内で簡単に設置可能

WiMAXはタバコの大きさくらいの端末なので、工事は必要ありません。
会議室や研修室はもちろん工事できないテナントや工事現場のプレハブなども端末を置くだけでインターネットが可能です。

移動中もWiMAXなら楽々インターネット

WiMAXは日本全国ほぼほぼ使えるので、移動時間でもインターネットで仕事ができます。
新幹線での移動や待ち時間の間でも、先方とのメールのやりとりや資料作成も可能です。

出張の際は、WiMAXの端末を社員に貸し出す法人様も増えてきています。

BroadWiMAXなら最短即日発送

WiMAX大手のBroadWiMAXなら申し込みしたその日に発送してくれるので、最短で翌日届きます。
急な出張が入っても安心して仕事しながら出張することができます。

BroadWiMAXについてはコチラ

法人がWiMAXを契約する際のポイント

ここからは法人でWiMAXを契約する注意点やポイントをお伝えしていきます。
まず、最初にWiMAXとはauの関連会社であるUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。
そのサービスを他事業社が使わせてもらっている状態です。専門的な言葉で言うと”OEM”といいます。
よって、WiMAXはどこの事業社で契約しても速度や契約期間、解約金は同じです。
ただ、月額料金設定は各事業社によって違っているので、法人様はランニングコスト(月額料金)が一番安い事業社を選ぶのがポイントとなっています。

月額料金の一番安いWiMAXランキングはコチラ

法人でWiMAX契約の場合、キャッシュバックキャンペーンは選択しない

WiMAXの各社は様々なキャンペーンを行っておりますが、キャッシュバックキャンペーンは選択しないようにしましょう。
理由としては、

1,キャッシュバックは雑収入扱いになる
法人でキャッシュバックを受け取ってしまうと、帳簿上雑収入扱いとなり、税金の対象となります。

2,何台契約してもキャッシュバックは1台分のみ
せっかく何台もWiMAXを契約しても受けられるキャッシュバック1台分のみとなるとあまり得ではありません。
なので、キャッシュバックよりもキャンペーンで月額料金が安くなっているWiMAXを選択しましょう。
今日現在、月額料金の安いWiMAXはGMOとくとくBBもしくは、BroadWiMAX、so-netとなっています。

月額料金の一番安いWiMAXランキングはコチラ

なかでも、BroadWiMAXは唯一即日発送を行い、法人限定のキャンペーンをやっているのでBroadWiMAXを試してみても良いでしょう。満足しなければ、「ご満足保証」というBroadWiMAX限定のサービスも行っており、違約金なしで契約解除することも可能なので安心です。

WiMAXを法人契約する際に必要な書類

契約するWiMAXが決まったら、契約する際は書類いくつか必要になるのでご紹介していきます。
WiMAXを法人契約するときは、書類に不備があると他部署にも迷惑をかけてしまう場合があるので、しっかりと把握してから契約することをオススメします。

法人契約に必要な書類はこの3点

1、法人確認書類

登記簿謄本または、
印鑑証明書
発行日から3ヶ月以内で現住所の記載があるもの

2、代表者もしくは担当者の証明書

社員証のコピーまたは、
名刺
会社名(契約者)が記載されたもの

3、代表者もしくは担当者本人の確認書類

本人確認書類は以下表のいずれかの書類です。

対象となる本人確認書類 条件
運転免許証 公安委員会発行で有効期限内のもの(国際運転免許証を除く)
パスポート 有効期限内のもので、現住所が記載されているページも必要
日本国発行のものに限る
身体障がい者手帳 有効期限内のもので、現住所が記載されているページも必要
現住所の記載がない場合は、下記補助書類と一緒にご提出ください
療育手帳
精神障がい者保健福祉手帳
特定疾患医療受給者証+
下記 「補助書類」
有効期限内のもので、住所記載されている面も必要
特定疾患登録者証+
下記 「補助書類」
住民基本台帳カード 有効期限内のもので、顔写真があるもの
健康保険証+
下記「補助書類」
有効期限内のもので、住所記載されている面も必要

補助書類
・公益料金領収証
発行日より3か月以内で、現住所が記載されているもの(電気・都市ガス・水道など)
・住民票
発行日より3か月以内で、現住所が記載されているもの

まとめ

WiMAXはインターネット社内でも社外でも使え、ランニングコストも安いので法人様にとっては協力なツールになりえます。
WiMAXを契約するときはキャッシュバックキャンペーンを利用するのも良いですが、雑収入となってしまうので法人税の対象となります。
WiMAXは月額料金が一番安いものを選択し、通信費はできるだけ節約しましょう。

最安のWiMAXプロバイダを探される方はこちら

【WiMAXが安い!最安値月額800円~】料金比較ランキング2018年7月

【2018年10月更新】最安値WiMAXランキング!!

GMOとくとくBB WiMAX 2+

ギガ放題プラン
月額料金
3,609円
キャンペーン 最大42,100円
キャッシュバック
2年間トータル価格 実質44,516円
契約期間 2年

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、高額キャッシュバックで他のプロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金も安い上にこのプロバイダは安心の2年契約が可能!さらにauスマホユーザーは、auスマートバリューmineでスマホ代金も月額最大1,000円割引

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
 契約期間
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

カシモ WiMAX

ギガ放題プラン
月額料金
3,380円
キャンペーン 最初2か月
月額1,380円
2年間トータル価格 77,120円
契約期間 2年

月額1,380円~利用できる激安のWiMAXが「カシモWiMAX」2年間のトータルでみても最安値で利用でき、2年契約も可能な優良プロバイダです。不要なオプションも一切加入する必要がなく、最新のモバイルルーター「W05」も利用することができるので一番おすすめ!

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★★
 契約期間
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

Broad WiMAX
ギガ放題プラン
月額料金
3,411円
キャンペーン 初期費用18,857円無料
2年間トータル価格 80,494円
契約期間 3年

3年契約で契約するならBroad WiMAXが一番安い!2年以上利用すれば機種変更代無料&月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★★
 契約期間
★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

-WIMAXの知識
-,

Copyright© WiMAXのことなら|ワイラボ.com , 2018 All Rights Reserved.