WIMAXの知識

WiMAXを2台持ちする方法!2台目契約の料金や割引について解説

WiMAX 2台持ち 2台 契約

WiMAXを利用していて「自宅だけじゃなく、外出先でも使いたい」「2台目のWiMAXを安く契約したい」と、2台目のWiMAXを検討してる方も多いのではないでしょうか?

WiMAXを2台持ちすることで、より広い範囲で快適なインターネット環境を利用することができるんです。

しかし一方で、WiMAXを2台持ちする「メリット」や「料金設定」があまりイメージできない方もいるかと思います。

そこで、今回このページでは、WiMAXを2台持ちするメリットから2台目のWiMAXを最安で契約する方法を紹介していきます。

2台のWiMAXの使い分け方法や契約時の注意点、割引キャンペーンなども含め、詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXを2台持ちするメリット

基本的にWiMAXが1台あれば、大抵の人は十分だと思います。

しかし、WiMAX利用中に動画を長時間見たり、仕事でWiMAXをずっと使っていると、「ルーター端末1台では足りない」という人もいるのではないでしょうか?

データ通信量を気にされる方にとって、WiMAXの2台持ちは非常に大きなメリットがあるんです。

ここからは、WiMAXを2台持ちするメリットについて紹介していきます。

メリット1:WiMAXのホームルーターが固定回線よりも安い

WiMAX ホームルーター

外出先でも自宅でもインターネットを利用する場合、自宅用には固定回線を契約する方法があります。

しかし、「回線の工事費用」や「固定回線の月額利用料金」で約5000円を超えて、費用負担が増えてしまうので、料金比較してみるとWiMAXの方が安いです。

そして据え置き型のWiMAXホームルーターは、モバイルルーターと比較して電波受信が安定するので、自宅用として2台目に追加契約することをオススメします。

特に、Speed WiFi HOME L02は、最大通信速度が1.0Gbpsまで対応しているので、非常に快適なインターネット環境を利用することができるでしょう。

メリット2:対応エリアの広いWiMAXのギガ放題プランが便利

それではギガ放題について簡単に紹介しましょう。ポイントは以下の通りです。

  • 通信量ほぼ無制限でインターネットが使い放題である
  • WiMAXの対応エリアが広く、利用しやすい(現在も拡大中)

ギガ放題の場合、3日間で10GBという制限がありますが、速度制限が翌日の夜6時から8時間程度なので、他社と比べても非常にゆるいです。

一方で、2台目をWiMAXではなく、他のポケットWiFi(ソフトバンク回線のWiFiルーターなど)にすることもできます。

しかし、ギガ放題プランのような通信料無制限で、通信速度が速いポケットWiFiサービスではないです。

例えば、ソフトバンク回線には、アドバンスオプションという月間通信量無制限が利用できるオプションプランがありますが、特殊な通信を使用するため、現時点で対応エリアが狭く、2台目としてはオススメできません。

つまり、他の通信量無制限のサービスと比べて、WiMAXのギガ放題プランの方が非常に利用しやすいサービスなんです。

メリット3:外出用と自宅用の2台持ちで、通信制限を回避できる

WiMAXは、3日間で10GBの通信制限・速度制限がありますが、それでもデータ通信用に悩む方は、2台目のWiMAXにギガ放題プランの追加契約をすることをオススメします。

まずは、1台目のWiMAXルーターの端末を使用して、3日間で10GBの通信料を超えてしまった場合、2台目のルーターを使いましょう。

そして2代目が通信制限かかったら1代目に戻すといった方法で、通信速度を回避しながら快適にインターネットを利用しましょう!

UQコミュニケーションズでなら、2台目の契約がお得になる

WiMAXの2台目を追加契約しても、割引されるサービスは基本的にないですが、UQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXで契約し、旧WiMAXプランを利用している方のみ、以下のお得なプランがあります。

ファミ得パックで家族の分をお得に契約できる

WiMAX ファミ得パック

ファミ得パックでは、すでに1台目のWiMAXルーターを利用している方に対し、2台目の月額料金がやすくなるオプションが適用されます。

家族分を追加契約する場合などにメリットが大きいです。

契約名義は1つのままで、1台目が月額3,693円とすると、2台目のルーター端末が月額2,363円と安く利用することができるんです。

ただし、WiMAX2+料金プランを利用中の場合、「ファミ得パック」を適用することができないことに注意しておいてください。

機器追加オプションで2台のWiMAXルーターを使い分けができる

WiMAXの契約は1つのまま、WiMAXが搭載されているパソコンやWiFiルーターなど2台のWiMAXを搭載した機器を使い分けながら利用できるのが「機器追加オプション」です。

「機器追加オプション」は、2台同時にインターネットに接続することができないことと、「ファミ得パック」の利用が必要であることに注意してください。

WiMAXの複数契約時の注意点

ここからはWiMAXを複数契約する前に確認するべき注意点を紹介していきます。

2台目には適用されないキャンペーンや新しい規則があるので、確認しておきましょう。

注意点1:2台目には、割引キャンペーンが適用できない可能性がある

多くのWiMAXプロバイダでは、新規契約の方を対象に、キャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引を実施しています。

しかし、過去に一度でも利用したことがある場合、2台目の契約では割引やキャッシュバックは適用されません。

例えば、高額キャッシュバックキャンペーンで人気のGMOとくとくBBやSo-netのWiMAX2+というプロバイダがあります。

これらも、過去にキャッシュバック適用済みの場合や申し込みの形跡がある場合、2台目以降では同じキャッシュバックを受け取ることができません。

注意点2:2台目を家族名義で新規契約するなら、クレジットカードを用意しよう

先ほど、2台目にはキャンペーンが適用できない可能性があると言いましたが、新規契約対象のキャンペーン特典を適用させる方法もあるんです。

適用させるため、家族名義など自分以外の名義で、2台目のWiMAXルーター端末を契約する必要があります。

家族などの近しい間柄でないとできない方法ですが、このようにして、2台目をお得な料金で利用することが可能です。

注意点としては、基本的にWiMAXの契約では、契約者名義と支払いに登録するクレジットカードの名義が一致していなければいけません。名義だけでなくクレジットカードも借りる必要があるので、やや難易度の高い方法かもしれません。

注意点3:WiMAX2台目には、auスマートバリューmineが利用できないかもしれない

auの携帯やスマホの契約がある場合、WiMAXの契約でauスマートバリューmine割引が適用されます。auの携帯・スマホの月額料金から最大1,000円が割引されるというお得な制度です。

しかし、このお得な制度にも気をつけなければいけない点があります。auスマートバリューmineの適用が、au携帯・スマホの契約1回線につき、WiMAX1回線のみであることです。

つまり、auの契約が1回線のみで、auスマートバリューmine割引を1台目のWiMAXの契約で適用済みの場合、2台目を契約した時に同じ割引が受けられないんです。

2台目の料金を安くするなら、契約するプロバイダを変えよう

以下では、2台目のWiMAX端末を最安の料金で利用するための方法をまとめてみました。

1台目のWiMAXルーター端末をどのプロバイダで契約しているかによって、2台目を最安料金で契約する方法が異なります。

実は、1台目と違うプロバイダで契約する方が、2台目の料金が安いことがある

2台目のWiMAXの料金や2台合計料金を最安にするためには、1台目と2台目で違うプロバイダにすることをオススメします。

なぜかと言うと、プロバイダを変えることによって、2台目契約時に新規契約キャンペーンを利用しやすくなるからです。

別名義とその名義のクレジットカードを用意して、同じプロバイダで2台目を契約することもできます。

しかし、その名義やクレジットカードを用意する必要があることに加え、新規契約キャンペーンなどの割引を利用できないので、オススメできません。

1台目をGMOとくとくBBやBIGLOBEで契約している場合

GMOとくとくBB WiMAX2+ 安い 最安値 月額

1台目でGMOとくとくBBやBIGLOBE、So-net、@niftyなどで契約していて、キャッシュバックキャンペーンを利用済みの場合は、別のWiMAXプロバイダで2台目を契約することをオススメします。

これらは同じプロバイダで追加契約しても、キャンペーン対象外であることがほとんどで、料金が安くなりません。

同じプロバイダで契約すると、2台目の月額料金がほとんど割引されないので、どのプロバイダでも約8,000円前後と2台の月額合計金額が高くなってしまいます。

このように、同じプロバイダだとほぼ2倍くらいの月額料金になってしまうので、2台目を他プロバイダにして、新規契約キャンペーンを利用した方が、料金を安くできるんです。

Broad WiMAXの場合、追加契約で月額料金が安くなる

Broad WiMAX お得 キャンペーン

1台目がBroad WiMAXの場合、2台目で契約するオススメプロバイダは同じBroad WiMAXです。

月額料金が割引価格で安いため、キャッシュバックキャンペーンのように受け取りの手間がいりません。

そしてGMOとくとくBBやSo-netなどと比較しても、契約期間の費用総額が最安なのが大きなメリットです。

Broad WiMAXでは、2台目を月間7GB制限プランなら月額料金2,726円、ギガ放題プランなら月額3,411円で契約することができます。

そのため、2台ともギガ放題プランにしたとしても、月額合計金額が7,000円弱と他のプロバイダと比較して非常に安いです。

そしてBroad WiMAXで追加契約をするもう1つのメリットは、WiFiルーター端末を無料で利用できるキャンペーンが利用できることです。

最新機種W06やWX05が2台目契約時に、無料で提供されます。

さらに、Broad WiMAXでインターネット契約もすれば、2台目のWiMAXに初期費用割引キャンペーンも適用されるので、初期費用が無料になります。

このように、2台目が同じプロバイダでも料金が安く契約できるものもあります。

あなたが今使っている/これから契約しようとしているプロバイダに合わせて、2台目のWiMAXを契約するプロバイダを決めてみましょう。

UQ WiMAXや家電量販店などの店舗契約だと料金が高くなる

UQ WiMAX

2台目のWiMAXの追加契約だけでなく、1台目を契約する時にも言えることですが、UQ WiMAXやヤマダ電気やヨドバシカメラなどの家電量販店での契約はオススメしません。

ギガ放題プランの月額料金が約4,000円と高く、WiFiルーターの端末購入が必要でさらに15,000円ほど負担が増えてしまいます。

家電量販店での契約は、UQ WiMAXで契約すると同様で、月額料金が高いことがデメリットです。他のプロバイダと比較すると、3年間で負担費用が数万も高くなる場合があるんです。

このように、店舗契約をするところでは、月額料金だけでなく他にも費用負担が増えてしまうことがあります。

そのため、たとえ他のプロバイダで契約した方がお得になるといっても、家電量販店やUQ WiMAXでの契約はオススメしません。

まとめ

今回、WiMAXの2台持ちについて、メリットや契約に関しての注意点など紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

WiMAXを2台持ちすることで速度制限を回避できたり、WiMAXのホームルーターが固定回線を利用するよりも安いことがわかりましたね。

注意点は大きく2つです。

1つ目は、同じプロバイダで2台目のWiMAXを契約してしまうと、新規契約の方対象の和入り引きキャンペーンが適用されないことです。

2つ目は、家電量販店やUQ WiMAXでの店舗契約は料金・費用が高くなることです。

Broad WiMAXの場合は、2台目も同じプロバイダでの方がお得でしたが、他のほとんどのプロバイダに関しては違うプロバイダでの契約をオススメします。

このページを読んで、2台目のWiMAXの契約を契約してみてはいかがでしょうか?

ぜひ、WiMAX2台持ちのメリットや注意点を参考に、より良いインターネット環境を作っていきましょう。

最新のWiMAXを比較する場合、WiMAXが安い!最安値ランキングをチェックしてみてください。

ABOUT ME
WiMAXラボ
WiMAXのプロバイダは多数あり、どこで契約するのがベストかわかりません。そこでネット回線のコンサルタントを5年間勤めた経験をもとに、おすすめのWiMAXや固定回線を比較・解説していきます。