WIMAXの知識

WiMAXの口コミから評判を調査!速度や端末について

投稿日:

WiMAXの口コミから評判を調査

WiMAXの口コミから評判を調査!

WiMAXとは、独自の通信電波を受信してWi-Fiを出力してくれる便利なWi-Fiルーターです。

バッテリーを搭載しているので、外出先でも高速Wi-Fi環境にてパソコンやスマートフォンが利用できて人気が出始めています。

今回は、口コミをもとにWiMAXの評判をみてみましょう。

最安のWiMAXを比較する場合はこちらの記事が参考できます。

 

通信速度について

まず、通信速度については、多くの人が高速で快適であると評価しています。

メーカーが発表しているWiMAXの通信速度は最大440Mbpsと言われています。

実際にユーザーが試してみたところ、地域によって速度が異なるという口コミもあります。

ユーザーが調査した結果、東京駅周辺では121Mbpsで、京都駅周辺では81.7Mbps、大阪城周辺では94Mbpsであったという口コミもありました。

一部の人は、使い始めた当初は高速だったのですが、数日たつと低速になってしまったという口コミもあります。

これは、混雑緩和のための速度規制がかかっているからです。WiMAXでは、通常プランでは1ヶ月で7Gバイト以上を使用すると速度制限がかかります。

WiMAXを実際に契約する前に無料でお試しができる「Try WiMAX」というサービスを使うと安心です。

Try WiMAXについてはこちらの記事をご参考ください。

ギガ放題プランには制限がない

しかし、ギガ放題プランを選択していれば、この制限はなくなります。数日で低速になってしまった人は、3日間にて10Gバイト以上使用した時にかかる速度制限に引っかかっているようです。

2017年よりも前からWiMAXを使用していた人にとっては、当初3日間にて3Gバイトで制限がかかっていたのに対し、3日間にて10Gバイトと緩和されたため良かったという口コミもあります。

参考までに10Gバイトを使用する目安としては、YouTubeなどの動画を標準画質で47時間、高画質にて13時間視聴した時間に相当します。

ただし、WiMAXの場合は、速度制限がかかったとしても1Mbps程度にしか落ちませんので、速度制限がかかってもYouTubeが見られると評判が良いです。

1Mbpsの場合は480pの画質で再生できる速度です。ちなみに、1080pの高画質楽しめるスピードは3.5Mbpsが必要となります。

全般的には、WiMAXは高速であるという口コミが多いですが、それはWiMAXのキャリア周波数が2.5GHzと5GHzという高い周波数を使用しているためです。

これは他のWi-Fiルーターと比較すると2倍程度の速さとなります。

 

対応エリアについて

次に、対応エリアですが市街地や郊外については99%の対応率となっていますので、都会に住んでいる人は繋がりやすいという口コミになっています。

WiMAXでは、プラチナバンドという900MHzの低い周波数にも切り替えられるため、ビルなどの障害物があっても繋がりやすいという評価もあります。

ただし、山間部などでは対応が不十分で山間部に住んでいる人からは繋がりにくいという口コミも上がっています。日本全国の対応エリアのカバー率は94%となっていますが、対応エリアを拡大中ですので、今後に期待したいところです。

もしWiMAXが使えないエリアであれば、WiMAXよりエリアの広いネクストモバイルがおすすめです。

月額料金もWiMAXと同程度で利用でき、回線も安定しています。

ネクストモバイルについてはこちらをご覧ください。

 

端末について

また、端末についての評判については、良い口コミとしては「タッチパネルで使いやすい」、「軽量で持ち運びやすい」、「デザインが良い」などの評判となっています。

一部「発熱する」などの口コミもあります。WiMAXの端末はいくつかのラインナップがありますが、口コミから判断すると「W04」という端末が評判が良くなっています。

それは、LTEモードを含めて既存のWiMAXの全ての機能を搭載していることと、最高速度も440Mbpsで完成度が高いからです。

 

キャンペーンについて

キャンペーンについては、WiMAXはUQコミュニケーションズが本家となりますが、あらゆるプロバイダが参入していて、それぞれ独自のサービスを行なっているのも魅力となっているようです。

特に人気となっているサービスがキャッシュバックサービスで、最もキャッシュバック額が多くなっているのは「GMOとくとくBB」で契約から1年後に3万1000円ものキャッシュバックが受けられます。

ついでキャッシュバック額が高いのが、NECグループの運営する「BIGLOBE」で、契約から13ヶ月目に1万5000円のキャッシュバックが受けられます。

本家の「UQ WiMAX」では、現金ではありませんが、契約2ヶ月目にJCBのギフト券が1万円分プレゼントされます。

なお、プロバイダによって月額料金も異なりますので、上手にプロバイダを選べばトータルコストダウンが可能なのも好評です。

たとえば、「GMOとくとくBB」であると、月額料金が契約後2ヶ月は3609円で、その後は4263円となります。

2年間使用することを前提とすると、10万1004円となりますが、3万1000円のキャッシュバックを考慮すると、約7万円となります。

また、キャッシュバックなしでとにかく月額料金を抑えたいという場合にはソニーの系列会社が運営している「So-Net」というプロバイダがあり、契約後2ヶ月間は3180円でその後は3480円となりますので、2年間の通信料は8万2920円となります。

キャッシュバックが嬉しいという人には「GMOとくとくBB」の評判が良く、月額料金を抑えたいという人にとっては、「So-Net」の評判が良くなっています。

しかし、Y!mobileと比較すると月額料金は若干高めになっているため、月額料金が高いという不満の声も一部ありますが、その分通信速度が速いということで納得している人が多いようです。

WiMAXの契約はインターネットでも行うことができ、プロバイダによっては当日に端末を届けてくれるというサービスがあるのも評判になっています。

 

まとめ

これらの口コミから総合判断すると、WiMAXを利用するのに適している人としては、都市など首都圏での利用者が挙げられます。

首都圏では電波のつながりもよく高速通信が楽しめるからです。また、YouTubeなどの動画を頻繁に見る人にも口コミで評判が良いです。

通信速度が速いですし、たとえ通信速度規制がかかったとしても、YouTubeの標準画質を十分楽しめるからです。

また、auのスマートフォンのユーザーの場合は、WiMAXを所有していると、auのスマートフォンの月額料金が割引になるため、auユーザにもオススメです。

また、常に高速通信が行えますので、自宅に光ファイバーなどの有線回線がなく、自宅でも外出先でもWi-Fiルーターを使用するという人にもWiMAXが向いています。

なお、Y!mobileの料金形態と比較すると、Y!mobileの場合は3年契約しないと安くならないプランが多いですが、WiMAXの場合はほとんどが2年契約となっていますので、2年契約をしたいという人にもオススメできます。

通常2年くらい経つと新しいサービスや料金プランが設定されますので、端末の買い替えは2年サイクルがオススメなのです。1番のメリットは通信速度が速いことですので、ヘビーユーザーにオススメと言えるでしょう。

【2018年6月更新】オススメWiMAXランキング!!

カシモWiMAX

どのプロバイダよりも安くWiMAXを契約するなら!カシモWiMAX

  • ギガ放題プラン:1,380円~(ライトプラン:1,680円~)
  • auスマートバリュー:月額最大 適用不可
  • 端末代金:無料
  • 最短開通時期:翌日以降
  • 口座振替:不可

とくとくBBWiMAX

GMOインターネットが提供する「GMOとくとくBBWiMAX」。最初の2か月ナント月額800円!

  • ギガ放題プラン:2,470円~(ライトプラン:2,470円~)
  • キャッシュバック:なし
  • auスマートバリュー:月額最大 934円割引
  • 端末代金:無料
  • 最短開通時期:翌日
  • 口座振替:可能

Broad WiMAX

BroadWiMAX

圧倒的に信頼できるプロバイダ!サービス多彩で顧客満足度が高いBroadWiMAX

  • ギガ放題プラン:2,726円~(ライトプラン:2,726円~)
  • 初期費用:18,857円割引
  • auスマートバリュー:月額最大 934円割引
  • 端末代金:無料
  • 最短開通時期:即日
  • 口座振替:可能
  • その他:初期契約解除制度あり、パソコンセットあり

-WIMAXの知識
-, ,

Copyright© WiMAX比較ランキング|おすすめインターネット2018 , 2018 All Rights Reserved.