WIMAXの知識

WiMAX最新機種の”W04”端末は本当に買いか?

更新日:

遂に最新のWiMAX端末が発売されました!
HUAWEIの”W04”という端末です。

WiMAXの端末は毎年のように新しい機種がでてきますが、
当たりの端末とハズレの端末があるもの・・・

さて今回の最新機種は使えるWiMAX端末でしょうか?
その真相に迫ります!

WiMAX最新機種W04を選択すべき?

早速結論からお伝えします。
総合的に調査した結果、WiMAX最新機種W04は・・・

オススメできません!

機種自体細く、昔のガラケーのような感じのデザインになりかっこよくなりました。
ポケットに入れても持ち運びやすい印象です。
色鮮やかなグリーンもかっこいいですね!
ただ、W04は機種のスペックが物足りません・・・

デザイン性は優れていますが、やはりWiMAXの端末はスペックを重視して選ぶべきです。
スペックがよくなければ選択する意味がありません。
どのスペックが使えないのか、これからご紹介していきます。

WiMAX最新機種W04のスペックを比較

まずは過去に発売したWiMAX機種との比較をしていきましょう。
比較した表が下の表です。

端末 W04 WX03 W03
最大通信速度 440Mbps 440Mbps 370Mbps
駆動時間  約10時間 約12時間 約10時間
クレードル  ○
Blutooth通信  -
タッチパネル  ○
重さ 140g 110g 127g
メーカー ファーウェイ NECプラットフォーム ファーウェイ
発売日  2017年2月 2016年12月 2016年6月

表をご覧になれば一目瞭然ですが、W04のスペックですが、

WX03よりも劣っている!

ということです。
過去に発売されたW03よりも通信速度が70Mbps改善されています。
しかし、昨年12月に発売された日本製のWX03と比較して劣っている点としては、
①電池の持ちが改善されていない。
②WX03よりも30gも重い
③横が長すぎる

という点です。
この3点について詳しく見ていきましょう。

”それは良いから性能がいいWX03が見たい!”

という方がいらっしゃいましたら、こちらのページを御覧ください。

今WiMAX契約するならバッテリーの持ちが良いWX03

電池の持ちが改善されていない

これは一番使いづらいデメリットです。
WiMAXは外出先で様々な機種に接続し、長時間インターネットに接続すると思います。
それなのに、電池の持ちが良くないというのは厳しいです。

バッテリーの容量としては、

WX03が2,890mAhに対し、最新機種のW04は

2,750mAhと一番少ない容量となっています。

前モデルのW03でも3,000mAhのバッテリーを搭載してるので、この最新機種は改悪となってしまっています。
WiMAXはやはりどれだけバッテリーが持つかが重要なので、WX03のほうが優れているとしか言いようがありません。

最新機種のW04はWX03よりも30gも重い

WiMAXは常に持ち運ぶアイテムであり、WiMAXを使うときはWiMAX以外にもタブレットやPCを持ち運ばなければなりません。
よって、WiMAXは少しでも軽量であることが求められます。
NECが生産したWX03は回線速度が大幅に改善されたにもかかわらず、端末の軽量化が実現されています。
しかし、W04は回線速度は440MbpsとWX03と同等の速度は出るものの、端末自体は30gも重くなってしまいました。

前モデルであるW03は370Mbpsで127gでしたから、軽量化にはさほど進歩はありません。
何度もお伝えしますが、WiMAXは肌身離さず持つものなので、できるだけ軽量の端末を選択しましょう。

最新機種のW04は横が長すぎる

最新のW04は重量が重くサイズ感も小さくなったという印象はありません。
下の画像を御覧ください。サイズ感を比較しました。

hikaku-size

縦の長さは、NECのWX03よりも約1cm程短いのですが、横の長さが3cm以上長くなってしまっています。
この最新機種W04の最大の特徴は”スティック型”ということですが、これだけ重く長さもあればその特徴が活かされず、むしろデメリットとなってしまっています。
やはり、常に持ち運ぶものですから軽量且つコンパクトなWX03をおすすめします。

じゃあW04のメリットはないの?

ここまで、NECのWX03に押されまくっている最新機種のW04ですが、
なにかメリットはないのでしょうか?
唯一のメリットが一つだけあります。

au LTE ハイスピードプラスエリアモードが使えるという点です。

au LTE ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXが使えない地域で使うことのできる回線です。
切り替えは端末内で簡単にできるのですが、WiMAX回線からLTE回線に変更した時点で1,005円/月かかってしまいます。
WiMAXが使えるエリアではほぼ使う必要がないので、メリットではありますがLTE回線を使わない人にとってはメリットではありません。

WiMAXを使う地域を調べるにはコチラ

今から契約するならW04よりもWX03がベスト

これからWiMAXを契約しようとされている方は、やはりWX03を選択するのがベストです。
デザイン性は確かに、W04が良いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
やはり性能で選ぶべきです。
WX03は大手日本のパソコンメーカーであるNECの関連会社が生産したものなので、信頼性もあります。
バッテリー時間も長く、軽くて回線速度も早いWX03で快適なインターネットライフを楽しんでくださいね!

今なら当サイト限定で月額2,699円からGMOとくとくBBWiMAXが使えるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBWiMAXは、月額料金が他のWiMAXよりも一番安く、東証一部上場のGMOが提供しているので安心して利用できるWiMAX会社です。
各社WiMAXの月額料金を比較したのでぜひチェックしてみてください!

【WiMAXが安い!最安値月額800円~】料金比較ランキング2018年7月

【2018年8月更新】最安値WiMAXランキング!!

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
月額料金
3,380円
キャンペーン 最初2か月
月額1,380円
2年間トータル価格 76,740円
契約期間 2年

月額1,380円~利用できる激安のWiMAXが「カシモWiMAX」2年間のトータルでみても最安値で利用でき、2年契約も可能な優良プロバイダです。不要なオプションも一切加入する必要がなく、最新のモバイルルーター「W05」も利用することができるので一番おすすめ!

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★★
 契約期間
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

とくとくBBWiMAX

ギガ放題プラン
月額料金
3,344円
キャンペーン 最初2か月
月額800円
2年間トータル価格 78,968円
契約期間 2年

GMOとくとくBB「得の極み」は初期費用が圧倒的に安いく、最初の2か月は月額800円で利用可能です!このプロバイダも格安で利用できる上に、2年契約も可能です。auスマートバリューmineでauスマホユーザーは、スマホ代金も月額最大934円割引!

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 契約期間
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

Broad WiMAX
ギガ放題プラン
月額料金
3,411円
キャンペーン 初期費用18,857円無料
2年間トータル価格 83,359円
契約期間 3年

3年契約で契約するならBroad WiMAXが一番安い!2年以上利用すれば機種変更代無料&月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い!口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★★
 契約期間
★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

-WIMAXの知識
-, , , ,

Copyright© WiMAX比較ランキング!おすすめインターネット|ワイラボ , 2018 All Rights Reserved.