料金

評判対決!限界突破WiFiとどんなときもWiFiの速度やデメリットは?

投稿日:

限界突破WiFi 評判 レビュー

限界突破WiFiとどんなときもWiFiどちらもデータ使い放題のモバイルWiFiです。
どんなところが違う?各サービスの相違点や共通点などを紹介し、口コミも紹介していこうと思います!

また限界突破WiFiは公式サイトの情報量が少ないことや、サービス開始してから間もないためこの記事から情報を補っていきましょう。

限界突破WiFi・どんなときもWiFiの共通点

まずは、どちらも同じ点やサービスの特徴について紹介していきます。

データ無制限

限界突破WiFi・どんなときもWiFiのどちらも「データ完全無制限」を謳うモバイルWiFiです。この2つのサービスは比較的新しく、従来のサービスでは「1日3GB以上使う場合は速度制限がかかる」「3日で10GB以上使う場合は速度制限がかかる」などと条件付きではあるものの無制限というものでした。

しかし、この2つのサービスは上記のような条件はなく、基本的に1日にどれだけ使っても通信制限がくることはありません。基本的にという場合は例外があるということですが、その例外が下記の項目ですね。

「※1国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。」

つまるところ動画を見たりネットサーフィンやゲームなど一般的な使い方をしていればまず該当することはありません。ですが、不正や犯罪等の疑いがある場合通信制限がかかるというものです。ですから基本的には通信制限はありません。

トリプルキャリアに対応どこでも繋がりやすくなった

両サービスとも、比較的新しいサービスだけあって最新技術を取り入れています。それが「クラウドSIM」「クラウドWiFi」などと称されるものです。

今までは、モバイルWiFiはその端末に挿しているSIMカードのキャリア(Softbank等)しかつながりませんでした。そのため端末キャリアが圏外の場合は通信ができず、モバイルWiFiがただの板になっていました。「この地域はdocomoが強い」「auじゃないとうち繋がらないんだよね」などといった会話は田舎ではよくありました。

各所でSoftbankの回線状態が良い、またはdocomoの受信状態が良好など場所ごとに繋がりやすさが違うわけですね。そこでクラウドSIMという技術によって1つの端末でも大手キャリア(docomo・Softbank・au)のどの回線でも使えるようにしました。それによって、自宅や外出先などの電波や通信速度の安定性、使用データ量などの条件から最適なものを自動的に選んで接続してくれるのです。

この技術によって以前より安定した通信を提供できるようになっています。

限界突破WiFi・どんなときもWiFiの相違点とデメリット

先ほどまでは共通の部分を見てきましたが、次は自分がどちらと契約すべきか判断材料となる異なる部分を紹介していきます。

月額料金はほぼ同じ、限界突破WiFiは初期費用がかからない!

まずは料金ですね。下の表を見ていきましょう。

限界突破WiFiどんなときもWiFi
初期費用(契約時)端末本体無料

事務手数料無料

端末本体無料

事務手数料3,000円

1ヵ月目~24カ月目月額3,500円月額3,480円
25カ月目以降月額3,500円月額3,980円

※クレジットカード払いの場合

限界突破WiFiが初期費用がかからないのはありがたいですね。月額料金に関しては、どんなときもWiFiが少し安いです。しかし、2年目以降は限界突破WiFiの方が安くなりますね。どんなときもWiFiは2年の定額プランなのでそれ以降は少し値段が変わります。

契約解除料

続いては契約解除料ですね。回線契約は基本的に2年縛りや更新月以外の契約解除には別途料金がかかるのが一般的です。

限界突破WiFi(非公式)どんなときもWiFi
料金0~24カ月目 18,000円

更新月(3ヵ月)   0円

それ以降     5,000円

0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)

13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)

26カ月目以降    9,500円(税抜)

更新月         0円

それぞれ区切り方が違いますが、更新月以外の契約解除はお金がかかるということですね。限界突破WiFiに関しては公式サイトに契約解除料の記載が見つからず表のような表記をさせていただきました。限界突破WiFiは更新月が3ヵ月とどんなときもWiFiに比べ長いですね。両サービスともに更新月以外の解約はお金がかかるので長いのはありがたいですね。

海外利用での料金の違い、限界突破WiFiは少し複雑

限界突破WiFiどんなときもWiFi
利用方法別途手続きなし

端末そのまま使用可能

別途手続きなし

端末そのまま使用可能

対応国数107ヶ国対応131ヶ国対応
料金380円/日~エリア1 1,280円/日

エリア2 1,880円/日

限界突破WiFi、どんなときもWiFiともに海外で利用するのに別途手続きは必要なく、持っていくだけで利用できます。対応している国はどんなときもWiFiの方が少し多いですね。

一見すると限界突破WiFiが安く見えますが、ここからがややこしいところです。

どんなときもWiFiはかかったとしても、1日1,880円が上限です。ですが、限界突破WiFiは1日「380円から」なのです。単純に一番高い例をあげると1日/1,480円です。「なんだ、それでもどんなときもWiFiより安いじゃないか」と思うかもしれません。ですが、1日のデータ容量が違うんですね。

限界突破WiFiどんなときもWiFi
1日の最大料金1,480円1,880円
1日のデータ容量300MB1GB
容量あたりの値段(1MB当たり)4.93円1.88円

上記の表をみてもらえば分かるとおり、限界突破WiFiの方が割高ですね。両社ともに1日のデータ使用量を超えた場合は速度制限がかかってしまいます。どんなときもWiFiでは、行く国によってエリア1かエリア2のどちらに該当するかですが、限界突破WiFiは6つのエリア、そのエリアの中でも料金が異なるものがあるため、行く国によって大きく料金に差が出ます。

料金プラン300MB / 1日1GB / 7日3GB / 30日
A国380円980円1,880円
B国1,480円3,980円9,800円

表のようにどんなときもWiFiとは異なり少々複雑なプランになっています。ですので行く国によっては料金の確認やプランの検討など少々手間がかかるのがデメリットですね。

海外によく行かれる方はどんなときもWiFiの方が色々と考えずにすみますね。

各サービスの端末と性能を比較!

各社モバイルWiFiの端末が違います。ですが、限界突破WiFiは公式には性能が表記されていない部分もありました。そのため調べましたが、非公式な情報も含まれています。

限界突破WiFiどんなときもWiFi
機種jetfon P6(非公式)D1
最大速度下り最大150.0Mbps(非公式)

上り最大50.0Mbps(非公式)

下り最大150.0Mbps

上り最大50.0Mbps

バッテリー容量3,400 mAh3,500 mAh
連続使用可能時間15時間(非公式)12時間

見てわかるとおり、ほぼ似通った性能なのですが、限界突破WiFiは公式サイトに情報が少なく確証はありません。また端末の外見は大きく異なります。

限界突破WiFiは、スマートフォンベースの5.7インチの液晶を備えた端末なのに対し、どんなときもWiFiは液晶がなく限界突破WiFiの端末より一回り小さいものとなっています。

限界突破WiFiとどんなときもWiFiの回線速度

ひとつ前では、限界突破WiFiの情報が非公式なものが多く不明確でした。では実際はどうなのでしょうか?調べてみました。サンプル数が少ないですが実際にはどのくらいの回線速度が出ているのか確認してみましょう。

通信速度の口コミ、速度はどんなときもWiFi

実際の口コミ、限界突破WiFiとどんなときもWiFiの実測値のデータをTwitterで集めて平均値を出しています。

  • 限界突破WiFi
実測値平均値
上り22.9 / 8.94 / 7.66 / 11.0

(Mbps)

12.6Mbps
下り4.78 / 15.5 / 14.7 / 2.52

(Mbps)

9.37Mbps
  • どんなときもWiFi
実測値平均値
上り28.8 / 29.0 / 13.8 / 9.43

(Mbps)

20.2Mbps
下り30.6 / 4.98 / 10.9 / 5.42

(Mbps)

12.9Mbps

データがよかったのか、実際の平均が出ているのかはわかりませんが、どんなときもWiFiの方が速度は速いという結果になりました。

限界突破WiFiでは途切れたりするというレビューもありサービス開始から間もないため少々不安定なのかもしれません。

速度以外の口コミ

速度以外に端末やサポートなどの口コミについても調べました。

端末・実際のバッテリーの持ち

  • 限界突破WiFi

限界突破WiFiの端末「jetfon P6」についての口コミですね。

連続使用時間は14時間可能だったようです。またフル充電にかかる時間は約3時間でした。

  • どんなときもWiFi

連続使用時間は13時間半だったようです。充電に関しては情報が見つかりませんでした。

端末の使用感

限界突破WiFi

  • 限界突破WiFiの端末はGoogle Mapや、翻訳機能が便利
  • 端末が大きく少々邪魔
  • 地図・翻訳アプリは正直なくてもいい
  • 端末の動きがカクカクして使いづらい

上記のようなものがあげられました。特に目立ったのが地図と翻訳アプリの賛否両論ですね。また5.7インチのディスプレイを備えているだけあって少々大きく、スマートフォンを二台持ちしているような感覚という意見もありました。便利な反面使わない人は端末が大きくなっただけというデメリットに感じる場合もあるようです。

どんなときもWiFi

  • バッテリー残量がわかりずらい
  • フル充電で一日もつ
  • 新幹線や地下鉄でもつながる

どんなときもWiFiは限界突破WiFiの端末と違い液晶がないためバッテリーの残量が大まかにしかわからず、その点について不満な人が多いようです。しかし、その一方でスマートフォンなどでは一番のバッテリー消費のもとのディスプレイがないためバッテリーもちは良いようです。

発送について

限界突破WiFiは、またも明確な記載が公式サイトにのっておらず口コミの情報です。受付から発送して届くまでに1週間前後かかるようです。一方、どんなときもWiFiは公式サイトで「最短即日発送」を掲げ、条件はありますが関東ならば翌日、その他本州では2日後、沖縄、北海道は3日後の発送のようです。地域にもよりますが、早ければ翌日に使える場合もあるでしょう。

公式サイトの情報量

前項や、端末比較などでもたびたび書かせていただきましたが、限界突破WiFiは公式サイトでの情報が少なく、わからないことが多いです。確かにびっしりと書かれていても読む気が起きないかもしれませんが、どこかに小さく書いてあるわけでもなく実際に買ったりした方のレビューから分かったことが多かったです。その他にも端末が突然リカバリーモードになりしばらく使えなかったり、サポートに連絡しても繋がらないことがあるなどネガティブなコメントも寄せられていました。

どんなときもWiFiの公式サイトでは十分な情報が載っていましたので特に情報に困ることはありませんでした。

まとめ

色々と比較してきましたがとても似ていましたね。限界突破WiFiとどんなときもWiFi、どちらも価格帯は業界最安値級です。それに加え、データ無制限使い放題、海外での使用も手続き無く可能といった利便性にも富んでいます。そしてどちらにも良いところもあれば、悪く見えるところがありますので実際に使った人の声というのは貴重ですね。

今回は限界突破WiFiの公式にはあまり情報がなく、お金に関する記載がどんなときもWiFiに比べ不十分であったりと少々記事を書く側としては大変でした。筆者もモノを買う時には色々と調べるのですが、公式サイトに必要な情報がのっていないというのは少々サポートなどが大丈夫なのか、契約して大丈夫なのかと不安になりますが、みなさまも色々なところから情報を拾い自分に合ったものを見つけていただければ良いと思います。

その他のポケットWiFiを比較したい方は、ポケットWiFiが安い!最安値ランキングをご参考ください。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-料金

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.