料金

SPACE WiFiの口コミ・評判解説!民泊WiFiの料金やデメリットは?

更新日:

SPACE WiFi 口コミ 評判 民泊WiFi

「SPACE WiFi」とは、民泊Wi-Fiとして有名な、レンタル型モバイルWi-Fiルーターです。

民泊Wi-Fiとは、宿泊者に貸し出す目的で民泊物件に設置される用のWi-Fiのことです。
しかし、民泊Wi-Fiとして利用するためではなく、個人的に利用するためにSPACE WiFiを借りているという人も少なくありません。

「SPACE WiFiの個人利用って何がいいの?」
「実際にSPACE WiFiを使っている人の口コミを知りたい」
今回の記事では、このように思っている人達のために、SPACE WiFiを実際に利用している人の口コミと、それを踏まえたメリット・デメリットについて説明していきます。

SPACE WiFiの良い口コミ

Twiterで、SPACE WiFiを利用している人達の口コミを調べました。
SPACE WiFiの良い口コミには…

「契約期間の縛りがないのが便利」
「初期費用がかからないのが嬉しい」
「通信速度は、動画見るにも充分だった」
「サポートセンターの対応が丁寧で助かった」

このような意見が見られました。

やはり民泊Wi-Fiならではの「初期費用無料」「契約期間縛り無し」という点に魅力を感じて利用している人が多いようです。また、通信速度に関しても、「充分満足している」という意見が多く見られました。

SPACE WiFiの悪い口コミ

Twitterで見られたSPACE WiFiの悪い口コミとしては…

「地方に行くと通信が繋がらない場合がある」
「通信制限が完全無制限じゃないなんて知らなかった」
「解約するには前月中の申請が必要だと知らなかった」

このような意見が見られました。

繋がりやすさや通信速度に関して満足している人も多い一方で、地方では繋がりにくいこともあるようです。この場合、SPACE WiFiでは2種類のキャリアを利用できるので、機器を交換してもらうことで繋がりやすくなることがあります。後ほど詳しく解説します。

また、「契約期間縛り無し」というポイントが魅力のSPACE WiFiですが、解約に時間がかかります。また、月間の通信は無制限ですが、1日3GBもしくは3日10GBの通信制限があります。これらの点についても、後ほど詳しく解説します。

SPACE WiFiの基本情報。ポイントは5点!

民泊Wi-Fiとして有名なSPACE WiFi。まずはその基本情報について解説していきます。
SPACE WiFiについて、おさえておきたいポイントは5点です。

  • ポイント1 月額料金3,680円(税抜き)
  • ポイント2 契約手数料・解約手数料端末代金、無料!
  • ポイント3 契約期間の縛りなし
  • ポイント4 月間の通信制限なし
  • ポイント5 キャリアはWiMAXかSofebankの二つがある

それぞれのポイントについて、他のモバイルWi-Fiルーターと比較しながら解説していきたいと思います。

ポイント1 月額料金3,680円(税抜き)

SPACE WiFiの月額料金は、3,680円です。
この月額3,680円というのは、他社のモバイルWi-Fiルーターと比べて安いのでしょうか?高いのでしょうか?

他の民泊Wi-Fiとの月額料金比較

  • famifi…月額3,980円(別途手数料あり)
  • JP民泊Wi-Fi…月額3,480円(別途手数料あり)
  • 民泊レンタルWi-Fi…月額4,500円(別途手数料あり)

月額料金で見ると、最も安いのはJP民泊Wi-Fiです。

しかし、初期費用や契約手数料などを考えると、実はSPACE WiFiの方がお得です。

SPACE WiFiは、公式サイトで民泊Wi-Fiの中での「最安値保証」を謳っています。
「最安値保証」とは、2019年2月1日時点で、「民泊Wi-Fi」と検索した際の上位10件に含まれる全ての民泊用商品と比較し、2年間利用したときの合計金額が最安値であることを保証するというものです。

つまり、初期費用や契約手数料などを加味すると、2年以内の利用であればSPACE WiFiが最もお得であると考えて間違いありません。

民泊Wi-Fi以外のモバイルWi-Fiルーターとの月額料金比較

民泊Wi-Fiとしては最安値と言われるSPACE WiFiですが、SPACE WiFiを個人利用しようとしているのであれば、民泊Wi-Fiではない他のモバイルWi-Fiルーターの月額料金とも比較しなければなりません。

今回は、大手4社のモバイルWi-Fiルーターについて、それぞれ月間通信制限なしの条件での月額料金を比較してみました。

  • 縛り無しWi-Fi…月額3,300円
  • WiMAX…月額2,726円~(*契約するプロバイダにより値段が異なる)
  • どんなときもWi-Fi・・・月額3,480円
  • Y!mobile・・・月額4,729円

このように、会社によってかなり差があります。
各社のキャッシュバックのキャンペーンや、手数料や端末代などのことを考えるとかなり複雑なので、一概に月額料金だけを比べてどこが得だと言うのは難しいです。

しかし、民泊Wi-Fiとしては最安値のSPACE WiFiですが、全てのモバイルWi-Fiルーターの中でも最安値というわけではないようです。

ポイント2 契約手数料・解約手数料・端末代金が無料!

SPACE WiFiでは、契約手数料、解約手数料、端末代金が無料です。
月々3,680円の料金さえ払えば、その他の追加料金なしで利用することが出来ます。

しかし、注意しなければならないのは、端末のレンタル代金は無料ですが、機器を壊してしまったときの弁償金は支払わなければならないということです。

故障時、紛失時、水没時の弁償代は、いずれについても一台40,000円になります。

故障や紛失が心配な人は、一台あたり月額500円の「あんしん端末補償」というプランに入っていれば、端末の故障時、紛失時、水没時の弁償代金が10,000円になります。

ポイント3 契約期間の縛り無し

SPACE WiFiの大きな特徴のひとつが、契約期間の縛りがない点です。

モバイルWi-Fiルーターには、2年契約や3年契約のものが多いです。例えば契約後一年で辞めたいとすると、解約金がかかります。

解約金は会社によって様々ですが、さまざまなモバイルWi-Fiルーターを比較してみたところ、更新月以外での解約は、最大19,000円、安くても9,500円ほどはかかってしまうようです。

「ためしにモバイルWi-Fiを使ってみようが、気に入らなかったら辞めたい」
「3ヶ月だけ旅行に行くので、モバイルWi-Fiを借りたい」

などと考えている人には、いつでも気軽に始められる契約期間縛り無しの条件はとても嬉しいものでしょう。
SPACE WiFiと同様に契約期間無しの条件で、個人で契約できるモバイルWi-Fiルーターには「縛り無しWi-Fi」「famifi」などがあります。

ポイント4 月間の通信制限なし

SPACE WiFiには、月間の通信制限がありません。これは民泊Wi-Fiに広く共通した特徴です。

なぜ民泊Wi-Fiは、月間の通信制限なしの条件が必要なのでしょうか?

例えば前日の宿泊者が動画やオンラインゲームなどで通信料を大量に消費してしまい、通信制限にかかってしまったとき、次の宿泊者が同じモバイルWi-Fiを利用しようとしたときに、通信制限で満足に使えないという事態を防ぐためです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、SPACE WiFiには「月間通信制限」はありませんが、「〇〇日で〇GB」越えたらというタイプの通信制限はあるということです。

SPACE WiFiにはWiMAXの端末とソフトバンクの端末があるのですが、それぞれ以下のような条件でサービスを提供しています。

  • WiMAX端末…3日で10GB以上の利用で速度制限
  • ソフトバンクの端末…1日で3GB以上の利用で速度制限

その他のモバイルWi-Fiルーターと比較すると、この条件はどうなのでしょうか?

モバイルWi-Fiルーターとして大手の「Y!mobile」「UQWiMAX」「YAHOO!WiFi」「縛りなしWi-Fi」などのギガ放題プランでも、だいたいが「3日で10GB」(端末によっては「1日2GB」「1日3GB」などの場合もある)の条件を設定しており、SPACE WiFiも、その他の月間通信制限なしのモバイルWi-Fiルーターと同様の条件で使えると言えるでしょう。

「1日3GB」の条件って、実際どれくらい厳しいの?

「3GBの通信量と言われても、どれほどなのか想像できない」という人もいるのではないでしょうか。
UQWiMAXのサイトによると、3GBの通信料は以下の通信量に相当するそうです。

  • YouTubeの標準画質の視聴…12.5時間
  • 300文字のメール…200,000通
  • ホームページ…10,000回

つまり、起きている間中YouTubeを利用し続けるようなかなりのヘビーユーザーでない限り、SPACE WiFiの速度制限にかかる条件である1日で3GB、もしくは3日で10GBの条件を超えることはないと言えそうです。

ポイント5 キャリアはWiMAXかSofebank

SPACE WiFiのキャリアはWiMAXとSoftBank(4G回線)です。
申込時に機種を指定することは出来ませんが、利用場所がそのキャリアの対応圏外であれば、その旨を伝えれば機種変更することが出来ます。

それぞれ、WiMAXは下り最大440Mbps、SoftBankは下り最大112.5Mbpsの速度です。

SoftBankの回線は数字上で見るとWiMAXに比べてかなり遅いように感じてしまいます。

しかしSoftBankの端末が届いた方の口コミでも「充分な通信速度」という意見が多く、普通のスマホ利用の範囲では、通信速度にストレスを感じることはないと考えられます。

SPACE WiFiのメリット5点

1,民泊Wi-Fiの中で最安値補償

ポイント1で説明したように、SPACE WiFiは、民泊Wi-Fiの中では「最安値保証」を謳っており、民泊Wi-Fiの中で最もお得に借りられるモバイルWi-Fiルーターであることは間違いありません。

2,数ヶ月の短期間から可能。気軽に始めやすい!

SPACE WiFiの特徴は、なんと言っても「契約期間縛り無し」「契約手数料・解約手数料・初期費用無料」である点です。

他のモバイルWi-Fiルーターには2年縛りや3年縛りのものが多く、多くの場合、契約更新月以外での解約には、高額な解約違約金や手数料を支払わなければなりません。

また、初期費用も無料で、機器レンタル代金も月額料金に含まれているため、2、3ヶ月の利用でも
「ああ…最初にあんなに一杯お金払ったのに、辞めづらいな…」
と思ってためらうようなこともありません。

「契約期間縛り無し」「手数料無料」「初期費用無料」の条件のそろったSPACE WiFiは、2ヶ月や3ヶ月の短い期間利用したい人、あるいはモバイルWi-Fiルーターが初めてで、気に入るのか自信が無い…と思うような方でも、試しやすいモバイルWi-Fiルーターだと言えるでしょう。

3,月間の通信制限なし

「月間の通信制限なし」の条件は、民泊Wi-Fiの大きな特徴のひとつです。
厳密には「3日で10GB」若しくは「1日で3GB」の制限がありますが、ポイント4でも説明したとおり、大抵の人はほぼこの通信制限を気にすることなく利用することが出来そうです。

4,対応が速く丁寧

SPACE WiFiの口コミで多かったのが「サポートセンターの対応が早くて丁寧」というものでした。

申し込みや解約の時の問い合わせは勿論、「送られてきた機器のキャリアがエリア外だったとき、機器を変更したい」などのとき、対応が速いのは助かりますよね。

SPACE WiFiに関する問い合わせは、電話かメールですることができます。
電話は12:00~19:00しか繋がらないので、その時間意外で問い合わせたいときや、混雑して電話が繋がらないときは、メールでの問い合わせをおすすめします。

5,多言語サポートがある

民泊Wi-Fiとして利用する場合、嬉しいのはSPACE WiFiの多言語サポートです。

具体的には多言語操作マニュアルと多言語対応コールセンターのサービスがあります。
宿泊者が外国人だった場合、SPACE WiFiの操作説明や、問い合わせを外国語で対応してくれるサービスです。

特に外国人宿泊者の多い民泊には嬉しいサービスです。

 

SPACE WiFiのデメリット3点

1,完全に通信量無制限ではない

上でも説明したように、月間通信量は無制限のSPACE WiFiですが1日3GBもしくは3日で10GBを利用すると通信制限にかかってしまします。

例えばラインのテレビ通話などはyoutubeなどの動画を視聴するよりさらに通信量を消費します。1分間およそ35MBなので、85分、つまり一時間半弱で3GBを消費してしまうことになります。そのため、テレビ通話を頻繁にする人だと、SPACE WiFiでも通信制限にかかってしまうかもしれません。

しかし、これはSPACE WiFiならではのデメリットというわけではありません。どのモバイルWi-Fiルーターを利用しても、だいたい1日2GB(若しくは3GB)、あるいは3日10GBの通信制限があるので、これはモバイルWi-Fiルーターを使う上では避けられない問題です。

2,機器弁償金が高額

手数料や機器レンタル代が無料なのが魅力のSPACE WiFiですが、機器を壊してしまったときや無くしてしまったときの弁償代金は高額です。

故障時や補償未加入なら40,000円、あんしん端末補償(1台500円/月)に入っていても10,000円の弁償代がかかります。
個人利用をする場合は問題ないかもしれませんが、民泊で貸し出すために契約する場合は、色々な宿泊者が使うため、故障のリスクは高まります。その場合、機器弁償金が高額なのは、少しネックになるかもしれません。

3,解約の申し出は前月中までにする必要あり

契約期間縛り無しとはいえ、SPACE WiFiを契約するならば気をつけなければならないことがあります。それは、解約の申し出は前月中にしなければならないということです。例えば、11月末で解約したければ、10月末までにその申請をする必要があります。

「今月末で解約したいな~」と思っても、次の月の末までは契約し続けなければならないと言うことです。
「契約期間縛り無し」という言葉で、「いつでも契約解消できるからいいや~」と思ってしまうかもしれませんが、解約の時期は前もって考えておく必要があります。

 

まとめ

今回の記事では、SPACE WiFiの口コミや評判をふまえた、メリット・デメリットを説明しました。

SPACE WiFiを利用するメリットは、以下の5つです。

  • 民泊Wi-Fiの中で最安値補償
  • 3ヶ月の短期間から、気軽に始めやすい!
  • 月間の通信制限がない
  • 対応が速く丁寧
  • 多言語サポートがある

民泊Wi-Fiとして最安値で、サポートも充実しているSPACE WiFiは民泊で貸し出す用のWi-Fiルーターとしてオススメなのは間違いありません。
また、個人利用の人の場合も「月間通信制限無しのモバイルWi-Fiルーターを借りたい」「とりあえず試しに数ヶ月借りてみたい」という方にはオススメのモバイルWi-Fiルーターです。

一方、SPACE WiFi利用のデメリットは、以下の3つです。

  • 完全に通信料無制限ではない
  • 機器弁償金が高額
  • 解約の申請は前月中にする必要あり

一日3GBもしくは3日に10GB以上を利用する方には、月間通信量無制限かつ、数日当たりの通信制限もない「どんなときもWi-Fi」をオススメします。

また、SPACE WiFiを利用する場合は、機器弁償金と、解約申請は前もってしなければならないことをおさえておきましょう。

いかがだったでしょうか?
民泊で貸し出す用として、あるいは個人利用のためのモバイルWi-Fiルーターとして、SPACE WiFiの利用を検討している人には、当ページを参考にしていただければ幸いです。

またSPACE WiFi以外のポケットWiFiを比較する場合、ポケットWiFi最安値ランキングを参考にしてみてください。

-料金

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.