料金

損するな!WiMAXギガ放題プランの3年契約で一番のおすすめは?

更新日:

WiMAX ギガ放題プラン 3年契約

スマートフォン一台あれば、電話以外にも音楽を聴いたり、動画を観たり、ネットサーフィンやSNS、なんでもできる時代になりました。

一方で、なにをするにしてもデータ通信は行われています。

例えば、5分ほどの音楽を1曲聴くのにも約10MB10分の動画を高画質(720p)で観ると約170MB、ネットサーフィンやSNSで高画質の画像を一枚読み込むと5MB〜10MBがかかってくるので、すぐに通信量は増えてしまいます。

WiMAXギガ放題プランであれば、「1か月~GBまで」という通信制限を気にすることなく、思う存分にスマートフォンを利用することができます。その上、通信速度がスマートフォンの2倍以上であり、ストレスなく利用できます。

この記事では、そんなWiMAXギガ放題プランをどこから申し込むとお得なのかを解説した上で、私がおすすめするプロバイダTOP3を紹介していきます。

これからWiMAXギガ放題を申し込もうと考えている方や、どこから申し込むとお得なのかよくわからない方は、ぜひ参考にしてください!

それではまず、WiMAXギガ放題プランをどこから申し込むとお得なのかを以下で解説していきます。

どこからWiMAXギガ放題プランを申し込むとお得?

WiMAXギガ放題プランは、どこから申し込むと一番お得に契約することができるのでしょうか。

WiMAXギガ放題プランは以下の3つから申し込みをすることができます。

  • UQ WiMAX公式サイト
  • auショップ
  • プロバイダ(代理店)

それでは、それぞれの申し込み先の特徴や、メリット・デメリットについて以下で解説していきます。

UQ WiMAX公式サイト

WiMAXギガ放題プランは、WiMAXがサービスを提供している「UQ WiMAX公式サイト」からの申し込みが可能です。

UQ WiMAXの公式サイトから申し込むと、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • メリット:手厚いサポートを受けられる
  • デメリット:料金が安くならない

UQ WiMAXの公式サイトから申し込みをするメリットとしては、WiMAXのサービスの大元のため、手厚いサポートを受けることが可能ということです。お問い合わせ先は以下のようになっております。

  • お問い合わせ先:お客様サポート(UQ WiMAX)
  • 電話番号(新規契約):0120-959-001
  • 電話番号(契約中):0120-929-818
  • 受付時間:9:00~21:00

年中無休で、21時まで問い合わせることができるため、仕事終わりや休日にも連絡ができるということも大きなメリットと言えます。

一方、料金が安くならないというデメリットがあります。

UQ WiMAXは、テレビやインターネット、駅などに広告宣伝を行なっているため、大きな費用が宣伝費としてかかっています。

そのため、UQ WiMAXの公式サイトからは特に利用料金への還元は行なっておらず、定価での販売のみとなっているので、安く契約をしたい方は気をつけましょう。

auショップ

WiMAXを提供している「UQ WiMAX」はKDDI系列の会社のため、お近くのauショップからの申し込みが可能です。

  • メリット:申し込みをしたその日に、すぐWiMAXを利用することができる、店員に直接話を聞くことができる。
  • デメリット:料金が安くならない、店員によって知識に差がある。

auショップの店頭から申し込みを行うと、直接店員と話すことができるため、申し込み内容でわからないことがあれば、資料を見ながら説明を受けることができるというのが大きなメリットです。

その上、auショップの店頭から申し込むことで、申し込みをしたその日からWiMAXを利用できるようになります。

しかし、UQ WiMAXの公式サイトからの申し込みと同様に、利用料金は定価のみとなっているので、お得ではありません。
つまり、価格を重視する方には向いていないと言えます。

また、WiMAXはauショップのメイン商品ではないため、店員によってはUQ WiMAXについての知識が乏しい場合があり、十分なサポートを受けられずにトラブルに繋がってしまう可能性もあるので注意が必要ですね。

プロバイダ(代理店)

プロバイダとは、簡単に言うと販売代理店のことです。

プロバイダから申し込むメリット・デメリットは以下のようになっています。

  • メリット:料金が安く抑えられる
  • デメリット:種類が多いので、選びにくい

プロバイダからの申し込みをするメリットとして、料金が安く抑えられるというものが挙げられます。
これは、キャンペーンやキャッシュバックによって実質費用を大きく抑えられるというものです。

なぜ、キャンペーンやキャッシュバックがプロバイダにだけ存在するかと言うと、UQ WiMAXはプロバイダと連携してサービスを広げているからです。

もし、公式のUQ WiMAXがキャンペーン等によってプロバイダより安い価格で売ってしまうと、プロバイダからの申し込みは減り、代理店事業から撤退してしまうでしょう。

そのような経緯もあり、公式では安い価格設定をせず、プロバイダに積極的に販売してもらっています。

一方、プロバイダからの申し込みのデメリットは、プロバイダの種類が多くてどのプロバイダを選べば良いかわかりにくいということです。

しかし、プロバイダの種類が多くて選びにくいということは、逆に言うと選択肢が多く、各プロバイダの違いさえわかれば、自分の条件に合ったプロバイダを探せるということです。

プロバイダからの申し込みが一番お得!

以上3つの窓口からの申し込みのメリット・デメリットを見ていただきましたが、一番おすすめできる申し込み先は、料金が安く契約することができる「プロバイダ」です。

UQ WiMAXの公式のサポートが手厚いのは確かですが、電源を入れて少し待てば自動でネットに繋げてくれる機器なので、WiMAXでサポートが必要になることはほとんどありません。

その上、プロバイダの中にはUQ WiMAXの公式よりサポートが手厚いプロバイダもあります。

また、WiMAXをプロバイダから申し込みしてから利用可能になる日数も1~2日といったプロバイダがほとんどです。

「申し込みしたその日から利用したい」という方は、auショップの店頭で申し込むしかありませんが、そうでない方は、料金の面から考えてプロバイダからの申し込みをおすすめします。

3年契約プランで重視すべきポイント5選

現在、ほとんどのプロバイダが契約期間を3年に設定しています。

1年、2年契約できるプロバイダもありますが、3年契約が主となっているプロバイダと比べると、利用料金が高くなってきているのが現状です。

では、3年契約プランを選ぶときに、何を重視すべきなのか見ていきましょう。

  • ポイント1:実質費用
  • ポイント2:月額割引
  • ポイント3:解約金
  • ポイント4:オプション
  • ポイント5:端末

以下で具体的に解説していきます。

ポイント1:実質費用

まず、3年間(36ヶ月分)の料金の実質費用は必ず確認しておきましょう。

「契約してからの初月が無料」や「契約してから2ヶ月目までは大幅に割引、3ヶ月目~24ヶ月までも割引料金」と価格設定しているプロバイダは多くあります。

しかし、その後の月額料金が割高になってしまえば、一時期は安かったとしても3年間の実質費用では、大きく損をしてしまう可能性もあるので、必ず確認すべきポイントです。

また、1~3万円程度のキャッシュバックキャンペーンを用意しているプロバイダも多くあります。

キャッシュバックがあった場合、実質費用がいくらになるか計算しておくことをおすすめします。

ポイント2:月額割引

前述したキャッシュバックには注意しなければいけない落とし穴が存在します。

キャッシュバックを受け取るには、契約後しばらく経ってからプロバイダから来る案内メールを確認し、期日までに受け取りの手続きをしなければいけません。

しかし、案内メールは基本的に1通だけ、契約から8~10ヶ月ほど経ってから送られてくるプロバイダもあるため、期日までの手続きをし忘れる方も少なくありません。

一方で、月額割引をキャンペーンとして設定しているプロバイダも多くあります。こちらは契約時に適用されている割引なので、特に手続きなどは必要ありません。

実質費用を考える上で、月額割引を含めた金額をしっかりと確認しておきましょう。

ポイント3:解約金

モバイルWi-Fiルーターは契約期間中に解約しようとすると契約違約金が発生してしまいますが、これはWiMAXも例外ではありません。

どのプロバイダもほぼ同様で、1~13ヶ月目で約20,000円、14~25ヶ月目で約15,000円、26~37ヶ月目で約10,000円と、かなりの高額となっています。

「あまり効果が実感できなかった」「うまく活用できなかった」という事態に陥ってしまった時のために、初期不良の無料キャンセル制度を大体のプロバイダは設けています。

そのようなことが起こる可能性もあるので、この制度があるかないか、その内容について詳しく説明されているか、事前に確認しておくことをおすすめします。

ポイント4:オプション

機器の故障や紛失が発生したときの補償サービスや、セキュリティ対策サービスといった有料オプションが付いているのかを、料金と合わせて確認しておくことをおすすめします。

ほとんどのオプションサービスが数百円程度のものですが、これが3年間、36ヶ月積み重なると実質費用にも大きく関わってきます。

また、特定の有料オプションを登録しないとキャンペーンが適用されなくなるといった条件を設けているプロバイダもあるので注意が必要ですね。

ポイント5:端末

プロバイダが取り扱っている端末の種類の豊富さも重視しておくことをおすすめします。

最新端末と旧端末では、やはり機能に差が生じてしまいます。
実際に比較してみると、以下のようになります。

W06W05W04
最大通信速度(下り/上り)1,237Mbps/75Mbps758Mbps/112.5Mbps758Mbps/37.5Mbps
販売時期2019年1月2018年1月2017年1月

上の表に下り/上り●●Mbps/上り●●Mbpsと表記していますが、上りは、メールの送信やデータのアップロードなど、データを送信する際の速度になります。一方下りは、webサイトの閲覧やYouTubeなど、データを受信する際の速度になります。

おそらくみなさんが遅いと感じる場面は、データを受信するときの速度だと思います。つまり、下りの最大Mbpsが肝心になってきます。

2018年1月に販売し始めた「W05」と、その翌年販売を開始した「W06」を比較してみると、下りの通信速度が1.5倍以上も速くなっています。

そのため、いくら良い割引サービスを提供していたとしても、最新端末を取り扱ってなければあまり魅力的でないと言えます。

このことから、プロバイダが取り扱っている端末の豊富さは、そのプロバイダを評価する上で重視することをおすすめします。

WiMAXギガ放題プランのおすすめプロバイダ TOP3

では、これら5つのポイントを踏まえた上で、私がおすすめするプロバイダTOP3を紹介したいと思います。

  • 1位:GMOとくとくBB
  • 2位:Broad WiMAX
  • 3位:biglobe

それでは以下で、具体的にどのようなところがおすすめできるのかを詳しく解説していきます。

1位 GMOとくとくBB

私が1番おすすめするプロバイダは「GMOとくとくBB」です。
GMOとくとくBBをおすすめする理由は、高額のキャッシュバックキャンペーンがあるからです。

各プロバイダの3年間(36ヶ月分)の利用料金と、キャッシュバック適用後利用料金を比較すると以下のようになります。

プロバイダ3年間の利用料金3年間の利用料金(割引後)
GMOとくとくBB152,100円118,100円(※)
Broad WiMAX128,600円128,600円
biglobe130,300円130,300円

※通信速度が速く、現在最も人気の端末である「W06」を申し込んだときのキャッシュバック額が34,000円になります。

ご覧の通り、GMOとくとくBBの利用料金は他のプロバイダと比べると安くはありませんが、キャッシュバックを適用すると、最安値のプロバイダになります。

しかし、注意していただきたいのは「3年契約プランで重視すべきポイント5選」の中でも説明した通り、キャッシュバックは「手続きをしないと貰えない」ということです。

せっかくキャッシュバック額を含めた実質費用で選んだのに、手続きを忘れて損をしてしまわないように注意が必要です。

また、GMOとくとくBBは各オプションサービスも充実していて、契約更新月の20日までなら解約金がかからない点もおすすめできるポイントになっています。

初めてWiMAXギガ放題を使いたいという方にはピッタリなプロバイダと言えますね!

2位 Broad WiMAX

次におすすめしたいプロバイダは「Broad WiMAX」です。

プロバイダ3年間の利用料金3年間の利用料金(割引後)
GMOとくとくBB152,100円118,100円(※)
Broad WiMAX128,600円128,600円
biglobe130,300円130,300円

以上をみていただけるとわかる通り、高額なキャッシュバックキャンペーンはありませんが、単純な月額料金で見ると他プロバイダと比べて最も安く、約19,000円掛かる初期費用も無料になっています。

「キャッシュバックが用意されていても受け取れるか不安」「面倒な手続きは行いたくない」という方は、Broad WiMAXがぴったりでしょう。

また、他社からの乗り換えの場合、最大で19,000円分の解約金を負担してくれます。

そのため、新規契約ではなく、他社からの乗り換えなら圧倒的におすすめのプロバイダです。

3位 biglobe

最後におすすめしたいプロバイダはbiglobeです。

biglobeでおすすめしたいポイントは、大きな月額割引です。

3つのおすすめプロバイダの月額料金と割引金額を、1~2ヶ月目、3~24ヶ月目、25~36ヶ月目で以下の表にまとめたのでご覧ください。

プロバイダ1~2ヶ月目3~24ヶ月目25~36ヶ月目
GMOとくとくBB月額料金:3,609円
割引金額:654円
月額料金:4,263円
割引金額:なし
月額料金:4,263円
割引金額:なし
Broad WiMAX月額料金:2,726円
割引金額:1,285円
月額料金:3,411円
割引金額:600円
月額料金:4,011円
割引金額:なし
biglobe月額料金:3,620円
割引金額:2,060円
月額料金:3,620円
割引金額:2,060円
月額料金:3,620円
割引金額:2,060円

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの月額料金は、1~2ヶ月目は安く設定されています。

しかし、GMOとくとくBBは3ヶ月目以降は割引無し、Broad WiMAXも25ヶ月目以降、つまり2年経った時点で月額割引が無くなってしまい、月額料金が高くなってしまいます。

一方で、biglobeは1ヶ月目~36ヶ月目まで一律の金額となっていて、3年契約の間で月額料金が変わることがありません。

単純な月額割引額は、他のプロバイダと比べても圧倒的に高いので、キャッシュバック等の面倒な手続きをせずに、お得な月額割引特典を受けたいと考えている方には最もおすすめのプロバイダです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、WiMAXギガ放題プランはプロバイダから申し込んだ方がいい理由を解説した上で、私がおすすめするプロバイダTOP3を紹介しました。

改めておさらいをすると、WiMAXギガ放題プランをお得に契約できるプロバイダTOP3は以下のようになっています。

  • 1位:GMOとくとくBB
  • 2位:Broad WiMAX
  • 3位:biglobe

これからWiMAXギガ放題を申し込もうと考えている方や、どこから申し込むとお得なのかわからない方は、この記事を参考にして、ぜひ以上のプロバイダからWiMAXを検討してみましょう!

-料金

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.