料金

損するな!ヨドバシカメラWiMAX(ワイヤレスゲート)契約に待った

更新日:

WiMAX ヨドバシカメラ ワイヤレスゲート

今、ヨドバシカメラでWiMAX(ワイヤレスゲート)を検討していませんか?指定商品を〇〇円以上購入することで、割引プランを契約することができますよね。

でも、その割引プラン本当は全然お得ではないんです!!

割引された料金でWiMAXを利用できるのは本当ですが、その割引金額が低いので、他のプロバイダで契約した方が圧倒的にお得です。なので、今ヨドバシカメラでWiMAXの契約を検討している方は、このページを読んで、もう1度考えてみてください。

このページを読むことで、ヨドバシカメラと他のプロバイダで契約した時の内容を比較し、どこで契約するのが1番お得なのかを知ることができます。

それでは、ヨドバシカメラのWiMAXについて紹介していきます。

ヨドバシカメラのWiMAX(ワイヤレスゲート)とは

ヨドバシカメラは、家電・カメラ・パソコンなどを扱う全国規模の家電量販店です。そんなヨドバシカメラでは「ワイヤレスゲートWiFi+ WiMAX2+」という通信サービスを提供しています。

これを契約することで、WiMAXと全国のカフェや駅などにある公衆無線LAN「ワイヤレスゲートWiFi」を利用できるようになります。

そして通信回線は、すべてUQコミュニケーション株式会社が管理しているので、以下の点についてはどのプロバイダを選んでも変わりません。

  • 料金プラン:月間7GBプラン/ギガ放題プラン
  • 通信速度:下り最大1.2Gbps
  • 速度制限:WiMAX2+通信で3日10GB以上利用すると、翌日18時から8時間ほど通信速度が約1Mbpsに制限される(※YouTubeを標準画質であれば支障なくみれるレベル)
  • 契約期間:3年間
  • 通信エリア:全国(※地方によっては対応エリア外)

通信速度が非常に速く、速度制限が夜の間だけなのであまり気ならないし、制限中でも最大通信速度1Mbpsでインターネットを利用することができるのは、とても魅力的です。

以上がWiMAXの内容になります。このWiMAXをどこで契約するかによって「サービス内容」「料金設定」などが変化してきます。

そして冒頭でもお伝えしましたが、ヨドバシカメラでWiMAXを契約することはあまりオススメできません。これからその理由を解説していきます。

ヨドバシカメラのWiMAX(ワイヤレスゲート)をお勧めできない大きな理由が2つある

ヨドバシカメラでWiMAXを契約することはあまりお勧めできません。その理由は、以下の2点です。

  • セット割引プランがあまりお得ではない
  • 最新端末である「W06」には割引自体がない

この2点を解説していくので、今ヨドバシカメラでWiMAXの契約を検討している人は、もう一度考え直してみてください。

実はセット割引プランが、あまりお得ではない

ヨドバシカメラでは、以下の2つの割引プランを用意していて、どちらもお得そうに見えますが、他のプロバイダと比べるとあまりお得じゃないです。

  • 5000円割引プラン
  • 30000〜50000円割引プラン

では、この2つのプランについて、他のプロバイダと比較して解説していきます。

最大5000円割引は、他のプロバイダと比べると全然お得じゃない

ヨドバシカメラでWiMAXの契約を検討する場合、下記の機種でも割引プランをオススメされます。

  • WX04:3年契約で5000円割引
  • W04:3年契約で15,000円割引
  • WX03:3年契約で15,000円割引
  • L01s:3年契約でヨドバシ商品券20,000円

一つ目のプラン割引を適用すると月額料金が4380円で、年間費用が52,000円を超えます。

2つ目で契約したとしても、ヨドバシカメラが指定する商品を5000円以上購入する必要があるので、最大10,000円割引で年間約48,000円の支払いとなります。

それでは、他のプロバイダ(販売代理店)のプランと比較してみましょう。

プロバイダ名1年間あたりの実質費用

(ギガ放題)

機種キャッシュバック金額
GMOとくとくBB40,169円W0631,500円
GMOとくとくBB40,819円W0532050円
GMOとくとくBB

(月額割引)

41,450円W060円
BIGLOBE41,872円W0630,000円
DTI43,223円W060円

上記の表は、2019年9月現在の情報で、プロバイダと機種の組み合わせを安い順でランキング形式にしたものです。上位5位を実質費用計算してみました。

1年間あたりの実質費用はギガ放題を適用した場合なので、通常プランになるとそれぞれ5000〜8000円ほど安くなります。

プロバイダを料金比較してみると、GMOとくとくBBが上位3つを独占していますね。この中でも、34,000円のキャッシュバックがもらえる「W06」のプランをオススメします。

「W06」は最新機種で、下り最大通信速度867Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現在あるポケットWiFiの中でも最速で、今一番優秀な端末です。他のプロバイダを選ぶ場合でも、「W06」のプランを選ぶと良いでしょう。

比較してみると、ヨドバシカメラの割引5,000円や15,000円が、全然お得ではないことがわかったと思います。

実質費用の計算方法

実質費用の計算方法は以下の通りです。

実質費用=登録料+初月料金+その他費用+(月額料金×35ヵ月)+端末代−キャッシュバック−その他割引

契約を検討している方は、実際どのくらい費用がかかるのかを計算してみるのもいいでしょう。

それでは、次に50,000円の割引プランについて解説していきます。

50,000円キャッシュバックがほとんど無意味らしい?!

50,000円の高額キャッシュバックと聞くと、大幅値引きされているように感じますが、実質割引額は10,000円ほどです。

その理由は、プランの料金設定と適用条件にあります。

  • 月額料金が5,927円で、2年契約である
  • 割引するには、ヨドバシカメラの指定する商品を50,000円以上購入する必要がある

先ほど紹介したプランより1年短い2年契約で、月々に支払う料金が約1,500円高くなります。月額料金5927円を24回払いすると、実際の割引金額は約10,000円になる計算です。

さらに、ヨドバシカメラの指定商品を50,000円以上購入で適用され、最大50,000円のキャッシュバックなので、他プロバイダで契約した方が余計な出費を減らせるでしょう。

最新機種である「W06」だと割引されない

「W06」は、WiMAXのWiFiルーターで一番新しい端末です。下り最大通信速度が大きく向上し、使い勝手が改善される便利な新機能も搭載しています。

最近では、「W06」を対象としたキャッシュバックキャンペーンが多く「WX05」や「W05」よりも性能が良いため、「W06」での契約がオススメです。

しかし、2019年9月時点で、ヨドバシカメラは最新機種「W06」を取り扱っていますが、「W06」を割引対象にしていないので、注意が必要です。

「W06」の通信速度が、他の端末と比較して高スペックすぎる

「W06」の下り最大通信速度が867Mbps(※USBケーブル接続時は1.2Gbps)です。「W05」と比べると約100Mbps速くなっていて、「WX05」は最大440Mbpsなので、比較すると400Mbps以上も速度が違います。

そして「W06」には、WiFi TXビームフォーミングという新機能が搭載されているので、「W05」と比較するとWiMAXの通信速度の性能が20%も向上しています。

さらに、高性能ハイモードアンテナが搭載されていて、電波の受信感度が上昇しているため、今まで繋がりにくかった建物内でも、利用できるようになりました。

WiFi TXビームフォーミングとは

WiFi TXビームフォーミングとは、WiFiを接続する端末の位置をルーターが自動で感知し、接続端末の方向に電波を集中的に出力する機能のことです。これによって通信速度の性能が上昇します。

「WX05」にも搭載されている機能ですが、クレードル不要で使えるものは「W06」だけです。

ヨドバシカメラよりも他の代理店の方が、最新機種を安くお得に契約できる

ここまで性能が向上しているWiMAXのWiFiルーター「W06」ですが、ヨドバシカメラでは安くなるどころか、割引対象にもなっていないのです。

他プロバイダのプランもお伝えしましたが、3社全てが「W06」のプランで、ヨドバシカメラのプランよりも月額料金が安くお得に契約することができます。

WiMAXを一番お得に契約する手順をお伝えしましょう

ここまでヨドバシカメラのWiMAXについて解説してきて、割引プランがあまりお得でないということがわかったと思います。では、どうしたらお得にWiMAXを契約することができるのでしょうか?

その方法/手順をこれから紹介しましょう。まずは以下の3点について決めます。

  • 契約プランを決める
  • WiFiルーターの機種を決める
  • 契約するプロバイダを決める

それぞれをお得になるように決めると

  • プランを「ギガ放題」にする
  • 機種を「W06」にする
  • プロバイダを「GMOとくとくBB」にする

上記が一番お得にWiMAXを契約するためにおさえるポイントです。それぞれオススメする理由がきちんとあるので、これから順番に解説していきます。

ギガ放題プランで、通信量を気にせずネットを使おう

プランは「通常プラン」と「ギガ放題プラン」の2種類あります。

通常プラン:データ量が月間7GBを超えると通信制限がかかり、通信速度が128kbpsになります。(制限期間は月末まで)月額料金は3670円(税抜)です。

ギガ放題プラン:データ量の月間制限がなく、通信量をほとんど気にせずインターネットを利用することができます。月額料金は4350円(税抜)です。

「7GBだと少し足りない」「動画をよくみる」といった方は、迷わずギガ放題プランを選ぶことをオススメします。

最新機種W06を使って快適なインターネット環境を作ろう

WiFiルーターは、主に5種類から選ぶことができます。その中でも、最高スペックをもつ「W06」をオススメします。理由は以下の通りです。

  • 下り最大通信速度が867Mbps(USBケーブル接続時最大1.2Gbps)でとにかく速い
  • 新機能により繋がりやすさが格段に向上した
  • 「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード」に対応しているので、万が一のときも高速通信ができる

以上の3点が主なポイントです。前述した通り、通信速度が「WX05」「W05」と比べて100Mbps以上も速く、高性能ハイモードアンテナとTXビームフォーミングによって繋がりやすさが向上しています。

「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード」とは、au 4G LTEの回線を使うことで、最大通信速度867Mbpsの高速通信が可能になりました。これによってWiMAXの電波を受信できないエリアでも、快適にネットが利用できます。

あくまで理論値なので常に最大速度を保つことはできませんが、WiMAXが受信できないエリアでも、auのLTE回線を使うことで高速通信が利用できるようになり、非常に快適なインターネット環境を手に入れられるのです。

ハイスピードプラスエリアモードとは

au 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードとは、基本的に、WiMAXの電波が受信できないエリアで使われるモードです。

au 4G LTEの回線を使うので、1度使用するとその月に1005円が請求されますが、出張先や旅行中に電波の弱いエリアにいるときに非常に重宝するモードです。

GMOとくとくBBが実質費用が、一番安くてお得に契約できる

今回、実質費用ランキングを紹介しましたが、その中で1位〜3位を独占していた「GMOとくとくBB」が、オススメのプロバイダです。

その中でも、31,500円のキャッシュバックがもらえる「W06」のプランが良いでしょう。実質費用(ギガ放題プラン)が年間40,169円で、実質月額料金が約3400円で利用することができ非常に安いです。

GMOとくとくBBの他のプランや「BIGLOBE」「DTI」だとしても、ヨドバシカメラで契約するよりはお得なので、今回紹介した上位5つのプランを検討してみても良いかもしれません。

まとめ

ヨドバシカメラでは、WiMAXがお得に契約できないことがわかっていただけたでしょうか?

ヨドバシカメラも割引プランを持っているのは事実ですが、あまりにも恩恵が少なく、他のプロバイダで契約する方が、圧倒的にお得でしたね。

プロバイダだけでなく、プランやWiFi端末の機種選びなどが非常に重要になってきます。それでは、最後にもう1度、以下の点を確認してみましょう。

  • WiMAXを一番安く契約できる「GMOとくとくBB」
  • 使用通信量を気にせずネットが使える「ギガ放題」
  • 最高スペックで繋がりやすくさらに速くなった「W06」

上記のの3点をおさえて、実質費用を安く済ませながら高速通信を利用しましょう。

ぜひ、このページを参考にWiMAXの契約を検討してみてください。きっとお得に快適なインターネットライフを送ることができるはずです。

どのWiMAXにするか迷っている方はWiMAXが安い!最安値ランキングを参考にしてみてください。

-料金

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2019 All Rights Reserved.