ルーター端末

WX06の発売日はいつ?NECのWiMAX最新機種のスペック徹底予想

更新日:

WX06 評判 レビュー 最新端末

みなさん、WiMAXの最新機種「Speed WiFi Next WX06」がいつ発売するか気になりませんか?

「W06」で新しい機能が次々と搭載され、通信速度が格段に上がったように、「Speed WiFi Next WX06」のスペックがどのくらい向上しているのかも気になりますよね。

今回、このページでは、発売日からスペックまで「Speed WiFi Next WX06」に関する情報を徹底的に予想していきます。

さらに「Speed WiFi Next WX06」の入手方法や購入価格まで予想して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

このページを読んで、WiMAXの最新機種の予想スペックから、「Speed WiFi Next WX06」が自分のスタイルにあったものかどうかを考えてみましょう。

発売日の推移を見て、「Speed WiFi Next WX06」の発売日を予想してみよう

それではWiMAXの最新機種「Speed WiFi Next WX06」がいつ発売されるのかを予想していきましょう。以下の表に、WX03からの発売日の推移をまとめてみました。

機種製造元発売日
WX03NEC2016年12月2日
W04HUAWEI2017年2月17日
WX04NEC2017年11月9日
W05HUAWEI2018年1月19日
WX05NEC2018年11月8日
W06HUAWEI2019年1月25日
WX06NEC2020年1月末〜2月初旬(予想)

NEC社製とHUAWEI社製が交互に発売されていることがわかりますね。

NEC製のWiMAX端末「WXシリーズ」は1年周期で新製品が発売され、時期は11月〜12月が多いです。

しかし、今回その時期に最新機種「WX06」が発売されませんでした。

なので、NEC社の例年の発売時期とは少しずれますが、HUAWEI製品の発売と同じ時期(1月末〜2月初旬)に発表するのではないかと予想します。

「Speed WiFi Next WX06」のスペックを予測しよう

ここからは現在販売されている機種のスペックをみながら、WX06のスペックを予測していきます。

まずは、現在販売されているWiFi端末を紹介しましょう。

NEC社製の「Speed WiFi NEXT WX05」のスペック

  • 最大通信速度:上り30Mbps / 下り440Mbps
  • バッテリー:3,200mAh
  • 通信可能時間:標準11.5時間 / 待受700時間
  • サイズ:W111×H62×D13.3 / 128g

特徴的なのが、バッテリーの容量の大きさと通信可能時間です。

「Speed WiFi Next WX06」と比べても大きな容量を持ち、長時間の利用が期待できます。

WX05は、「WiMAXハイパワー」という機能を搭載しており、電波送受信が弱い時に通信品質を向上させる働きをします。

さらにWウィングアンテナ搭載のクレードルによって、従来のWiFi端末よりも実行速度が30%も向上したりと、通信状態の向上に対して魅力的な機能が増えているんです。

HUAWEI社製の「Speed WiFi NEXT W06」のスペック

  • 最大通信速度:上り30Mbps / 下り867Mbps
  • バッテリー:3,000mAh
  • 通信可能時間:標準9時間 / 待受800時間
  • サイズ:W128×H64×D11.9 / 125g

現在の最新機種「W06」は、下り最大通信速度1.2Gbpsと理想値でありながらも、ハイスピードエリアモード利用時に超高速の通信速度を実現しています。

WiFi接続時でも、下り最大通信速度が867Mbpsと非常に速いです。

TXビームフォーミングやバッテリーコントロール機能などが搭載され、WX05よりも性能が格段に向上し、通信状態がより良くなっています。

それでは、これらを踏まえた上で、「Speed WiFi Next WX06」のスペックを予測していきましょう。

予測スペック1:通信速度が1Gbps近くまで向上する可能性がある

WiMAX端末では、「NEC製品」と「HUAWEI製品」で差別化されています。

  • 「NEC製品(WXシリーズ)はバッテリーに優れる」
  • 「HUAWEI製品(Wシリーズ)は通信速度に優れる」

そのため、NEC製品(WXシリーズ)である「Speed WiFi Next WX06」は、通信速度がそこまで向上することはないと予想します。

しかし、通信速度という部分はポケットWiFiを宣伝する上で、大きなメリットでもありますし、ユーザーが最も注目する点でもありますよね。

こちらが現在「Speed WiFi Next WX06」「Speed WiFi Next W05」「Speed WiFi Next HOME L02」の通信速度です。

「Speed WiFi Next W05」は他の機種に比べ、最大通信速度が遅いことがわかります。

HUAWEI製の機種が有線接続とはいえ1.2Gbpsを超えているので、1Gbps近くまで向上する可能性があるでしょう。

しかし、先ほどの機種紹介でも言ったように、バッテリーの容量が大きく、通信可能時間が長いため、より長い時間利用することができます。

予想スペック2:さらにバッテリー容量が強化されるだろう

「Speed WiFi Next W06」

  • バッテリー:3000mAh
  • 通信時間:9時間(ノーマルモード)

「Speed WiFi Next WX05」

  • バッテリー:3200mAh
  • 通信時間:11.5時間(ノーマルモード)

NEC製のWiMAX端末のWXシリーズは、バッテリーの容量が大きく長持ちすることが特徴なので、今回も強化されるだろう。

通信速度に関しては、HUAWEIの「Speed WiFi Next W06」がWiFi接続時867Mbps、ハイスピードエリアプラスモード利用時1.2Gbpsと超高速で、これを上回るのは難しいでしょう。

よって、「Speed WiFi Next WX06」のバッテリーを以下のように予想しました。

最新機種「Speed WiFi Next WX06」

  • バッテリー:3500mAh
  • 通信時間:12時間超え(ノーマルモード)

このように、Wシリーズとの差別化としてさらにバッテリーが強化されれば、フル充電で2~3日使えるくらいの容量かもしれませんね。

予想スペック3:対応クレードルで充電や有線接続ができるかもしれない

充電できたり、有線LAN接続が可能になるWiMAX用のクレードルは、「Speed WiFi Next WX06」でも対応するでしょう。

自宅でクレードルを利用することで、電波の受信感度の低下を防ぎ、360度全方位からWiMAXの電波を受信可能になります。

現在、「WX04」「W05」「WX05」がクレードルに対応していますが、「W06」には専用クレードルがなく非対応です。

しかし、WX05ではクレードルの評判が良く、家の固定回線として利用することも可能なので人気です。

「WX06がクレードル対応している」ことが、宣伝文句にもなるので、対応する可能性が高いと考えています。

クレードルとは?

モバイルWiFiを接続して使うスタンド型の拡張機のこと。クレードルに置くだけで充電できたり、無線LANが内蔵されていないPCでも有線でインターネットが利用できるようになります。

予想スペック4:5GやWiFi6には、まだ対応できないだろう

2020年春から日本にも導入される「5G」は、残念ながら最新機種「Speed WiFi Next WX06」にはまだ対応しないでしょう。

日本が「5G」を実用的に利用するには、約2~3年かかると言われているので、キャリアなどの通信事業がそんな中、5G対応の端末を出すことは考えにくいです。

5Gとは?

「第5世代移動通信システム」のこと。現在は「4G」を使用しており、「5G」が実装されると、通信速度が約10~20倍速くなり、タイムラグが5分の1になると言われています。

結論:全体的に大きなアップグレードは見込めないかもしれない

通信速度やバッテリーの性能が向上するとはいえ、過去の傾向からみてもあまり大きな進化がないことが伺えます。

通信速度でいっても、W06を上回るような速度改善は考えにくく、バッテリーと通信速度が少し向上するイメージでしょう。

なので、今回の「Speed WiFi Next WX06」と現在最新機種の「W06」を比較してもあまり大きな性能アップは見られないかもしれません。

最新機種「Speed WiFi Next WX06」の入手方法や価格について

最新機種「Speed WiFi Next WX06」2020年1月末~2月初旬に発売されるとして、「どこで手に入れ流のか」「いくらで買えるのか」が気になりますよね。

ここからは「Speed WiFi Next WX06」の入手方法と価格設定について解説していきます。

最新機種「Speed WiFi Next WX06」が予約できるプロバイダを予想しよう

WiMAXの「Speed WiFi Next WX06」が発売されたとして、すぐにそれが買えるとは限りません。

そこで、「GMOとくとくBB」と「Broad WiMAX」の先行予約の可能性を考えましょう。

いつもUQ コミュニケーションズよりも先行受付が早いので、今回もこの2社が先行受付を早い段階ですると考えます。

「GMOとくとくBB」

  • 実質月額料金:約3,320円
  • WiFi端末代金:0円
  • 契約期間:3年

「Broad WiMAX」

  • 実質月額料金:約3,520円
  • WiFi端末代金:0円
  • 契約期間:2年

このように月額料金が、他社と比べても非常に安いので、そういった点から見ても以上の2社に注目しておくのが良いでしょう。

価格設定は、今ある端末と同じ価格になるでしょう

WiMAXは、端末だけの販売をしていないので、「Speed WiFi Next WX06」もUQ WiMAXやプロバイダと契約して、購入することになります。

価格設定は、今あるWiFi端末と同じくらいの金額(だいたい15,000円)となるでしょう。(プロバイダによって多少の誤差はあると思います。)

プロバイダによって、WiFi端末を無料で提供してくれることもあるので、きちんと確認しておきましょう。

「WiFi端末を無料で提供してくれるプロバイダ」

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • カシモ WiMAX
  • So-net WiMAX

以上の4社は、WiFi端末代金が無料になる主なプロバイダです。

最新機種「Speed WiFi Next WX06」だけでなく、今あるWiFi端末も無料になっているので、気になる方はチェックしてみてください。

WX06とW06、どっちがオススメ?

「Speed WiFi Next WX06」のスペックで、大きなアップグレードが見込めないと言いましたが、「W06」比較するとどちらの方が良いでしょうか?

速度重視のHUAWEI、バッテリー重視のNECという構図が崩れないうちは、W06の方が人気を持ち続けるかもしれません。

WX06がオススメの端末かどうかは、「Speed WiFi Next WX06」が「どれだけバッテリーの持ち時間を伸ばせるか」と「どれだけW06と比べて通信速度が速くなるか」によって変わってくるでしょう。

特に最大通信速度の実測値でかなりの改善がみられるなら、W06より格段にアップグレードしたと言えます。

まとめ

今回、最新機種「Speed WiFi Next WX06」の発売日やスペック、価格などを徹底予想してみましたが、いかがだったでしょうか?

発売日とスペックの予想を簡単にまとめてみました。

  • 発売日が1月末~2月初旬(HUAWEI製品の発売と同時期)
  • 通信速度が1Gbps近くまで向上するかもしれない
  • NEC製品の特徴である「バッテリーの持ち時間」が向上するだろう

特に通信速度が向上すれば、現在最新機種である「W06」よりも優秀で人気が出ると考えます。

WXシリーズなので、バッテリーに関してはさらに長時間利用ができるようになるはずです。

入手方法は「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」の先行受付を狙って、購入できるようにしておきましょう。

この2社は端末代が無料で利用できるので、非常にお得なプロバイダでもあります。

このように、今ある機種を紹介しながら、「WX06」に関して様々な情報を予測してみました。

ぜひこのページを参考にして、最新機種「Speed WiFi Next WX06」の購入を検討してみてください。

最新のWiMAXを比較するなら、WiMAXが安い!最安値ランキングを参考にしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ルーター端末

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.