ルーター端末

WX06の評判レビュー!おすすめWiMAX最新機種とWX05を比較

更新日:

WX06 評判 レビュー 最新端末

【2020年3月1日更新】WX06評判レビューを更新しました

遂にWiMAXに最新機種が仲間入りしました!
その名も、「Speed Wi-Fi NEXT WX06」です!
発売日は1月30日でしたが、通信の安定性が上昇した等評判がよくなっています。

その他にも、WiFiバンドステアリングやQRコードスキャンといった機能も追加されて、より使い易いWiMAXルーターとなっています。

当サイトは、WX06の実機を早速入手したので、実際に使ってみて使用感を調査していきます。
またWX06の旧機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX05やファーウェイ製のルーターと比較し、どのルーターを選択すべきか解説していきます。

これからWiMAXを契約しようと考えている方や、機種変更しようとしている方必見です!

WX06スペックの概要

早速ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペックを見ていきましょう。
端末のイメージはこんな感じです。

WX06 最新機種 イメージ

カラー展開は、クラウドホワイトとライムグリーンとなっています。
白はシンプルで格好よく、ライムグリーンも鮮やかで周りの注目を得られそうなカラーリングとなっています。
基本的なスペックは以下のようになっています。

ルーター品番Speed Wi-Fi Ntext WX06
サイズ(幅×高さ×厚さ)約111 × 62 × 13.3mm
重さ約127g
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)
インターフェイスUSB 2.0
連続通信時間ハイスピードモード(WiMAX 2+)
スタンダード:約11.5時間
ハイスピードプラスエリアモード(WIMAX 2+、LTE)
速度優先:約8時間
連続待受時間約700時間
通信方式ハイスピードモード
・下り最大440Mbps
・上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
・下り最大440Mbps
・上り最大75Mbps
同時接続台数最大16台

第5世代移動通信システム、いわゆる「5G」の対応にはなっていませんが、外出先でも高速インターネットが楽しめるスペックとなっています。
またWX05からWX06に進化したことで、旧機種には備わっていなかった機能も追加されています。
それらの機能が以下の3つです。

  1. バンドステアリング機能
  2. 2.4GHzと5GHzの同時通信
  3. QRコード接続

これらの新機能も含めてWX06のメリットや魅力、特徴を6つお伝えしていきます。

WX06のメリット(魅力)特徴

メリット1.バンドステアリング機能でより快適に

バンドステアリング機能とは、「快適なWiFi接続ができるように、最適な周波数を自動で選択してくれる機能」です。
そもそもWiMAXには、2.4GHzと5GHzの2つの周波数が存在し、それぞれメリットとデメリットがあります。

帯域メリットデメリット
2.4GHz電波が遠方にまで届く
壁や床などの障害物に強い
スマホの接続に適している
汎用性が高い
他の家電が出す電波と干渉しやすい
周波数が低い
接続が不安定になりがち
5GHz高速で安定した通信が可能
他家電による電波干渉が少ない
モバイルパソコンの接続に適している
壁や床などの障害物に弱い
屋外での利用は条件付き
汎用性が低い

例えば2.4GHzはドアの開閉によって影響を受けることは少ないですが、5Ghzは通信が途切れてしまう可能性があります。
また最近普及してきたlot家電や電子レンジを使った場合、2.4GHzはlot家電や電子レンジからもろに干渉を受けてしまいます。
5Ghzは2.4GHzよりも高速で安定した通信ができますが、ルーターからの距離が遠いと、電波が届きにくいという場合もあります。

周波数を手動で選択できるルーターもありますが、バンドステアリング機能付きであれば、今WiMAXを使っている環境で一番適した周波数を自動で選択してくれます。
これは旧機種のWX05にはなかった新機能で、より安定したWiFi接続ができる嬉しい機能となっています。

メリット2.WiMAX業界初!2.4GHzと5GHzの同時通信が可能に

WX06 2.4GHz 5GHz 同時通信

WX06はハンドステアリング機能に加え、WiMAXのモバイルルーターとしては初の「2.4GHzと5GHzの同時通信」が可能となりました。
WX06で複数の端末を接続している場合、近くでパソコンやスマホを使う時は5GHz、遠くでスマートスピーカーを使う時は2.4GHzに同時接続してくれます。
様々な場所で様々な端末を同時に接続したとしても、それぞれに適した周波数を選択し、より安定した通信環境を実現してくれます。

さらに旧機種「WX05」よりも同時接続できる台数が増加(10台→16台)したので、自分が接続したい端末を自由に接続することが可能となりました!

メリット3.WiFi QRコードスキャンで楽々WiFi接続

WX06 QRコード接続

今まではWiMAXとスマホを接続する場合、SSIDとパスワードをスマホに入力して接続しなければなりませんでした。
その都度、WiMAX端末でSSIDとパスワードを確認してから入力しなればならなかったので、面倒で間違ったりするときもありました。

しかしWX06からはQRコードをスマホで読み取るだけで、WiMAX端末と接続することが可能になりました。
以前からQRコードを読み込ませると、スマホと接続できるWiMAX端末はありましたが、専用のアプリから読み込まなければなりませんでした。
WX06はアプリをダウンロードする必要がなく、スマホのカメラから読み込ませるだけで簡単に接続することが可能です。

WX06の通信回線を友達とシェアして利用するときに、とても便利な機能となっています。

メリット4.データ通信量が一目でわかる

WiMAXにはハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの2種類があります。

ハイスピードモードは通常のWiMAX回線で、月間のデータ通信量は無制限なので気にする必要はありません。
ただ3日間に10GB以上利用した場合は、翌日の18時から26時までの間、通信制限を受けてしまいます。(それでも動画が視聴できる1Mbps程度の速度は保たれます)

またハイスピードプラスエリアモードは、auの4G回線を利用したモードで、は山間部など繋がりにくいところで利用する場合に使います。
こちらはあまり使わないモードですが、月間7GBまでしか利用できず、超過した場合はハイスピードモードも128kbpsというかなり遅い速度になってしまいます。

「あとどれくらいのデータ量が使えるか」というのが、すぐに把握できたら嬉しいですよね!

最新機種のWX06であれば、これらのデータ通信量が一目でわかりようになっています。
ホーム画面でグラフや数値でわかりやすく表示されるので、うっかり通信制限に陥ることも限りなく減るでしょう。

メリット5.クレードルで屋内も通信が安定

WX06 クレードル

NEC製のWiMAXシリーズは、クレードルがとても強力で屋内でも繋がりやすい設計になっています。
繋がりやすい理由として、クレードルの両側にあるWウィングアンテナの中に、以下の4種類のアンテナが搭載されているからです。

  • WiMAX 2+アンテナ1
  • WiMAX 2+アンテナ2
  • Wi-Fi 5GHzアンテナ
  • Wi-Fi 2.4GHzアンテナ

NEC製のクレードルを利用すると、電波が弱い場所での通信速度がクレードル無しの場合と比較して、約56%向上するといわれています。
宅内で利用される方は、WX06のWiMAXハイパワーとWウイングアンテナ搭載クレードルの利用をおすすめします。

クレードルを持っていれば、置くだけで充電することができるのでWiMAXを利用するなら持っていて損はありません。

メリット6.大容量バッテリー搭載で長時間利用可能

旧機種WX05もそうですが、NEC製のWiMAXルーターは大容量バッテリーを搭載しているので長時間利用できます。
WiMAXは外出先で利用する機会が多いので、仕事中バッテリー切れになったら大変ですよね。
周りにコンセントのあるカフェ等なければ、その日の利用を諦めなければなりません。

しかしWX06は3,200mAhのバッテリーを搭載しているので、ノーマルモードでも最大11時間30分も利用できます!
ファーウェイ製のWiMAXルーター「W06」は3,000mAhのバッテリーで最大9時間の稼働なので、2時間30分以上WX06が長く稼働できます。

2時間30分はかなり大きい数字なので、どうしても仕事や学業でバッテリーを切らしたくない方はWX06を選択しましょう。

WX06のデメリット

最大下り速度はW06より劣る

実はWX06の最大下り速度は、2019年1月に発売されたファーウェイ製の「W06」よりも劣ります。
WX06とW06の通信速度を比較した表がこちらです。

ルーター最大下り速度メーカー
WX06440MbpsNEC
W06558Mbpsファーウェイ

W06よりも118Mbps最大下り速度は劣るのが現状です。

しかし、WX06もW06も最大値の通信速度を出すことはありません。
これらは理論値で、実際の利用環境によって通信速度は異なり、実際は10Mbps~100Mbps前後です。
558Mbpsどうしても欲しい方は、光回線で最大1Gbpsが出るプランを選択するしかありません。

例え下り10Mbpsだったとしても、動画の視聴も可能で、仕事に差し支えるような通信速度にはなりませんので安心してください。

理論上最大下り速度は劣ります。
しかし、結局WX06もW06も同程度の下り速度となっているので、こちらのデメリットは気にする必要はありません。
ただ5Gには対応しておらず、旧機種WX05から通信速度が上昇していないので、その点はデメリットかもしれません。

どうしても少しでも通信速度を上げたいという方はW06を選択し、通信回線の安定性やバッテリーの持ちを重要視する方はWX06を選択しましょう。

WX06の評判を調査

早速WX06を利用されている方がいたので、評判をチェックしてみました。
最大下り速度が心配な方でも、この評判を見れば心配ないことがわかります。
どの評判や口コミも上々だったので、WX06は安心して使える最新機種だと言えます。

WX06を実際に使ってレビューします

Twitter上での評判や口コミは良かったのですが、実際のところ速度や使用感は良いのでしょうか。
ワイラボ.comでは最新のWX06を入手し、実際に使ってみなさんに分かりやすいようレビューしていきます。

WiMAX契約したいけど、端末をどれにすれば良いかわからない方必見です!

発売日は1月30日

WX06の発売日は1月30日でした!
それから約2週間後、ワイラボ.comはGMOとくとくBBで最新機種を入手しております。
カラーバリエーションは、クラウドホワイトとライムグリーンの2色展開ですが、今回はクラウドホワイトを選択しています。
こちらがWX06が送られてきた時の外装です。

WX06 外装

そして、いよいよWX06との対面です。

WiMAX WX06 最新機種

液晶は小さめで余計な装飾がついておらず、洗練されたデザインで気に入っています。
大きさも幅が11.1cm、高さが6.2cmでiPhoneよりも小さいサイズで、手にフィットするような設計になっています。
ファーウェイ製のW05とサイズ感を比較したので、参考にしてみてください。

WX06 W05 サイズ 比較

ファーウェイ製のW05よりもコンパクトで、ポケットにも入れやすいサイズ感となっています。
高さはW05よりも若干高いですが、幅が狭いので気になりません。
厚さについては両社ほとんど同じ厚さとなっているので、WX06の方が持ちやすい印象です。

どうせWiMAXを使うなら、ご自身の好きなデザインのルーターを使いたいですよね!
こちらを参考にしてWiMAX選びを楽しんでください。

WX06とW05の通信速度を比較

WX06のデザインや大きさは申し分ないのですが、重要な通信速度はどうでしょうか。
以下の条件で、スピードテストを行いW05と比較してみました。

  • 地方の中心市街地
  • 木造一戸建ての建物内
  • 窓際にルーターを置いて計測
  • クレードルはなし

W05はファーウェイ製WiMAXルーター「W06」の旧機種ですが、W06と同じく最大下り558Mbpを誇るルーターとなっています。
W06と比較している方も参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

スピードテストを行った結果がこちらです。

WX06 W05 通信速度 比較

結果は、最大下り558Mbpsを誇るW05に最大下り440MbpsのW06が勝ったという結果になりました。
差は4Mbpsしかないので、体感的にはほとんど変わりありませんが、数値上はWX06の方が速くなりました。
また計測した環境によっても通信速度は異なるので、W05の方が速くなる場合もあります。

今回計測したエリアは地方で20Mbps程度の通信速度でしたが、都心部や基地局の近いエリアで利用すれば、さらに速い通信速度が期待できます。

トータルで見るとWX06もW05も通信速度はほとんど変わらないので、最大下り速度でルーターを選ぶのではなく、好きなメーカー、好きなデザインで選択するのも良いでしょう。

WX06でAmazonプライム視聴

WX06で動画視聴もできるのか、テストしてみました。
先ほどと同じ条件でAmazonプライムが視聴できるのか、試してみたので参考にしてみてください。

いかがでしょうか、20Mbpsの通信速度でも全然動画が途切れることなく視聴できます。
昔のWiFiルーターは動画視聴が困難なほどの通信速度でしたが、今は技術が進歩し、安定した高速通信を実現しています。
速度に不安な方でも、安心してWX06を利用することができます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、初期契約解除制度が20日も設定されているので、さらに安心してWiMAXを契約することが可能です。

おすすめのWX06入手方法

ここからはWX06を入手するおすすめの方法を解説していきます。
おすすめはやはり月額料金が一番安く、最新機種のWX06を扱っているプロバイダを選択することです。

現在WX06を取り扱っているおすすめのプロバイダは以下の3社です。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+
  • Broad WiMAX
  • カシモ WiMAX

月額料金やキャンペーンを比較してみました。

最安値WiMAX実質月額12か月合計キャッシュバック機種
1位GMO とくとくBB WiMAX 2+3,153円37,830円2,000円WX06
2位Broad WiMAX3,553円42,647円0円WX06
3位カシモ WiMAX3,685円44,223円0円W06

このプロバイダ3社はすべて大手なのでおすすめできますが、一番のおすすめはGMOとくとくBB WiMAX 2+です。
実質月額料金が3,153円で、1年に直すと37,780円となります。
他の2社は年間40,000円を超えてしまうので、最安でWX06を利用するならGMOとくとくBB WiMAX 2+がおすすめです。

またGMOとくとくBB WiMAX 2+は安いだけでなく、安心して利用できる要素がたくさんあるので、詳細をみていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細

GMOとくとくBB WiMAX2+ 安い 最安値 月額

月額料金ギガ放題プラン
1~2か月目:2,170円
3~36か月目:3,480円
37か月以降目:4,263円
キャンペーン2,000円キャッシュバック!
使えるデータ容量使い放題
3日間で10GB超過の場合、翌日18~26時は1Mbps程度の制限
提供端末モバイルルーター
WX06(最新)、W06、WX05
ホームルーター
WiMAX HOME 02(最新)、L02、WiMAX HOME 01
端末代金0円
契約事務手数料3,000円
支払い方法クレジットカード
au
スマートバリュー
mine
〇適用可
auスマホの月額料金から最大1,000円割引
LTEオプション(1,005円/月)が無料
プロバイダGMOインターネット株式会社

auとUQ mobileユーザーはさらに安い

さらに、au スマホをお持ちの方はスマホの月額料金も安くなります。

auスマートバリューmine
WiMAX 2+はau スマートバリューmineに対応しており、auユーザーの方であれば、auスマホの月額料金が最大1,000円割引されます。例えばauフラットプラン20に加入している方や、auピタットプラン&スーパーカケホに加入している方で2G以上使われる方は翌月から1,000円割引されます。

またUQ mobileでは、2019年3月から「ギガMAX月割」がスタートします。

ギガMAX月割 UQ mobileUQ mobileとWiMAXの両方契約されている方は、スマホ代が毎月300円割引されます。GMOとくとくBB WiMAX 2+でも適用になるので、WiMAXを申し込み後、my UQ mobileで申請しましょう。

即日発送で最短翌日から利用可能

GMOとくとくBB WiMAX 2+は最安値の料金だけでなく、即日発送にも力を入れています。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ 即日発送

平日であれば15時30分まで、土日祝であれば14時までの申し込みで即日発送となりまります。
最短で翌日からWiMAXが使えるため、すぐにネット接続したい方に特におすすめです。

端末代0円で最新端末に機種変更

GMOとくとくBB WiMAX 2+ 機種変更

GMOとくとくBB WiMAX 2+より新しくお得なサービスが発表されました!WiMAXを20か月以上利用すれば、端末代0円で機種変更できるようになりました。
月額料金が安いので機種変更ができるのか不安だった方も、これでさらにお申込みしやすくなりました。契約更新月でなくても契約解除料は0円となっており、送料も無料なのでお得ですね!

20日以内の解約は違約金無料!

そしてGMOとくとくBB WiMAX 2+はただ安いだけではありません!ユーザーの方に安心して利用していただくために、初期契約解除制度を20日間に設定しています。

初期契約解除制度とは、いわゆるクーリングオフに似た制度です。WiMAXを実際に利用したが、繋がりが悪かったり、思ったよりも速度が出なかった場合に違約金無料で解約ができる制度です。

他のWiMAXの場合、8日以内に手続きを行わなければなりませんが、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日以内に手続きを行えばよいのです。その間、自宅や外出先でじっくりWiMAXをお試しすることができます。
もし解約した場合は、事務手数料3,000円だけ返ってきませんが、他のWiMAXよりも安心して申込することが可能です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミ・評判

GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミ・評判をまとめました。一番安いということと、安心して契約できるということが評判です。

GMOとくとくBBは、他社WiMAXと比較しても一番安い月額料金で使うことができます。
最初の2か月は月額2,170円で使えて、3か月以降も3,000円台で利用できるなんて安すぎです!
GMOインターネットは、東証一部上場している大手プロバイダなので一番安心して利用できます。

私がGMOとくとくBBを契約したのは、私がauスマホユーザーだからです。
auスマホを持っていると、auスマートバリューmineが適用され、スマホの料金も毎月1,000円割引されています。
auスマホも安い月額料金で利用できるので、auユーザーは断然、GMOとくとくBB WiMAX 2+が最安値です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は安いというのは知っていましたが、初めてWiMAXを利用するので実際に使えるか不安でした。
しかし20日間の初期契約解除制度があると知り、安心して申込することができました。
実際に使ってみると、動画も快適に視聴できたので、もう少し早く申し込みすればよかったです。

▼2020年3月最安値WiMAX▼
3年間ずっと安いGMOとくとくBB!
WiMAX 最安値 安い
即日発送で最新のWiMAXが使える!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は発売日が2020年1月30日の最新端末Speed Wi-Fi NEXT WX06について解説しました。
NEC製の旧機種WX05に、

  1. バンドステアリング機能
  2. 2.4GHzと5GHzの同時通信
  3. QRコード接続

が加わり、さらに使い易いWiMAXルーターへと進化しました。

実際に利用してみても、速度が安定しており、動画もストレスなく視聴することができました。
最新機種としての実力のあるルーターとなっているので、おすすめできる一台となっています。
どのプロバイダでWX06を入手するか迷っている方は、初期契約解除制度が20日間あり月額料金も安い、GMOとくとくBB WiMAX 2+がおすすめです。

ぜひ最新のルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」で快適なインターネットライフをお過ごしください。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+
ギガ放題プラン
実質月額
3,153円
12か月合計37,830円
キャンペーン2,000円キャッシュバック
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

GMOとくとくBB WiMAX 2+は他社プロバイダと比較にならない最安値を実現!月額料金が安く、2,000円のキャッシュバックを行うのはGMOだけ!さらに最新のWiMAXルーター(WX06)が契約可能!初期契約解除制度も20日間で安心して契約でき、ワイラボ.comイチオシのプロバイダとなっています。

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★
選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★

Broad WiMAX

最安値 Broad WiMAX
ギガ放題プラン
実質月額
3,553円
12か月合計42,647円
キャンペーン初期費用 18,857円無料
申し込み可能
WiMAXルーター
WX06(最新)、W06、
HOME 02(最新)L02

Broad WiMAXも月額料金が安いのでおすすめ!2年以上利用すれば機種変更代無料月額料金が300円割引!発送の早さは他社WiMAXと比較して圧倒的に早い口座振替で契約ができる数少ないプロバイダでクレジットカードを持っていない方にもおすすめです。

月額料金
★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★
 選べる機種
★★★★★
発送の早さ
★★★★★
支払い方法
★★★★★

カシモWiMAX

ギガ放題プラン
実質月額
3,685円
12か月合計44,223円
キャンペーン1~2か月目 月額1,380円
申し込み可能
WiMAXルーター
W06、WX05、
HOME 01、L02

カシモWiMAXは最初の2か月間1,380円と安い月額料金で利用できます。実質月額料金は割高ですが、オプションの加入は不要。最新のモバイルルーター「W06」も利用することができるのでおすすめです。

月額料金
★★★
特典内容
★★★
口コミ評判
★★★★
 選べるルーター
★★★★★
発送の早さ
★★★★
支払い方法
★★★★

-ルーター端末

Copyright© WiMAXの最安値や安いポケットWiFを比較 | ワイラボ.com , 2020 All Rights Reserved.