インターネット激安い!最安値比較・格安月額料金ランキング2022

インターネット 安い 最安 比較

【2022年5月最新!】一番安いインターネットの最安値を更新

GMOとくとくBBWiMAX 2+月額料金割引キャンペーンが5月も継続!
引き続き安いインターネットで、最安値ランキング1位を獲得。

目次

一番安いインターネットを使いたい

「どうせ使うなら最安値インターネットを使いたい!」

現代社会を生き抜くために必要なインターネットですが、少しでも安い月額料金で利用したいですよね!
しかし、どのインターネットが最安値で、安心して使えるのかわからない方も多いと思います。
また、ひとつひとつ最安値のインターネットを探し出して比較していく作業は、かなりの労力で時間も必要です。

そこで今回は、一番安いおすすめのインターネットをサクっと比較できるようランキング形式でご紹介していきます。
引っ越しして新たにインターネットが必要な方、今使っているインターネットよりも安い月額料金をで利用したい方に参考になれば幸いです。

安いインターネットを比較!最安値ランキング

このランキングをご覧になっている方は、インターネットを比較する時間がとれない方が多いと思います。
そこで、簡単に月額料金が比較できるよう冒頭からランキングを発表していきます。
月額料金が安いインターネットをランキング付けしていますが、最安値からと言って品質が良くないということはありません。
どのインターネット業者も信頼でき、大手企業が運営しているインターネットなので安心して比較してみてください。

安いインターネット最安値ランキング

ランキング 回線名 月額料金 2年間
トータル
1位 とくとくBB
WiMAX
3,344円 75,748円
2位 Broad
WiMAX
3,411円 79,809円
3位 カシモ
WiMAX
3,580円 81,520円
4位 ドコモ
4,000円 99,000円
5位 au
ひかり
3,800円 94,200円
6位 Softbank
3,800円 94,200円

※光インターネットはマンションタイプで比較

自分にとって一番安いインターネットがおすすめ!

これから月額料金が安い・最安値のインターネットをご紹介してきますが、最終的にはご自身に一番最適なインターネット回線を選びましょう。
インターネット検討されている方は、以下のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

  • 今すぐ使えて安いインターネットを使いたい
  • スマホとセットで安いインターネットを使いたい
  • 外出先でも使える安いインターネットにしたい

今すぐ使えて安いインターネットを使いたい

安い且つ、今すぐインターネットを使えると嬉しいですね!
引っ越しや転勤ですぐにインターネットが必要な方も多いのではないでしょうか。
しかし固定回線の場合、配線工事に約1か月以上時間がかかってしまうこともあります。
また度々引っ越しされる方は、引っ越しの度に工事をしなければなりません。

そんなときは、コンセントに挿すだけでインターネットに繋がると話題のホームルーターが便利です。
ホームルーターは、月額料金も安い&工事も必要ないので、最短申し込みから翌日でインターネットに接続できます。
再度引っ越しした場合でも、引っ越し先にホームルーターを持ち運んでコンセントに差し込むだけですぐ使えます。

安い&早い ホームルーター インターネット

ホームルーターの大きさはペットボトル1本分程度の大きさなので、場所をとることはありません。
そしてGMOとくとくBB WiMAX 2+のホームルーターを申し込むと高額キャッシュバックを受け取ることができます!
また平日15時30分まで、土日祝14時までのお申込みでホームルーターを即日発送、翌日からコンセントに挿してインターネットに接続できます。
さらにau スマホをお使いの方は、スマホの月額料金も安くなるのでお得です。

▼今なら高額キャッシュバック中!▼

一番安いホームルーターが即日発送

スマホとセットで安いインターネットを使いたい

マンションや一戸建てにお住いの方で、自宅にインターネットを引き込みたいという方もいると思います。
その場合は、今お使いのスマホ(docomo・au・SoftBank)とセットにした方が、断然月額料金が安いです。
「セット割」によってスマホ代金が安くなり、NTTフレッツ光よりも安い月額料金でインターネットを利用することができます。
例えば、docomoのスマートフォンを利用されている方は、インターネットを「ドコモ光」を選択したほうが安いです。

▼docomoの方は「ドコモ光」▼
▼auの方は「au光」▼
▼SoftBankの方は「SoftBank光」▼

外出先でも使える安いインターネットにしたい

外出先でもインターネットを接続したい場合、WiFiを使ってのインターネット接続になります。
WiFiの中でも通信速度が速く、月額料金の安い「WiMAX」が現在の主流となっています。
月額3,000円台と安い料金で利用でき、通信速度は下り最大440Mbpsと高速インターネットを楽しむことができます。

2022年5月現在、一番安いWiMAXは「GMOとくとくBB WiMAX 2+」です。
2年トータルで見ても、他社のWiMAXよりも一番安い月額料金で利用できます。

▼今月の一番安いインターネット▼
2年の月額料金が安いWiMAX!

今月限定キャンペーン

月額料金の安いWiFiの特徴

一番安いインターネットである「WiFi」とは何でしょうか?

WiFiとは簡単にお伝えすると、WiFiの端末を経由してインターネットに接続することです。
「ポケットWiFi」とお伝えすれば、ピンとこられる方もいるかもしれません。

WiFi端末は名刺サイズでスマホくらいの重さなので、外出先でもインターネットに接続することができます。
ポケットWiFi端末はこのような端末です。

WiMAX W06 最新機種

光インターネットとは違い工事も必要なく、端末が届けばインターネットに接続することができるので、申し込みしてから最短で翌日から利用することができます。
ポケットWiFiの端末代金も無料なので、光よりも圧倒的に安い料金で利用できます。
自宅はもちろんのこと、外出先でもインターネットに接続することができるので、学生や忙しいビジネスマンにおすすめのインターネットです。

2022年5月現在、WiFiで最も安いインターネットは「GMOとくとくBB WiMAX 2+」となっています。
月額3,344円で利用できる業界最安値のWiMAXで、大手プロバイダが運営しているので安心して利用することができます。

▼一番安いインターネット▼
2年の月額料金が安いWiMAX!

とくとく限定キャンペーン♪

光インターネットの特徴

では、光インターネットはどうでしょうか。

光インターネットはWiFiほど安くはありませんが、WiFiよりも回線速度が速く、安定しています。
最大1Gの速さを誇っており、WiFiの2~4倍の速度です。

プレイステーション4やNintendo SWITCHなどでオンラインゲームをする場合は、速度を必要としますが、パソコンで検索を行ったり、動画を視聴する程度であれば、光ほどの速度は必要ありません。
WiFiの速度のでも十分インターネット検索やYoutubeなどの動画視聴が可能です。
ただ光を利用すれば、自宅で固定電話やテレビ視聴することができるので、必要な方は光インターネットを選択すべきです。

光を選ぶ際、今お使いのスマホと同じキャリアの光インターネットを選びましょう。
docomo・au・SoftBankそれぞれ「セット割」を用意しており、スマホと光のセットで契約することでスマホの月額料金が安くなります。
光インターネット自体も、フレッツ光よりも安い月額料金で利用できるのでお得です。

▼docomoの方は「ドコモ光」▼
▼auの方は「au光」▼
▼SoftBankの方は「SoftBank光」▼

WiFiと光インターネットの比較

WiFiインターネットと光インターネットを簡単に比較しましたので、ご参考ください。

 比較ポイント WiFi
料金
速度
安定性
手軽さ
開通の早さ
付帯サービス なし 電話・テレビ

最安値でインターネットを使うならWiFiが安い

インターネット最安値ランキングを見てもわかるように、とことんインターネットを安く使いたいならWiFiが一番おすすめです。

WiFiは月額2,800円~3,300円ですが、光の場合4,000円前後となっています。
一戸建てで光インターネットを開設する場合は、月額6,000円になることもあるので、月額料金を安くするならWiFiでのインターネット接続がおすすめです。

速度と安定性は光インターネット

光インターネットは光ファイバーケーブルを自宅に引き込んでインターネットに接続するので、下り最大1Gというかなり速い速度がでます。

WiFiの場合、基地局が発信する電波をWiFi端末でキャッチしてインターネットに接続します。
そのため、光よりは速度が安定しません。
しかしインターネット閲覧や動画程度であれば、申し分のないスピードを出すことができます。

手軽さや開通の早さで選ぶならWiFiがベスト

WiFiは、外出先でも端末を持ち運ぶだけでインターネットに接続することができます。
また光インターネットのように工事の必要がないので、端末が届けばすぐインターネットに接続することができます。

光インターネットの場合は、工事に一か月程度かかる場合がありますが、WiFiの場合は最短翌日から使うことができます。
「手軽にインターネットに接続したい!」「すぐにインターネットを使いたい」という場合はWiFiを利用するのがベストです。

固定電話やテレビの視聴は光インターネット

光であればインターネットに加え、固定電話やテレビの視聴も可能です。
WiFiの場合は、インターネットに接続する機能しかないので、一戸建てで電話やテレビが必要という方は光インターネットを選択しましょう。

最安値WiFiインターネットランキング

ここまで、WiFiと光インターネットの比較を行ってきましたが、ここからはWiFiと光それぞれのランキングを見ていきます。
まずはポケットWiFiを提供している会社のランキングです。
月額料金が安く、信頼できるインターネット会社を絞りましたので、ご参考ください。

最安値1位 GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB 安い 最安値
月額料金ギガ放題プラン
1~2か月目:2,590円
3~24か月目:3,344円
25か月以降目:4,263円
キャンペーン月額料金大幅割引
使えるデータ容量使い放題
3日間で10GB超過の場合、翌日18~26時は1Mbps程度の制限
提供端末モバイルルーター
W06(最新)、WX05
ホームルーター
L02(最新)、WiMAX HOME 01
端末代金0円
契約事務手数料3,000円
支払い方法クレジットカード
au
スマートバリュー
mine
〇適用可
auスマホの月額料金から最大1,000円割引
LTEオプション(1,005円/月)が無料
プロバイダGMOインターネット株式会社

月額料金が一番安いインターネット

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、2年間トータルでみて一番月額料金が一番安いインターネットです。
月額3,344円で利用でき、他社よりも月額料金が安いので安心して利用できます。
GMOとくとくBBは他にも、高額キャッシュバックキャンペーンも行っていますが、月額料金が高くなってしまいます。
手続きを忘れてしまったり、所定の手続きが行えなかった場合キャッシュバックされませんので、月額料金が安いプランを選択しましょう。
「月額料金割引」キャンペーンであれば、GMOとくとくBBのプランの中でも最も安く利用することができます。

またauスマホを契約されている方は、GMOとくとくBBを契約することでスマホの料金が割引されます。

auスマートバリューmine

auスマホを契約されている方は、GMOとくとくBBを契約した後に「au スマートバリュー mine」に申し込むことができます。
申し込みをすることで、auスマホの月額料金が最大1,000円割引されます。
auスマホユーザーは、GMOとくとくBBを契約されたほうが一番安くインターネットを利用することができます。

下り最大440Mbpsの圧倒的速さ

提供エリアや安定性は、「NEXT mobile」(ネクストモバイル)が若干優れていますが、速度については下り最大440Mbpsを誇ります。
環境によっては、光インターネットに負けない速度を出すことも可能で、オンラインゲームや動画視聴も快適です。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は毎月のデータ量に制限がなく使い放題で使えるのが特徴です。
3日で10GB以上インターネットに接続した場合は、翌日の18時から26時まで1Mbpsまで速度が落ちますが、検索や動画視聴は可能です。

工事不要ですぐにインターネット

光回線などの固定回線インターネットは、工事まで1か月待たなければならない場合があります。
しかしGMOとくとくBB WiMAX 2+やBroad WiMAXは、モバイル端末を経由してインターネットに接続するので工事が必要ありません。
iPhoneの大きさ程度のモバイル端末が届けば、簡単な設定を行うだけですぐ接続できます。

さらにモバイル端末は、申し込み後当日か翌日には発送されるので、最短で申し込み後翌日からインターネットに接続することが可能です。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は、平日15時30分まで、土日祝14時までの申し込みで即日発送(その日に発送)されます。
すぐにインターネットに接続したい方は、月額料金も安いGMOとくとくBB WiMAX 2+がおすすめです。

▼一番安いインターネット▼
2年の月額料金が安いWiMAX!

とくとく限定キャンペーン♪

最安値2位 Broad WiMAX

BroadWiMAXトップバナー
月額料金ギガ放題プラン
1~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月以降目:4,011円
キャンペーン初期費用18,857円無料
使えるデータ容量使い放題
3日間で10GB超過の場合、翌日18~26時は1Mbps程度の制限
提供端末モバイルルーター
W06(最新)、WX05
ホームルーター
L02(最新)、WiMAX HOME 01
端末代金0円
契約事務手数料3,000円
支払い方法クレジットカード
口座振替(キャンペーン適用外)
au
スマートバリュー
mine
適用可
auスマホの月額料金から最大1,000円割引
LTEオプション(1,005円/月)が無料
プロバイダ株式会社リンクライフ

業界最安値級の月額料金

GMOとくとくBB WiMAX 2+の次に安く使えるインターネットが「Broad WiMAX」です。
Broad WiMAXも自宅でも外出先でもインターネットが利用できる、モバイルタイプのインターネットです。
iPhone程度の大きさの端末を持ち運ぶだけでインターネットに接続できます。

Broad WiMAXは長年インターネット事業を展開し、繁忙期には膨大な数の新規ユーザーを獲得しています。
人気の秘密はやはり安い月額料金です。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と同程度の月額料金で利用でき、業界最安値級の料金で利用できます。
またBroad WiMAXもauスマートバリューmineに対応しているのでauユーザーは最大1,000円安く利用することができます。

しかし、初期費用18,857円割引キャンペーンを受けるためには指定のオプションに加入しなければなりません。
2か月は無料ですが、解約し忘れると別途オプション代が毎月発生するので注意が必要です。

もちろん即日発送対応

もちろんBroad WiMAXも即日発送に対応しています。
Broad WiMAXの場合、平日であれば夕方4時まで、土曜日であれば12時までの申し込みで即日発送となります。

また、Broad WiMAXのみ店頭で受け取れるサービスを実施しています。
東京・大阪・埼玉のみなので、利用できる方は限定されますが、どうしても当日に端末が欲しい方は利用すると便利です。

▼Broad WiMAXの詳細はコチラ▼
WiMAX使い放題2,726円!即日発送可能
最安値 Broad WiMAX

最安値3位 カシモ WiMAX

カシモWiMAX
月額料金ギガ放題プラン
1~2か月目:1,380円
3~24か月目:3,580円
25か月以降目:4,079円
※申込月は無料
2年総額:81,520円
キャンペーン月額料金大幅割引
使えるデータ容量使い放題
(3日間で10GBを超過すると翌日18~26時まで1Mbps程度に制限)
提供端末モバイルルーター
WX05、W05
ホームルーター
WiMAX HOME 01、L01s
端末代金0円
契約事務手数料3,000円
支払い方法クレジットカード
au
スマートバリュー
mine
〇適用可
auスマホの月額料金から最大1,000円割引
LTEオプション(1,005円/月)が無料
プロバイダMEモバイル
マザーズ上場企業(株)マーケットエンタープライズの子会社

良心的で安心して使えるWiFi

カシモはWiFiインターネットの中でも安心して利用できます。
その理由としては、

  • 業界最安値の月額料金
  • オプション加入が任意
  • 2年契約可能

GMOとくとくBB WiMAX 2+と同程度の月額料金で利用できるので、他のWiFiインターネットよりも安く利用できます。
また、カシモは不要なオプションに加入しなくても申し込みできます。
WiFiのオプションは基本的に端末を保障してくれるものですが、中にはセキュリティのオプション等、特に必要のないオプションに加入しなければならない場合があります。
カシモはオプションの加入は「任意」となっているので、加入しなければ月額料金が安くなります。
そして他社のWiFiインターネットの場合、3年契約が基本となっています。
契約期間が長くなればなるほど支払う金額が多くなってしまうのですが、カシモは2年契約なので3年契約よりも支払う金額は安くなります。

業界最安値で安心してインターネットを利用したい場合、カシモがおすすめです。

一番安い光インターネットランキング

続いて光インターネットのランキングです。

光インターネットというとNTTの「フレッツ光」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
しかし、光インターネットはNTTのフレッツ光だけでなく、ドコモやSoftBank、auなどの3大キャリアや楽天からでも申し込みすることが可能です。
これらはフレッツ光よりも1,000円以上月額料金を安く契約することができるので、フレッツ光ではなく最安値のインターネットを契約しましょう。

フレッツ光と比較した料金一覧がこちらです。
横にスライドして比較できます。

フレッツ光 ドコモ光 auひかり SoftBank光 楽天ひかり
基本料金 5,700円 5,200円 5,100円 5,200円 4,800円
プロバイダ料 1,000円 0円 0円 0円 0円
光電話 500円 500円 500円 500円 500円
月額料金
合計
7,200円 5,700円 5,600円 5,700円 5,300円
フレッツ光
との差額
0円 ⊿1,500円 ⊿1,600円 ⊿1,500円 ⊿1,900円

またドコモやSoftBank、auや楽天で光インターネットを申し込みした場合、キャッシュバックなどキャンペーンが充実しています。
さらに、お持ちのスマートフォンと同じキャリアの光インターネットを選ぶと、「セット割」が適用となり、スマホの月額料金も割引されます。

よって、今使っているスマホと同じキャリアを選んだほうが断然お得です。
ここからは、ランキング形式で月額料金の安い光インターネットを比較していくのではなく、各キャリアに対応した光をご紹介していきます。
ご自身が今使っているスマホのキャリアをチェックしてみてください。

docomoスマホをお使いの方は「ドコモ光」が安い

ドコモ光 GMO インターネット
月額料金マンションタイプ
月額4,000円
一戸建てタイプ
月額5,200円
キャンペーン現金最大15,000円キャッシュバック
さらに工事費無料!
契約事務手数料3,000円
 工事費 18,000円
キャンペーンで無料!
支払い方法クレジットカード
口座振替
その他セット割でスマホ代
最大3,500円割引

「セット割」でスマホ代が安くなる

docomoユーザーの方は、ドコモ光を契約すればスマホ代が安くなります。
割引額は加入しているデータプランによって異なり、最大3,500円の割引となります。

どのくらいインターネットが安くなるのか割引額をまとめた表がこちらです。

パケットプランドコモ光セット割
戸建てマンション
ウルトラシェアパック100-3,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ウルトラデータLLパック-1,600円
ウルトラデータLパック-1,400円

お一人でdocomoをウルトラデータLパック(20GBプラン)で利用されている方は、毎月1,400円の割引となります。
フレッツ光している方は、この割引が適用されないので、「ドコモ光」に乗り換えたほうが断然お得です。

プロバイダはGMOとくとくBBが一番安い

ドコモ光に対応しているプロバイダは何社かありますが、一番安いプロバイダは「GMOとくとくBB」です。
プロバイダには「タイプA」と「タイプB」があり、タイプAの方が月額200円安くなっています。
GMOとくとくBBはタイプAであり、キャンペーンが充実しているため一番お得です。
新規工事費が無料、さらに最大15,000円のキャッシュバックもあります。
その他にも併用できるキャンペーンが4つもあり、最安値で使えるプロバイダとなっています。

▼GMOドコモ光公式サイト▼
ドコモ光でスマホ代を安くしよう


auスマホをお使いの方は「au ひかり」が安い

auひかり キャンペーン キャッシュバック
月額料金マンションタイプ
月額3,800円
一戸建てタイプ
月額5,100円
キャンペーン現金50,000円キャッシュバック
さらに工事費無料!
契約事務手数料3,000円
 工事費 30,000円
キャンペーンで無料!
支払い方法クレジットカード
口座振替
その他auスマートバリュー適用で
auスマホの料金が毎月1,000円割引

auスマートバリューが適用

auスマートバリュー

SoftBank光と同じように、au ひかりを契約すればauスマホの月額料金も安くなります。
内容はSoftBank光と似ていますが、ひとつだけ注意点があります。
それは、「光電話」(月額500円)も加入しなければ適用されないということです。
例えば、データ定額プラン30GBを利用される場合は、24か月間2,000円割引となりますが、光電話の加入が必要です。
加入しているプランによって割引額が異なるので、以下の表を参考にしてみてください。

指定のデータプラン 最大2年間 3年目以降
ピタットプラン(1GB超~2GBまで) 500円/月割引 500円/月割引
ピタットプラン(2GB超~20GBまで) 1,000円/月割引 1,000円/月割引
auフラットプラン(20GB or 30GB) 1,000円/月割引 1,000円/月割引
データ定額プラン(30GB) 2,000円/月割引 934円/月割引
データ定額プラン(5GB or 20GB) 1,410円/月割引 934円/月割引

またSoftBank光の場合、適用されるスマホの台数は10台でしたが、au ひかりの場合は最大9台までとなっています。
世帯が別であっても家族であれば割引が適用されるので、こちらはSofBbank光と同様です。
auスマホをお持ちの方は「au ひかり」にされたほうがスマホの割引も適用となるので、トータルで安くなります。
インターネットはau ひかりで楽しみましょう。

SoftBankスマホをお使いの方は「ソフトバンク光」が安い

SoftBank光 キャンペーン キャッシュバック インターネット
月額料金マンションタイプ
月額3,800円
戸建てタイプ
月額5,200円
キャンペーン現金28,000円キャッシュバック
さらに工事費無料!
契約事務手数料3,000円
 工事費 24,000円
キャンペーンで無料!
支払い方法クレジットカード
口座振替
その他SoftBankおうち割適用で
毎月スマホ代が1,000円割引

おうち割 光セットでスマホ料金が割引

SoftBank(ソフトバンク)スマホユーザーの方は、自宅のインターネットもソフトバンク光にすることで、スマホの月額料金が安くなります。
ギガモンスターなどのデータ定額プランを契約していれば、1台につき1,000円割引となります。(ガラケーなどの3Gケータイは500円)
これは、契約している限り永年続き、最大10台まで適用させることができます。(別居している家族も含めることができます)

例えばマンションで息子と孫世帯が暮らし、実家で親世帯が暮らしている場合どれくらい割引になるでしょうか。
合計で毎月4,000円もスマホ代が安くなります。

SoftBank光 おうち割

高額キャッシュバック

SoftBank(ソフトバンク)光を申し込みして開通することで、30,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができます。
インターネットを申し込みして開通すれば、キャッシュバックがもらえるプロバイダは数多くあるのですが、どれも面倒な手続きが必要であったりもらえるのに1年以上かかるところもあります。
しかし、以下のバナーで申し込みすれば面倒な続きも必要なく、最短で2か月後に指定の口座へ振り込んでくれます。
SoftBank(ソフトバンク)スマホユーザーの方は、ソフトバンク光が最安値のインターネットです。

▼SoftBank光公式サイト▼
SoftBank光キャンペーン

月額料金の安いインターネットがおすすめ

ここまでWiFiと光、2種類のインターネットご紹介してきましたがどちらを選択すべきでしょうか。
基本的に「月額料金が安い」インターネットを選択して問題ありません。
一昔前であれば、月額料金が安いと回線速度が遅かったり、繋がりにくい場合がありましたが、今では低コストで高速のインターネットが楽しめます。

どうしても速度は光並みに速くなければならない、電話やテレビは絶対必要という強いこだわりがなければランニングコストの安いインターネットを選択しましょう。
学生や新社会人の方は特に、毎月節約しなればならない方も多いと思います。

生活にゆとりを持たせるためにできるだけ最安値のインターネットを選びましょう。
やはり、光インターネットはコストがかかってしまうので、WiFiでのインターネットがおすすめです。

インターネットで簡単申し込み

ここからは、インターネットを簡単にお申込みする方法をお伝えしていきます。
月額料金が一番安いWiFiインターネット、「GMOとくとくBB WiMAX 2+」について申し込み手順をご説明していきます。
スマホやパソコンなどインターネット上で申し込みすることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

エリアの確認

WiFiインターネットのWiMAXを申し込みする前に必ずと言っていいほどすべき事があります。
それは”エリア確認”です。
WiMAXを利用したいと思っても実際に使うエリアが提供エリア外であれば申し込みする意味がありません。
ただWiMAXは年々提供エリアを拡大しており、人口カバー率95%を達成しています。
よって都市部はもちろん、地方でも利用することができますが、一応インターネットが使えるか確認はしておきましょう。
地方でも余程の山陰近くでなければ利用することができます。

WiMAX エリアマップ

ご自身が住んでいるエリアが提供エリアかどうかは、GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトからから確認することができます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+公式サイト

提供エリアだとわかったら、GMOとくとくBB WiMAX 2+公式サイトの申し込みボタンを押してください。

GMOとくとくBB 申し込みボタン

スマートフォンで申し込みされる方はこちらです。

GMOとくとくBB 申し込みボタン スマホ

GMOとくとくBB WiMAX 2+申し込みフォーム

GMOとくとくBB WiMAX 2+のトップページから「お申込みはこちらから」ボタンを押すと、お申込みフォームに移動します。

利用サービスの選択

ルーターの選択が終わったら、サービスの提供条件の概要・注意事項にチェックを入れて利用サービスの選択へ進みましょう。月間データ量の制限がない、ギガ放題を選択します。
実際に利用してみて、もしあまり使わないということであれば契約後でもプラン変更が可能です。

GMOとくとくBB プラン選択

WiMAXモバイルルーター・クレードルの選択

利用サービスを選択したら、希望のWiMAXモバイルルーターを選択します。
現在、おすすめのWiMAXモバイルルーターは「W06」となっています。下り最大1,237Mbpsとなっており、特別こだわりがなければこのルーターで問題ありません。
カラーも同時に選択できるので、希望のカラーを選択しましょう。

W06は「ホワイト」と「ブラック×ブルー」から選択できます。

そしてクレードルを購入希望の方は、ここで選択します。

[st-mybox title=”クレードルとは?” fontawesome=”fa-question-circle” color=”#03A9F4″ bordercolor=”#B3E5FC” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

クレードルとは、「WiMAXとPCを有線で接続できる」付属アイテムです。クレードルの上にWiMAX本体を置くだけで、充電することができ、電波を強くしてくれる役割もあります。
自宅内など屋内でインターネットに接続する場合はものすごく便利です。

必ず必要なものではないので、迷われている場合は後から購入しても問題ありません。

[/st-mybox]

ただおすすめのW06はクレードルがないので選択することができません。

W06の場合、直接端末に有線接続することができる仕様になっているので、有線接続希望の方も心配ありません。

そして自宅で固定回線の代わりとして使うのであれば、コンセントに挿すだけで利用できるホームルーターを選択します。

最新のホームルーターは「L02」で、こちらも下り最大1Gbpsとハイスペックルーターです。

オプションの選択

GMOとくとくBB WiMAX 2+のオプションは、「安心サポート」と「WiFi(公衆無線LAN)接続オプション」があります。
安心サポートはWiMAXルーターが故障したときに、保証対象範囲内であれば無償で修理してくるというサービスです。
スマホを一度も壊したことがなく、WiMAXルーターも壊さない自信があるという方は無料期間内に外しましょう。
月額料金も余計な費用がかからず、安い料金で利用できます。

WiFi(公衆無線LAN)接続オプションは、街中にWiFiスポットがある場合接続できるオプションです。
WiMAXを持ち運びすれば、WiFiスポットに頼ることなくインターネットに接続できるので、こちらも無料期間内に解約しておくと良いです。

申し込み内容を確認してお客様情報を入力

項目を全て選択したら、申し込み内容を確認しお客様情報を入力していきます。
入力前にご希望のサービスの欄で、間違いがないかしっかり確認しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ 申し込み内容

あとは、画面の指示通りに名前や配送先住所、クレジット情報を入力すれば申し込み完了です。

申し込みまでの所要時間は約5分と手間がかかりませんでした。
忙しいビジネスマンでも、インターネットで簡単に申し込みすることができます。
こちらを参考にGMOとくとくBB WiMAX 2+の申し込みを行ってください。

最安値インターネットまとめ

いかがでしょうか。
一番安い最安値のインターネットをご紹介してきました。

インターネットを接続する方法としては、WiFiと光があり、それぞれ長所と短所があります。

インターネットを手軽に外出先でも利用したい、月額料金を少しでも安くしたいという方はWiFiでのインターネットをおすすめします。
固定回線で速度の速いインターネットを使いたい、電話やテレビも利用したいという方は光でのインターネットをおすすめします。
光を選択する際は、お使いのスマホと同じ光インターネットにすることでスマホの月額料金も安くなります。

ご自身に合ったお得なインターネットを選択し、充実したインターネット生活が送れることを祈っています。

目次
閉じる